6/11配信イベントクエスト「称号・シノビの心」!(トビカガチ/ベリオロス/ナルガクルガ)

Posted on by .

6/11(金)に新しく配信されたイベントクエストは「称号・シノビの心」。HR4から受注できる★7の上位クエストである。メインターゲットは闘技場でのトビカガチ、ベリオロス、ナルガクルガ。いずれも素早い動きが特徴のモンスターたちだ。相手の攻撃属性は雷と氷だが、個人的には雷耐性が低めなら気絶耐性は忘れずつけておくと安全かなあと思った。私はついていない装備で行って、乱戦で気絶しまくった(避けられる人なら問題ない)。

 

名前を挙げた順番でモンスターは登場するが、基本同時2頭になっていく。私はトビカガチとベリオロスの乱戦になってからは二頭とも体力に青マークがつくまで弱らせて、ほぼ同時に討伐した。落ち着いて剥ぎ取りしたいからである。2頭とも弱っていたなら罠を置いて捕獲すればいいのだが、そこまで頭が回らなかった。片方だけ弱っているときに罠を置くと、たいてい捕獲できない方がかかるのだ…あるあるか…。

 

ともあれ20分前に3頭目のナルガクルガを討伐。火力装備ならもっと早いのだろうけど、生存重視の装備で死ぬことはなく安全に。ただ、前述のとおり気絶耐性つけておけばよかったかなとは思った。オトモが全然助けに来てくれなかった…

クリアすることで、忍者関係の称号が増える。ギルドカードに設定可能。サイズについては特に更新がなかったので普通なのだろうと思う。

5/22-25狩猟日記 弓や他武器の練習

Posted on by .

5/22狩猟日記

朝歯医者へ行く。治療後ソロでバゼルギウス。さんざん爆発で吹っ飛ばされ、ソロで連戦する気に慣れず野良にて4戦ほどする。ようやく玉を部位破壊報酬で入手。バゼル笛を使ってヌシ・アオアシラへ行ってみると11分で狩猟できた。私にしてはかなり早い。

夕方Keityさんとナルガクルガ、ベリオロスを狩りに行く。その後寝る前に弓装備を試しに作ってみたのだがスキル構成に悩んでいた。体術のついているお守りでスロットが空いているのが「体術LV1、火耐性LV2、スロット2-2-1」であったので、体術LV5、スタ急LV3、連射矢強化LV3、弱点特効LV3、_属性強化LV5、火耐性LV2」を作成。集中がないがステップで皆なんとかしているのだろうか。

 

5/23狩猟日記

帰宅後、やもきうさんとオンラインへ。やもきうさんは普段双剣を使われているが、別武器もと太刀や弓の練習をするらしい。私は武器を変えつつ同じく練習する。途中からクロード氏も参加。

  • マガイマガド 弓で行ったが2回死んだ、危ない。
  • ベリオロス
  • ジンオウガ
  • マガイマガド 尻尾から玉を入手
  • ボルボロス
  • ディアブロス

弓はスタミナ管理難しくないだろうか。すぐにスタミナが枯渇する。過去作こんなにスタミナ消費していたっけか。一応過去作でも、使いこなすまで行かずとも使っては来ていた…が、あれだけスキルつけておいてもスタミナが切れる。照準合わせるまで時間がかかっているのかもしれない。

 

5/24狩猟日記

百竜弓(氷・連射)を作成してみる。先日の装備に合わせてだ、しかしまあ難しい。チャージステップで連続攻撃をしていると、すぐにスタミナがなくなる。

夜、c2さんの狩り部屋へ。マロさん、はっしぃさんもいらっしゃった。

  • テオテスカトル 失敗
  • テオテスカトル
  • オオナズチ
  • アケノシルム&イソネミクニ

古龍系の肉質が過去作と微妙に違っていて、立ち回りを身に着けていかねばと思う。

 

5/25狩猟日記

夜、ウツシ教官其の三(マガイマガド・ナルガクルガ)、ディアブロス、ディアブロスと狩って終了。ハンマーやチャージアックスの練習をする。チャージアックスはまだA溜め斬りして溜めてチャージして開放の動き(過去作の)しか出来ておらず、鉄蟲糸技とか組み込めていない。

あとあのチャージしてジュイイィィンとチェーンソーみたいにする技を使ってみたいけどチャージが分からない。実用的かどうかはどうでもいいので、ギアーズみたいにチェーンソーしたいのだ、私は。

6/4配信イベントクエスト「雪風に舞う朱の唐傘」!

