10/6配信イベントクエスト「爆炎豪水」!

Posted on by .

本日10/6(木)に新しく配信されたイベントクエストは「爆炎豪水」

MR1から受注できるクエストで、メインターゲットは剛纏獣ガランゴルム1頭の狩猟である。場所は闘技場。さっそく適当な笛を、と思い、先日の大型アップデート第2弾で追加されたエスピナス亜種の狩猟笛で入場する。特に変わったことはないなと思ったが、視界に違和感がある。

あれ?

氷牙竜ベリオロスがいる。あれ、クエスト票にはそんなことは書いていなかったはず…。

どうやら、ターゲットではないがフィールドでいる随伴モンスターのようなものらしい。が、逃げ場のない闘技場においてはかなり邪魔である。おまけに最近私はデレステの推しイベント優先であまりモンハンが出来ていない…。

のではちゃめちゃにぼこられる。ギリギリ死なずには済んだが、体力が1cmを切ったのが5回くらいあった。こんなにガランゴルム強かったっけ? 叩きつけの範囲外に逃げられなかったり、フック喰らいまくったりで大変だった。ハンター諸氏は私ほど苦戦はしてまいが…。

捕獲できそうになったので即罠を設置。幸い、ベリオロスはその時に操竜待機状態になってくれていたので助かった。これで罠を横取りされていたらさらにぐだぐだである。まあよくあることなのだけれど。

随伴モンスターはもう一度行ったら別のモンスターだった。ランダムの様子。

報酬はというと、素材としては特殊なものはない。

新しいジェスチャー「称賛に応える」「得意げにする」を習得した。「得意げにする」は結構好きなのでショートカットに登録しておこうか。ひとりドヤァできるだけだが。

9/22配信イベントクエスト「極上な真珠を求めて」!(金策クエスト)

Posted on by .

本日9/22(木)に新しく配信されたイベントクエストは「極上な真珠を求めて」。M★1のクエストである。

真珠と言えばザザミが落とす黒真珠な印象があるが、そういえばMH3では採取で真珠(精算アイテムだったかもしれない)みたいなのがあったような気がしないでもない。遠い記憶だ。MH3GをSteamあたりに移植をお願いしたい。

さて、ターゲットは画像の通り盾蟹ダイミョウザザミで、個体としては通常個体である。M★1、マスターランクにあがって最初に戦う相手であるザザミなので挑みやすい。強化個体というわけでもないようだ。

闘技場なのでエリア移動などもなく、さくっと狩れるのがいい。報酬はというと、このクエストの特徴がはっきりしている。

たまごてんこ盛りである。

金のたまごはおそらく確定報酬で、そのあとに銀のたまごがずらっと並ぶ。ランダムでプラチナのたまご(売ると10万Z)がはいると嬉しいが。いや銀でもこれだけあるとさくさくお金が貯まる。強化や装備作成でお金は結構飛んでいくので、金策救済クエである。1回いけば10万くらいは稼げるわけだ。

これがM★1にあがってすぐに受注できるのだから、発売日からプレイしていない方にとっても助かるのではないか。1週間後には大型アップデートも控えている。防具を強化して備えておきたい。

9/15配信イベントクエスト「凶双襲来:金と銀の輪舞」!

Posted on by .

本日9/15に新しく配信されたイベントクエストは、タイトルに見覚えがある「凶双襲来」を冠した「凶双襲来:金と銀の輪舞」。前回が激昂ラージャン2頭というクエストだったが、今回は月下の夜会のごとく金火竜リオレイア希少種と銀火竜リオレウス希少種(覚え間違いでなければ)。MR10から受注できる。

場所は塔の秘境なのも、過去作と同じ条件である。作品によって塔のレイアウトが変わるのは仕方ないが、今作は悪くない(やりやすいほう)だと私は感じる。

強化個体というわけではなさそうだが、狩猟すると最大金冠がついた気がする。ラージャンのときと同じようなサイズの振れ方なのかもしれない(あるいは固定か)。ソロで行こうかなと思ったらタイミングが合ったのでクロード氏とペアにて。死にそうになっていたら粉塵をまいてもらえて命をつないだ。ありがたや。

バタバタとしていたが、タイムは10分ちょっと。二人とも無属性武器だったが、属性武器だったらどうだろうか。それか今度はガンランスで行ってみるか。

素材報酬として特別なものはないようだ。ただ、特濃マカ油はありがたい。そういえば先日メルゼナのアミーボを入手したので油も入手しやすくなった。報酬、そういえば称号がもらえていた。

あと、偶然だが今回の狩猟でHRが500に。おー。ここまでやるとは思っていなかった。999まで行くだろうか? 今夜TGS関連で9月末の大型アップデートの情報が出るようだし、まだまだ楽しめそうではある。誰か遊ぶ人がいればだが。

9/8配信イベントクエスト「白き歌姫に侍る巨躯」!

Posted on by .

本日配信となったイベントクエストは「白き歌姫に侍る巨躯」。M★3のクエストで、MR1から受注できる。ターゲットはイソネミクニ亜種ガランゴルムで、場所は城塞高地。サンブレイク突入直後から城塞高地の採取もできるクエストとなっている(多分)。

イソネミクニ亜種は見た目通り火属性が弱点、ガランゴルムに関してはあまりよくわかっていないが、溶岩を纏った腕は水が弱点とかそんな感じだろうか。とりあえず腕が柔らかいのはわかる。いまだにガランゴルムの跳び上がりからの腕叩きつけ(両腕に付着物があるとき)で被弾しがちなのだ。避け方が甘いのだろう。

イソネミクニ亜種は傀異討究クエストで傀異素材を集めるときにたまに行くのだが、今一つ大ダメージを与えられなくて長引くことが多い。このクエストは傀異化モンスターではないのが救いである。初めて出会ったときはさほど厄介には感じなかったのだが、だんだん苦手意識が付いてきたモンスターの一種だ。

仕事から帰ってきてソロにてクリア。報酬は新しいポーズセット「愉快なポーズ」。

こんなだ。

ポーズセットだが2種のみのよう。

9月に入り、無料大型アップデート第2弾が近づいてきた。防具の強化上限があがって助かる反面、追加されるエスピナス亜種ほかの攻撃力はきっと今までの比ではあるまい。減り具合は似たようなものになるか…ゼニーが足りない。エスピナス亜種以外は何が入るだろう。希少種という文言はあるが、シルエットを見るとタマミツネにしか見えず。しかしシルエット系は今までの経験からすると外れがちなので、思ってもみないのが来るかもしれないなと期待している。個人的にはティガレックス希少種に来て欲しいなというところ。

モンハンは関係ないが、ハンターであるフォロワーさんの多くが明日発売(きっと今夜から)のスプラトゥーン3を待機している様子。しばらくはスプラフィーバーが続きそうだ。私は今のところ購入予定はないが、一緒に遊べる人が居れば…という感じ。2はソロでやったあと、野良で遊んだもののついていけず終わってしまった。MHWIBと同じような道をたどったものだった。

9/1配信イベントクエスト「電光一閃」!(重ね着装備:リアンシリーズ)

Posted on by .

本日9/1に新しく配信されたイベントクエストはM★4「電光一閃」電竜ライゼクス1頭の狩猟クエストである。場所は闘技場と、すぐに戦える環境なのは手っ取り早い。個体としての特殊性は特に感じられず、通常個体と思われる。ライゼクスは全体的に肉質が硬く、属性もあまり通りがいいようには思われないが、何で行くのが楽しいだろうか。荷電部位はもちろん柔らかくなるので、そこを狙って大ダメージを狙う、となれば大剣が無難か。

 