Posted on by .

本日6/4(金)に新しく配信されたイベントクエストは「雪風に舞う朱の唐傘」。上位(★4)のクエストで、HR4以上で受注できる。メインターゲットは寒冷群島でのアケノシルム狩猟である。

個体としては通常のもので、特別な仕様はない。攻略中で防御力低めであれば火耐性を上げておけば火球のダメージ軽減にいいのだが、どちらかというとぐねぐね曲がりながらの突進の方が被弾率が高い。私の場合は、だけれど。

狩猟笛で行ってきた。後方攻撃がいい感じに入った時、ダメージが220ほど出ておお、となった。気炎発動していたっけか微妙なタイミングだったが。

最後はガガガッと気炎の旋律で〆。クエストクリア画面だがアケノシルムがほとんど写っていなかった…。

クエストをクリアすると、スタンプセットの「フクズクセット」が追加される。チャットメニューから使用可能。この手のイベントクエストは一度クリアしてしまうと行く理由がなくなってしまって惜しい。ちょっとお金たくさんもらえるとか金冠出やすいとかだと繰り返し行くこともあるのだろうけど。

入手できるスタンプはこの4つのよう。あまりネタも思いつかずスタンプは使えていない。

そういえばフクズクはその名と見た目からして、フクロウとミミズクからモンスターハンター世界に生まれた生き物だ。そもそもフクロウとミミズクの違いはというと、種としてはあまり違いはないらしい。一般的には羽角(うかく)という耳のような毛の突起があるものが「ミミズク」とされている。羽角といえば、キジの頭の後ろ毛みたいなちょんとハネているあれも、羽角である。

アオバズクのように羽角がなくミミズクとは呼ばれないものもいたり、逆にフクロウにも羽角があるものもいたりする。詳しくは鳥類の図鑑などをご覧いただきたい。(私は平凡社の「日本の野鳥590」2000年初版を眺めていました。)

5/16-21狩猟日記 まさかのフレーズ

Posted on by .

5/16狩猟日記

休日。ポプマスのユニットの特技とアクセサリーの組み合わせを考えていたら、手持ちが少ないのに耳から煙が出そうになってきた。すぐに編成ミスする。

クロード氏がナズチ弓(グリモワール)の試し撃ちをしたいということで1戦、ゴシャハギ&ヨツミワドウへ。見た目もかっこいいので私もいずれ作ろうかなと思う。まずは太刀や笛あたりからか。一戦で終わった後はソロでトビカガチ2頭、リオレウスなどで太刀の見切りを練習する。成功率は1/4くらいか。まったく反応できず被弾するのから、今度は早すぎて練気ゲージを無駄に消費するに移行している。

Twitterで試しに狩りメンバーを募集したところ、にゃるがさん、c2さん、マロさんらの3人が来てくださった。c2さんはなんやかやとMHP3rdあたりからの付き合いなので相当長いのだが、にゃるがさんはMHXくらいからの繋がりだっただろうか、もしかしたら狩りご一緒するのは初めてかもしれない。ブランクが長すぎて記憶が…。マロさんは完全に初。ただ、ここのブログを5年くらい前から読んでくださっているらしい。ありがとうございます。先日コメントくださった方のよう。

ちなみに狩っているときはご本人とは思っておらず、戦闘中のチャット(仕込まれた定型文?)により「これは関係者の仕業…!」と確信したのだった。というか北陸オフ会勢の一部の方が言っていた「耳掻きチャンス」(耳チャン)というフレーズを久しぶりに聞いたので、もしや北陸勢かとびっくりした。どうやらそういうわけではなさそうだった。

 

とりあえずクエスト回しで進めていく。

  • バゼルギウス 太刀で HR100到達
  • マガイマガド
  • ナルガクルガ
  • オオナズチ
  • ヤツカダキ ランスで c2さんはここで離脱
  • クシャルダオラ 太刀で
  • 百竜ヌシ・レウス 笛で やもきうさん合流 HR106
  • テオ・テスカトル

およそ2周程度クエスト回しが出来た。固定メンバーでの狩りが主だったので、新鮮だ。そして皆さんうまい。何が起きているのやらーというシーンも多々あり。

百竜夜行なんか、みんなの手際が理解できずに呆然としてしまった。慣れが必要である。

 

5/17狩猟日記

仕事後、寝る前にソロで百竜夜行のヌシ・タマミツネをプレイ。やはり反撃の狼煙による攻撃力ブーストが大きく、問題なくクリアできた。10倍くらいになってるんじゃなかろうか。言いすぎか。

 

5/18狩猟日記

風神龍の玉がほしくてソロでイブシマキヒコを数戦。なんとか玉がでたところで一息である。風神の袋みたいなデザインのライトボウガンを作成する。

その後やもきうさんとオンラインにて狩り。ゴシャハギ&ヨツミワドウ(このクエスト、何かと行く機会が多い気がする)、ヌシ・タマミツネ単体クエストへ。これですべてのクエストが埋まった。今のところはだ。また月末のアップデートで追加されるのはわかってはいるのだが。あとはナルガクルガ、マガイマガドなどへ行き、就寝。マガド玉出ず。強化が渋滞中です。

 

5/19狩猟日記

百竜のティガレックスを二回、ヌシ・タマミツネを一回。あかしまの神弩IIはばら撒きプレイでクリアできるので、まあこういう日があってもいいかなと思いながら使っている。その後ナズチ太刀でリオレウスへ。特殊納刀はまだ全然できないが、見切りはぽちぽち決まるようになってきた。

夜、アンジャナフ(野良)へ行った後、ソロでハンマーやスラアクの操作練習をする。相手はリオレイアやタマミツネである。

ヌシ・リオレウスを野良で募集したらみんなどんな動きをするかなと、試してみる。が、思った以上に手慣れたPTが集まり、じゃんじゃん進んでいく。あっという間にクリアした頃、マロさんから狩りのお誘いが来ていたので寝る前に少しご一緒す。

水没林バゼルギウス、ヌシミツネへ。で、ミツネ戦でなかなかでなかった水玉を入手!ありがたい。

 

5/20狩猟日記

プレイせず。

 

5/21狩猟日記

 

帰宅後、配信されていたイベントクエスト「急いては熊を仕損じる」をプレイ。詳細はこちらのエントリへ。ブログを更新後、クロード氏と再度イベントクエストへ。報酬が美味しい。他、マガイマガドやオロミドロへ。相変わらずオロミドロの動きがわからずやたらと被弾する。ガードも削られるしつらいことだらけだ。

斬裂弾速射のジンオウガライトボウガンを作成し、バゼルを4戦ほどやってみるがやはり玉は出ない。楽かと言われると楽かもしれないが4回もやると飽きてしまった。なんとかフレンドさんたちと狩っているときにぽろりしないだろうか。

 

5/9-15狩猟日記 あまり狩れずとも

Posted on by .