超会心やら弱点特効といったお守りがないので装備一式の性能は微妙かもしれないが、最近大剣装備も組みなおして遊んでいる。ちょくちょく遊んでいただいているれんさんやゆりさんが大剣使いなので、大剣トリオで狩ってみたりとか。

ただ、まだ立ち回りとして真溜め外しまくるし、鉄蟲糸技の威糸可成?が咄嗟に出ないので練習したいところ…いや練習はしているのだけど受け流し後に溜めに移行できないのだ…何か操作を間違っているのだろう。

 

とまあグダっても一撃が大きいので私でも10分以内に倒せた。このあと狩猟笛で行ったが、そちらも似たような感じ。

 

クリアすると「重ね着リアン」の生産が可能になった。このリアンシリーズはアスールと同じくMHFからの輸入。MHFオリジナルの装備も多いので、この調子で色々作れるようになったら楽しいなと思う。作成にはクエスト追加報酬にある「軽装の異国製図」が必要となる。

 

各部位1個ずつで、合計5個あればよい。他に電竜のMR素材が必要になるが、本クエストでついでに集まるだろう。足パーツはセイラーフットを思わせるな…。

 

デフォルトカラーで全身装備するとこんな感じ。さわやかな色遣いで可愛らしいので組み合わせでも使ってみたい。組み合わせ考えるのが私にとっては高難度クエ。

7/19サンブレイク狩猟日記 ラスボス戦「勇気の証明」

Posted on by .

出ていたクエストは「キュリア集結」。不気味なクエストだった。BGMがない。ヒドダマドリは浮いていない。(草には隠れている) 生き物が死んでる…。ターゲットはルナガロンで途中から赤く変化し、キュリアの影響を受けているらしかった。討伐後も不気味な空気のまま帰還。

そしていよいよラスボスが登場する。(念のため書いておくがネタバレがある。もう2ヵ月も経ってわざわざここを見に来ている人に配慮の必要はなさそうだが)

クエスト「勇気の証明」。メインターゲットはガイアデルムの討伐である。場所は特殊フィールドの淵劫の奈落。

骨格としてはアカムトルム系だろうと思うがサイズはそれより大きいかもしれない。口が花みたいに開いている。食事は吸引するようなイメージなので、それに適した形に発達したのかもしれない。

攻撃していると体表にある赤い結晶(キュリアのエネルギーの結晶なのだろう)が剥がれ落ちる。拾えるわけではなく、なんだろうと思っていたが。

途中で吸引攻撃が始まった。岩陰が発生するのはMHWやMHWIBで見た、アレだ。とりあえず隠れて様子を見る。すると地面に落ちていた赤い結晶を吸い込んで、それが爆発してダメージを与えていく。

途中ムービーをはさんで別エリアに移動。さらにまがまがしい姿になっていく。

どんどんボスの攻撃は苛烈になっていく。序盤からだが尻尾が地味に避けづらくて吹っ飛ばされる。攻撃属性は大体ボスは龍属性が多いので、念のため龍耐性を上げて行ったが火の方がよかったか…?

なんというか最近の作品だからか親切で、初見のボスであっても大技シーンの前にNPCであるフィオレーネが忠告してくれたりするので、何が起こったかわからず死んだ、ということは少ない気がする。ガイアデルムの壁からのアタックにしてもちゃんとNPCの指示に従えば死なずに継続戦闘可能であった。

ともかく斬れ味回復旋律を吹きつつ、攻撃を加えていく。

そして25分を過ぎたところで、クリア。手汗はすごかったが、誰か(フィオレーネ)が一緒に戦ってくれるというのは嬉しい。フィオレーネさん好きなので、アツイ台詞も大歓迎である。独り盛り上がる。英雄の証~~~!

ほとんど死に絶えたものの、一部のキュリアはまた新たな宿主を求めて飛び去っていき、エンディング。エンディング曲好き。

まだ狩猟方法がよくわかっていない相手だが、ラスボス武器を作りたいのでまだまだ行かねば…(8月末現在まだ玉がほとんど出てない) でもまあとりあえずサンブレイク、一区切りといった感。

MR上限は開放され、まずは10を目指す。そこでまた何かクエストが出るらしい。メルゼナ、ラージャン、シャガルをやっていたらMR10に到達した。

ここで傀異化モンスターの話が出てくる。要するにキュリアの影響を受けて狂暴化したモンスターのことらしい。捕獲不可。一部の攻撃に劫血やられが存在するなど。

それで出てきたのはアオアシラ。やはりこいつかー。過去作でもなんというか、こういう流れがあったような気がするのだった。ヌシ・アオアシラか。攻撃がやたら痛いのも同じである。死にそうになりながら討伐。まずは狩猟笛じゃないと勝てそうになかった。傀異素材や傀異調査チケットやらが手に入る。MR10からいきなり13にあがる。序盤はどんどんあがるのだなあ。

気分的に一段落したせいか、急に上位攻略途中で放置していた大将でプレイしたくなってきた。なにせエルガドの西洋の雰囲気や装備は大将の方がもともとのネタに近く、早く着せてみたいという気持ちがあったのだ。キークエストを野良で進め、ディアブロス、ティガレックス、ラージャンを狩猟。で、クエスト「雷神」が出現した。武器はカムラ武器を強化していった。このクエストならまだ何度か行った記憶もあるので問題なくクリア。これでサンブレイクの内容に突入できる。…装備はあまりにも貧弱だが。ザザミを狩猟してHR9にアップ、エルガドへ向かい、MR1に。

ゆりさんもライズはほぼプレイしていない状態からサンブレイクで復帰ということで、ご一緒することに。行くクエストはさきほどの「雷神」。ゆりさんは大剣使いである。無事ゆりさんもHR8にアップして、ザザミへ行って本日は終了。MHWIBで私が早々にリタイアしたところを考えると、MHW以来か? 多分4年ぶりくらいに遊んだのだと思う。結構古くからのハンター仲間なので、また今後も遊べるといいなと思う。

7/14-18サンブレイク狩猟日記 船乗りのビンガルを初めて知る

Posted on by .

7/14狩猟日記

仕事から帰宅後、盟勇クエストのゴアマガラ・ジンオウガ戦(フゲンのやつ)。ジンオウガのテンポの速いお手にまだ慣れておらず、1死する。クリアするとフィオレーネから納品依頼とフゲンより太刀作成法を教えてもらう。その後ヤツカダキ亜種、「美しくも激しい移動術?の巻」という食材クエストへ。ついでに登場するライゼクスを捕獲してサイドクエストをクリアし、サージュ装備が作成可能になった。サージュはMHXで登場したんだっけか? 続けて盟勇クエストでアルロー教官とエスピナスへ。捕獲したら天鱗2枚、ありがたい。そしてこれでアルロー教官を連れて調査クエストへ行けるようになったのだった。嬉しい。

 

7/15狩猟日記

ミノトの盟勇クエでティガレックスへ。ティガレックスが操竜待機状態になったときにミノトが猟具生物を使ったため解除され、あー!となっていた。ともあれクリアして調査クエストに連れていけるように。続けてヒノエからの盟勇クエストでヒノエ・ミノトと三人でザザミ・ギザミクエへ。全員笛。

他、盟勇クエストのゴアマガラを、天鱗狙いでクリア。部位破壊で天鱗が出て、クリア報酬で王国重層騎士シリーズが作成可能になる。これでアルローの装備が着られるということか。ガンランスやチャージアックス向けっぽい。HR328。

 

7/16狩猟日記

夜、ウツシの盟勇クエスト「相まみえるは氷狼」、21分で1死クリア。王国騎士シリーズの狩猟笛が作成可能になった。またルナガロンがいるクエストで「極寒からは逃れられないの巻」をクリアして、今度こそ天鱗ぽいのを2個入手。ありがたい。

寝る前にやもきうさんとジンオウガを1戦。天玉ゲット。

 