5/9狩猟日記 はじめてのヌシ・リオレウス

朝、現場へ行く前に少しモンハン。ソロでバゼルギウスを数戦する。宝玉が欲しいためだ。ジンオウガライトやナルガライトを作成したものの、装飾品や護石がほとんどないためまともにスキルを組めないでいる。現場の撤収が終わって夜、寝る前に少しモンハンをしようとクロード氏とご一緒したらいつのまにか性転換していた。身だしなみチケットを使ったらしい。あれは性別も変更できるのだ、名前は変更できないが。やもきうさんも合流して3人で狩る。

ヤツカダキのあと、初めてのヌシレウス(百竜夜行)へ。天から降ってくるメテオもびっくりしたし痛かったが、大技の溜めが中々怖い。どうやったら怯ませられるんだろう。クリアは出来たが。

最後施設でどかーんとダメージを与えてやれと走っていく途中で討伐となった。クエスト終了画面がこれ。

その後ヌシレイア(単体クエスト)、バゼルギウスに行ったが玉は出ず。クロード氏は出たらしい。

 

5/10狩猟日記

仕事を終え、夜やもきうさんと短時間狩りへ。アンジャナフ、オウガ&ミツネ、ヤツカダキ&フルフル、ラージャン、マガイマガドを狩る。

 

5/11狩猟日記

お昼ごろ、よっしぃさんと狩りへ。今回ご一緒するのは初か。HR4。ほんの一時間程度だったがご一緒していただけた。クルルヤック2頭、フルフルを狩る。夜にソロで闘技大会のラージャンへ。一応Aが取れたのでヨシ。

 

5/12狩猟日記 自動回復装備

狩っていない。クシャルダオラの防具を組み合わせて、自動回復装備を作成。効率重視ではないのでこういうのが楽しい。例によって装飾品が揃っていないので、なんとなく生存重視な感じで組み合わせる。

攻撃Lv3、見切りLv3、体力回復量UPLv3、回復速度Lv3、〇耐性Lv3、砥石使用高速化Lv3、鋼殻の恩恵Lv3、挑戦者Lv2、超会心Lv1、匠Lv1、納刀術Lv1、気絶耐性Lv1、植生学Lv1、陽動Lv1。

過渡的な装備セットって結構もどかしい思いもあるけれど、好きなんだな。

 

5/13狩猟日記 アケノシルムの名前が出てこない

先日ご一緒したよっしぃさんと、アケノシルム(最近このアケノシルムという名前が出てこなくて、傘鳥と呼んでしまう。合っているのだけど、名前が咄嗟に出てこないのがどうにも気持ち悪い)、オサイズチ、ウルクススを狩る。

 

5/14狩猟日記 イベントクエスト「称号・モノノフの心」

仕事後、イベントクエスト「称号・モノノフの心」をDLしてプレイ、ブログを書いた。記事はこちら。

その後ラージャンをランスでソロクリア。17分ほど。自動回復装備だったので割と危なげなくクリアできたので満足。喰らっても回復力UPスキルでもりもり回復できるのだ。風呂に入ったのち、野良でバゼルギウスを狩る。相変わらず玉出ず。やもきうさんと合流して、ティガレックス(轟轟たる~)、ヤツカダキを狩って就寝。

 

5/15狩猟日記

ギャラリーにて設営作業に一日かかる。疲れていたので野良でイブシマキヒコを一戦やって終了。ここ一週間こんな感じでほとんど短時間の狩りか、ほぼ狩っていないのばかりだった。まあのんびりいこう。

5/28配信イベントクエスト「人魚竜は妖麗に舞う」、「チャレンジクエスト01」!

Posted on by .

本日5/28(金)に新しく配信されたクエストは二つ、一つ目はイベントクエスト「人魚竜は妖麗に舞う」、二つ目がチャレンジクエスト01である。

人魚竜は妖麗に舞う

上位のイソネミクニ1頭の狩猟。場所は寒冷群島である。乱入モンスターはランダムか固定かわからないが、ラージャンとベリオロスだった。ラージャンは途中でぶつかってくれたのでありがたい。ついでにラージャン素材も入手できたのだった。

強さや大きさは通常通りだと思う。報酬金は通常クエストより多めか。イソネミクニは主に睡眠の状態異常がメインとはいえ、閃光での気絶や爆破など割と手段が豊富である。無効スキルを付けるのもいいが、火力に振ってごり押ししていくことにした。ほとんど使っていないチャージアックスを使ってみる。ガードが出来るのであの頭を振ってくる広範囲の攻撃を防げるからだ。ついでにスタンも2度ほどとれたし、毒武器だったので2回ほど毒にかかってくれた。状態異常はモンスターやガンナーの専売特許ではない。