7/17狩猟日記

夕方ティガレックスへ。天鱗が欲しいが出ず。夕飯後、やもきうさんの緊急メル・ゼナへ参加した。やもきうさんは初にして双剣でズバズバ飛び回っているのですごい。紅血玉1個もらえた。クリアしてMR5にあがり、そのまま狩りを続ける。

バゼルギウス、セルレギオスと進めていき、緊急クエストのシャガルマガラへ。シャガルは前半はまあこんな動きだったよなぁとやっていられるのだが、体力が残り少なくなってくると途端に攻撃ラッシュが激しくなりすぎて手汗がやばい。なにこれえ。

 

7/18狩猟日記

夜、やもきうさんと23時ごろから。古龍戦を続けており、オオナズチへ。オオナズチもライズで途中で追加されたモンスターであったと思うが、猛毒が無効化できずきつい。あと結構こちらの回避入力が間に合わず(動作途中だったりして)、被弾が多かった。クリアしてHR335。あとラージャン、ディアブロスなどへ。ディアブロス戦では途中から寝落ちしかけていた。

 

先日ゼニー不足の話で、私は運搬サブクエストで金のたまご(20,000z)やプラチナのたまご(100,000z)を入手して売るのが便利だなーと考えていたのだが、AJさんに教えていただいたことがある。

港に「船乗りのビンガル」というNPCがいるのだが、クエストにいくたびにランダムでアイテムをくれることがあるらしい。ネットで情報収集をあまりしていないせいか、こんなのがあるのを今まで知らなかった。話しかけたことはあってももらえたことはなかったし…。今後はチェックしていこう。

運搬サイドクエストは密林が楽で、見かけたら必ず受注するようにしている。数分で終わるし。

8/25配信イベントクエスト「凶双襲来:破壊と滅亡の狂宴」!/9月末アプデではエスピナス亜種が

Posted on by .

サンブレイクでのイベントクエスト第2弾、8/25に新しく配信されたイベントクエストは「凶双襲来:破壊と滅亡の狂宴」。M★6のクエストで、メインターゲットは激昂したラージャン2頭の狩猟となっている。しかも、場所は闘技場

イベントクエスト配信が開始するという告知のときに確か激昂ラージャン2頭のクエストがチラ見えしていた気がするが、まさかこんな早くに来るとは。傀異モンスターではないから、早いうちに来たということだろうか。いやそれにしても2週目で闘技場激ラー2頭は激しすぎないか…。

MHP2Gのイベントクエストに、確かほぼ同等条件の「双獅激天」というクエストがあった。ただ、P2Gの闘技場は分断柵はなかったと思うが。当時は分断にはけむり玉を定期的に使用していたものだ。なんにせよ難易度は高めで、かなり終盤というか、通常クエストをやりこんでから挑戦するような立ち位置のイベクエだったような気がする。

さて、とりあえず入ったクエだしとクロード氏と二人で行ってきた。私は狩猟笛、氏はライトボウガンである。入ってすぐに柵を使おうとしたようだが、スイッチのところでうろうろしている。どうやらまだ使えないらしい。気づかれないうちに片方に出来るだけダメージを…と思ったが甘い。すぐにもう一方も突進してきた。そのあとはもう滅茶苦茶である。逃げながら攻撃する。くらっては転がりながら。

まあ当然死ぬ。

独りになったクロード氏も、私が戻ってまもなくダウンしていた。後がない。

しかしどっちを攻撃していたかわからなくなっていたが、片方に弱ったサインが出たので、罠を無理やり足元に置いて捕獲。1頭になってしまえばあとは致命的なダメージを受けないようにだけ気を付けて削っていけばよい。(何度か危なかったが)

 

2頭目は討伐にて狩猟。12分半ほど。もっと長く感じた…。二頭はそれぞれ最小最大クラスの大きさだったように思う。これ私独りでクリアできるだろうか。

 