私で14分なので早い人は5分針もあれば十分か。

 

このイベントクエストの特殊報酬はジェスチャー「投げキッス」の習得である。

 

写真を撮ったがあまりにも真顔なので目線を入れた。かえって怪しい。

動画で。

 

チャレンジクエスト01 ヨツミワドウ

そしてもうひとつ配信されたのは闘技大会のチャレンジクエスト01。毎度のことながらタイムを競うための闘技大会である。主に大会や技術修練などで用いられる。

今回は下位のヨツミワドウ。武器は双剣、ランス、ハンマー、操虫棍、ヘビィボウガンの5種である。持っているアイテムに差があったり、スキルが違ったりと、自分との相性・モンスターとの相性、ペアの人との戦略によって大きくタイムが変わってくる、のだろう。とりあえずソロで行ってきた。

持っているアイテムにシビレ罠、大タル爆弾3個、眠り投げナイフなどがあることから、私はランスを選択した。しかし鉄蟲糸技を使い慣れていないせいで結局一度も使わずに討伐。

ぎりぎりだがSランククリアである。報酬はチャレンジクエストは基本こういう感じだ。肉!

5/5-8狩猟日記 炎王龍テオ・テスカトル狩猟でHR上限解放

Posted on by .

さて、本日は23時からVer3.0の内容が放送されるスペシャルプログラムがある。明日は代休だし、早く導入されると嬉しい。楽しみ。

5/5狩猟日記

夜風呂からあがったのち、やもきうさんとオンラインへ。「猛き炎よ、怒髪を鎮めよ(ラージャン捕獲)」へ。終わった頃、クロード氏(HR47)が合流。緊急クエストのテオテスカトルへ行く。

テオはMHWではあまり狩れていなかった気がするが、それまでは結構好きでよくやっていた。爆破粉塵の感じが以前と変わったように思うし、ブレスの噴き降ろしなどのモーションは目新しかったが基本頭を狙うことを心掛け、討伐。画像はマガイマガドと縄張り争いをしているテオ。マガドが絡むと巻き添えをくう率が高い。

クリアしたことで今度こそHRの上限が完全に解放された。HRは溜まっていたポイントから59にアップ。やもきうさんは61となった。

その後3頭クエやジンオウガ、ゴシャハギへ行き就寝。

またテオ笛を作りたいのもあるし、防具も作っていきたいので何戦かする必要があるだろう。

 

5/6狩猟日記

夜、仕事が終わってからテオソロ。ソロだと体力控えめなので助かる。その後野良にてアンジャナフ、ナルハタタヒメへ行き就寝。玉は出ず。アンジャナフの腰パーツが攻撃アップで優秀なので作っておきたい。

 

5/7狩猟日記

夜仕事終わり、風呂ののち、イベントクエスト「影の迅竜」へ。詳細はこちらのエントリへ。

ブログ更新後、やもきうさんとオンラインにて数戦す。まずアンジャナフへ行ったのだが、捕獲してついに宝玉が出た!長々と見なかったがようやくである。ジャナフコイルを作成し、小型討伐クエストやクシャルダオラへ行き就寝。

 

5/8狩猟日記

仕事が終わって風呂後、やもきうさんと百竜夜行のヌシ・リオレイアへ。百竜夜行でクリアしておかないとヌシレイアの単体クエストが出ないようである。とはいえ百竜は反撃の狼煙があるおかげで攻撃力にブーストがかかり、割と楽な方なのではと思う。ヌシが出てくるまでが面倒だという声もまあ理解はできるけれど。HR70にアップ。クエストも解放された。

その後「炎国の王」、「水没林の迷惑集団」、「爆鱗竜、再び飛来す」へ。最後寝落ちしかけで危険であったので就寝する。

 

5/2-4狩猟日記 2.0で追加されたバゼルギウス、オオナズチ、クシャルダオラへ

Posted on by .