クエスト報酬は「紅晶チケット」。紅晶というと、ラスボスについているあの水晶だろうか。キュリアのエネルギーの結晶だったっけか、うろ覚えだ。1枚だけ。何枚必要になるだろう。

 

作成できるのは重ね着装備の「キュリアクラウン」。必要な素材は先ほどのチケット1枚だけでよかった。あとは激昂ラージャンの素材を8pts分だけだ。

 

同日、9月末の無料大型アップデートで追加されるモンスターの発表もあった。エスピナス亜種らしい。原種同様MHFにいたモンスターである。炎を吐くのは同じなようだが、どうやら酸も含まれているとかなんとか…つまり防御力がガタ落ちになる、あれか? ん、酸は斬れ味が落ちるんだっけ、それはウルティマオンラインか? 記憶がおぼろげすぎる。他に希少種も登場するモンスターがいるらしいが、今のところシルエットしかわからず。私にはタマミツネに見えるが果たして。

8/18配信イベントクエスト「狡猾なる緋色、妖美な番傘」!

Posted on by .

モンスターハンターライズ:サンブレイクが発売してからそろそろ二か月。はやくも大型アップデート第一弾を先日迎えたばかりの今日この頃である。今までのソフトでは発売から早々に開始していたイベントクエスト類の配信がぴたっと止まったままだった。もうサンブレイクではコラボする先もなくイベントクエストはなくなってしまったのだろうか、と残念に思っていたのだが、大型アップデートの際にお知らせがあり、8/18からイベントクエストが配信となった。その時のサムネイルなどからMHP2Gの双獅激天のようなものも出てくるだろうと想像していたが、とりあえず第一弾はマスターランク序盤のモンスターから。

クエストタイトルは「狡猾なる緋色、妖美な番傘」。メインターゲットはビシュテンゴ亜種とアケノシルムの狩猟である。場所は大社跡。M★2のクエストである。発売からせっせとプレイしている人には物足りないかもしれないが、私はアケノシルムは結構苦手なのでちょっとおおう…となった。叩き付けるようなついばみと、ファイアーボールが避けづらい。

とはいえこちらの武器は十分に強化されているので、さくっと討伐。早々に合流してくれたので操竜でぶつけ合ったのもある。クエスト報酬には秘薬があった。マカ壺錬金素材とかも入れてくれると嬉しい。

報酬では新しいジェスチャーが2つ追加された。サッカーでゴールが決まった時の選手のような「決まった!1」と「決まった!2」である。1に対して2は小さく「ヨシッ」とするのだ。

ライズでは途中からイベントクエスト(ヌシ系のが出始めたあたりから)を追えなくなってしまっていたが、今作はまだメインクエストの方が埋まっていないので並行して進めていきたい。

7/12-13サンブレイク狩猟日記 爵銀龍メル・ゼナと対面

Posted on by .

日記をあまりかけていないのは(メモはある)、時間があったらプレイしてしまうからだ。

 

7/12狩猟日記

寝る前にゴア・マガラに挑戦。挑戦といってもおおむねの動きは過去作で慣れているので太刀の練習も兼ねていく。ゴアは結構全体的にゆったりとした動きだけど、当たり判定がちょっと感覚より大きくて被弾しがちだったな、などと思い出す。あと前脚を攻撃してよく転倒させていたな、とか。

角が生えると攻撃は激化する。のちに戦うシャガルで特に感じたが、両手叩きつけの範囲が結構前に広がったような印象を受ける。つまりめっちゃ被弾した。ともあれクリアはできたのでよし。この日はもう一度ゴアにいって、今度は捕獲してサイドクエストクリア。エコール装備が開放された。

 

7/13狩猟日記

マスターランクでは初のティガレックスを狩猟。順当に攻撃力などが強化されたよう。理不尽さは特になし。捕獲して赤鬼のサイドクエストもクリアしておく。寝込んでいた(多分)フィオレーネが復活し、バハリの「反撃の時間でぇす」を聴く。これ聴いた印象があるのはPVに出ていたんだっけか。それとも同じようなセリフを他のゲームか何かで聴いたのか?