5/2狩猟日記

悪天候にて、自宅待機とする。大剣を使ってみて、とりあえず手近な攻撃力の高そうなものをとゴシャハギの大剣を作ってみることにした。ソロでゴシャハギへ行き素材を集める。その後クロード氏とやもきうさんと狩りへ。アンジャナフ、マガイマガド、ティガ、ゴシャハギ、オロミドロなど。しかしゴシャハギのレア素材と思われる、雪鬼胆が出ない。20日後の、書いている今でさえ手に入っていない。ともあれ、クロード氏も緊急ナルハタタヒメが出たので3人でクリアし、HR8にアップ。やもきうさんにはここまで大分お手伝いいただいた。氷双剣を作りたいということでベリオロスへ、そして「かけっこ泥んこ大騒ぎ」「方々から迫る脅威」へ行き休憩。

休憩と少し横になったら寝入ってしまっていたようだ。少しひんやりとする。17時を回っていた。「火加減注意!紫炎と火球の巻」、バゼルギウス(初)、「古の幻影」(オオナズチ、初)、「鍛えよ!弓の型」(トビカガチ2頭)へ行く。

なんというかバゼルのばら撒く爆発物には悪意しか感じないのだけど、ダメージは仕方ないにせよせめて吹っ飛ばないくらいの調整にしていただけるとよかった。それでも死ぬだろうけれど。

 

オオナズチには毒無効を付けていったものの、猛毒を吐かれ毒る。まあ猛毒よりはましか。しかも上空からの風で放射状に毒霧を拡げていくのは咄嗟に避けづらくて苦手に感じる。蟲でうまくよけられるようになりたい。

オオナズチというと、姿を消す(背景と同化して見えづらくなる)のが特徴ではあるのだが、ボマーオトモが起爆型爆弾を体にくっつけてくれるといい目印になる。しかも攻撃すると爆発してそこそこのダメージを稼いでくれるし。

私のオトモで出撃率が高いのはやはりボマーオトモ。今作はオトモの爆弾でこちらが吹っ飛ばされるようなこともない。

 

5/3狩猟日記

朝、Keityさんと少しだけ狩りへ。ラングロトラ2頭クエ、ボルボロスへ行き終了。

その後やもきうさんとオン狩り。闘技大会ラージャンに挑んでAランク取得。狙いはラージャンコインである。「猛き力は大地が如く」(ゴシャハギ、ヨツミワドウ)、バゼルギウス、闘技大会のバゼル・バサル・ラングロ(A)などへ。バゼルコインは一枚だけ入手。きついクエストなのに実入りが少ないとつらい。

やもきうさんと私どちらも緊急で出ているし、と、アプデで導入されたクシャルダオラへ行ってみる。「嵐に舞う黒い影」。やもきうさんはナズチ双剣をもう作り上げていて、効果的に毒漬けにしていく。私はネイティブホルンでひたすら殴る。毒のおかげかあまり黒い風を纏うことはなかったように思う。さすがである。

しかしまあ広範囲の竜巻をみるとちょっと体がこわばるのであった。

 

5/4狩猟日記

夕方帰宅。クロード氏と狩りへ。アンジャナフ&ディアブロスクエ、ラージャン&ジンオウガクエ、マガイマガド(2死する)。諸々行ったがレア素材は出ず。特にマガイマガドの玉はそうそう見ない気がする。クロード氏が緊急クエストのクシャルダオラが出ていたので狩りへ。

寝る前にやもきうさんとクロード氏と3人で狩り。2頭クエストをみんな選んでいく。オロミドロ・ジンオウガ、マガイマガド・ナルガクルガ、ラージャン・ゴシャハギ…HR39になったが、雪鬼胆は出ず。

三人並んで最後に記念撮影。三人とも似たようなHRで一緒に遊ぶことが多いメンバーである。感謝。

5/21配信イベントクエスト「急いては熊を仕損じる」!(怪我に気を付けよう)

Posted on by .

本日5/21(金)に新しく配信されたイベントクエストは上位クエストの「急いては熊を仕損じる」ヌシ・アオアシラ1頭の討伐クエストである。場所は水没林。

無料大型アップデートVer.2.0が配信されて、百竜夜行でヌシ・アオアシラを討伐していれば(多分)単体クエストが出現するようにはなっているが、今回はイベントクエストでも登場である。HR8以上で受注できる。主にその体躯を使ったシンプルな攻撃がメインのアオアシラではあるが、コンボがうまく決まってしまうと上空で2発目をもらって死ぬことがある。打ち上げられたら翔蟲で逃げたいところ。

なんとなく考えなしにランスで行ったがほとんどこちらに向かってくることを考えるとやりやすかった。オトモはボマー猫2で、私以上にガンガンダメージを稼いでくれる。ヌシ・アオアシラと戦った経験自体がさほど多くないのだが、怒り状態で腕が赤くなっていると柔らかくなっている気がする。さらにそこで怯みもあるし、威嚇状態のときに攻撃していたらダウンも奪えた。威嚇状態という条件は必須ではないのかもしれないが。

 

そういえば支給品の魚の飛び出してくるエサ、結構部位破壊に一役買ってくれる。アオアシラすまないね。近づくと吹っ飛ばされるのでお前が魚にやられている間ぐるぐる走り回っているのだ、私は。

ひっかき連撃が結構苦手だったのだが、ランスだと強ガードで耐えるのが楽なことに気づいた。最後はカウンターすればよい。ただ、ガードレイジがうまく使いこなせなくてほとんど生かせなかった。すぐ効果が切れる。

 

2回ソロでやったが1回目は最小サイズ更新、2回目は最大サイズ更新。タイムはどちらも15分ほどだった。1回死んだ。

 

イベント素材はクエスト追加報酬の欄にある「知識の結晶」。一回目は3個、2回目は1個のドロップであった。しかしそれよりも2段目の報酬欄が二回とも豪華だった。重鎧玉、瑠璃原珠、銀のたまご、金のたまごなど。さほど難解なクエストではないし、地味に助かる。少なくともバゼルギウスよりはやりやすいと思う。

 

イベント素材「知識の結晶」で作成できるのは特殊装備の「知略の眼鏡」。今作は「地質学LV2」がついてLv2スロットが2つついている。防御力は初期で60。「知識の結晶」は重ね着装備でこの知略の眼鏡を作る際にも4つ必要である。また、錬金の素材に使用することもできるが、10ptにしかならない。

知略の眼鏡はMH4で初登場してなんだかんだシリーズ恒例になっているような気がするが、毎回効果がちょっとずつ違う。

  • MH4では「千里眼+4 観察眼+6」でスロ1
  • MHXでは「調合数+8」
  • MHWでは「見切りLV2」でスロLV1が1

いまや千里眼、観察眼、調合数といったスキルはなくなってしまったのがちょっと寂しい。今の仕様は便利ではあるのだけど。

クエスト名の元ネタは「急いては事を仕損ずる(仕損じる)」。個人的に私の人生において、本当にこれで、急ぎ焦ってかなり大きな失敗や大けが(生死にかかわるようなレベル)に繋がったことが多い。ぜひ皆さんもお気をつけください。車にはねられて集中治療室行きとか電動シャッターのレバーに指の肉がえぐられるとか家でつまづいて指先がパックリ割れるとか色々…。ううむ我が事ながらぞっとする。

4/30-5/1狩猟日記 『雷神』ナルハタタヒメ、初!

Posted on by .