反撃の相手は爵銀龍メル・ゼナ

 

本作のパッケージモンスターだ。モンスターハンターTriでいう海竜ラギアクルスみたいなものである。関係ないがエルガドにいるとちょっとモガの村が懐かしくなってしまうのだった。MH3GをSteamに移植したら買いたいと思うのだがどうだろう。完全移植でいい。再びオンラインしたい。MHWやMHRiseがSteamで売れるなら是非過去作も、と思うのは安易すぎるか?ハードに依存してしまうのは仕方ないことだが、時が経つとプレイ環境自体が厳しくなってくるのは寂しいので検討してもらいたい(ということを公式に投書しよう)。

メル・ゼナは体験版で少し対面はしたのだが、私ではとても勝てずに時間いっぱい持ちこたえることすらできなかった。緊急クエスト「月光の下」ではどうだろうか。

体験版ではこちらも装備は固定、個体としてもやや強化されているから難しかったというのはあるかもしれない。それに対して、本戦はがっちがちに防御だけを固めて50分以内に狩れば勝ちなのだ。武器はやはりメインで使っている狩猟笛にした。昨日狩ったゴアマガラの素材でゴア笛を作成する。

通常状態で翼爪で前方に攻撃、リーチを見間違えることが多く、今でもよく被弾する。一か月経っても…。横に回避すればいいのに後方に逃げてしまうことが癖なのか。龍エネルギー?の地を這う攻撃も直線ではないので一瞬かたまってしまってくらう。尻尾突き出しもスピードが速いのでびっくりしてしまったり。大技っぽい叩きつけで1死。うーん、難しい。赤く変化してからはやや肉質が柔らかくなったように感じる。モンハンの鉄則、クエスト中に色が変わったところは殴れ。というやつだ。そういえばフィオレーネが付いてきてくれているので、たまに粉塵をまいてくれてありがたい。しつこく赤いところを攻撃していると、特殊ダウンが奪えた。この調子で攻め続け、なんとか23分で討伐。古龍なので捕獲はできない。

クエスト報酬で爵銀龍の紅血玉(天鱗みたいなもの)が2個出たのはビギナーズラックか。看板モンスターの武器はどれも作るだろうから助かる。MRが5にあがった。色々と吹き出しが増えまくったが省略。

寝る前にMR5のキークエストであるバゼルギウスに太刀で行ったところ、割と楽に討伐できた。これはたまたまなのか相性がいいのか。しばらくあとにガンナーで行ったら成すすべなく3死してしまったのだった。多分世間的にはガンナーが楽だと思う。

 

緊急クエストでシャガルマガラのクエスト「黒の中の白」が出現。黒の中の白とは、これまたMH4でゴアマガラ討伐後のムービーを思い出すタイトルである。まさにその通りだった。

さて、シャガルマガラと言えばMH4Gのギルドクエストで散々狩った相手の一つ。(他はラージャン、テオ、ドスランポスだろう)

シャガルマガラは当時はあの地雷と呼ばれる地面から発するエネルギーが厄介なポイントだったが、今作はブレスがきつい。ゴアのときも書いたが叩きつけの範囲が過去作に比べて広くなったように感じることもあるが、それ以上に爆発してくあのブレスがきつい。ガード武器で行ってもごりごり削られるし、逃げようとすれば逃げ損ねるし。太刀で行ったのだが手汗がえらいことになってしまった。2死して後もなくなり、焦るばかりである。後半になればなるほどきつくなるのは、サンブレイクのモンスターどれも同じなのだが、シャガルマガラだと余計にしんどい。30分ほどかかって討伐。勝てた。もうやりたくないが、確実にシャガル装備はつくるだろうから素材集めをせねばならない…。HR325にアップ。