4/30狩猟日記

この日はイベントクエストの初の配信日。配信されたイベントクエストは「溶岩洞の巨大ガマ」であった。詳細はこちらのエントリへ。ブログを更新後、夕飯を食べて寝落ちしてしまう。その後目が覚めてやもきうさん、キヨさん、メルシーさんらと狩りへ。やもきうさんの緊急クエストのヤツカガキへ四人で向かう。糸を纏おうとしているときに近づきすぎて糸やられになったり。クリア後、上位では初のゴシャハギへちょっとこわごわいったが4人いてなんとかなった。しっかり防御力を上げていったおかげかもしれない。ここで緊急クエスト「雷神」が出たが、とりあえず後回しにする。

寝るまでの残り時間、イベクエのヨツミワドウやディアブロス、オロミドロを狩猟して終了。ディアブロスの狩猟笛も無事素材が集まって作成できた。

 

5/1狩猟日記 雷神

ラスボス的立ち位置なのだろう(現段階)、雷神龍ナルハタタヒメがせっかく出たので、ソロで挑んでみることにした。武器は作ったばかりのディアブロスの狩猟笛。

見た目のデザインは対となっている風神龍イブシマキヒコとよく似ているが、いかにも雷を纏っているようなカラーリングである。ちなみに俵屋宗達の「風神雷神図屏風」では風神が緑系、雷神が白系のカラーリングで描かれている。雷神が白ベースで描かれていることになんだか不思議な印象を抱く(風神が白のイメージがあった)のは、風というものが白い霞むもののようなイメージを持っているからかもしれない。そういう意味で、イブシマキヒコは体色とイメージカラーが合致していた。ナルハタタヒメの「ナル」は「ナルカミ」(鳴神、かみなりのこと)からきているのだろうと思う。

風神雷神という対の存在をモチーフにしていると同時に、名前からもわかるように織姫・彦星も要素として取り入られていると思われる。ナルハタタヒメの「ハタ」はきっと織姫の「機織り」から来ているのだろう。今年の七夕あたりにはこれらに絡むイベントクエストが配信されるか、もしくはVer3.0の真のEDというものを迎えるにあたって、この対の古龍が合体したような存在が登場するのか…?

さて、ナルハタタヒメは雷をベースとした攻撃をしてくるが、イブシマキヒコよりも攻撃がハードであった。わっかのエネルギー体を波状に飛ばしてくるのも今までにない見た目で面白かった。しかしまあブレスなど激しい。わっかのエネルギー体(なんといえばいいのだ)を降ろす攻撃、初見は必死で逃げたものの、そのまま下に降りるだけだったので呆然と見送った。

記念撮影。あ、ディアブロスの狩猟笛の聴覚保護【大】はナルハタタヒメには無効だったので攻撃大でゴリ押そうとネイティブホルンに持ち替えてきた。キャンプに戻るにはモドリ玉が必要である。

磁力を発生しているのか(だとしたら金属鎧を着たハンターが吸い寄せられてしまうだろうから、違うのかもしれない)、地面に埋まっているバリスタや大砲、連射砲などが空中に一定時間引き上げられることがある。翔蟲で飛び乗って使用すればダメージを稼ぐことが出来る。特に大技を繰り出されるときに大砲で集中的に狙うと大ダウンを起こすことがたびたびあった。

兵器と言えば「撃龍槍」「破龍砲」もあるのだが、最初使用方法がわからなかった。

てっきりこの上にあるのだと思って、必死に蟲で駈け上ろうとしたが上がれない。よくみたら脇にレバーがあった。

多分スタンはしない?するんだろうか。わからない。私がそこまで頭を叩けていない。

この紫電レーザーがぐるぐると周りを焼いていくのが恐ろしい。岩の陰に隠れて避けたりしていた。とにかく基本浮いているモンスターなものだから、動きが分からないのもあってなかなか手が届かない。ちょくちょくといい感じにいかにもやわらかいお腹を叩きやすいタイミングが来るので、そこで一気にラッシュをかける、を繰り返していた。

もどかしくも思いながら初見特有の必死さにより、無事狩猟成功。ヨシ!

しかしここは本当に竜宮城的な場所である。元は丘珊瑚の台地みたいな印象を受ける。ナルハタタヒメ自体の強さについては、正直言うと上位マガイマガドの方が必死で難しかったように感じた。動きが激しく、容赦なさを感じるからか。ナルハタタヒメでも直線ブレスで死にはしたが。

 

クリアしたことで、ハンターランクの上限が開放された。ここからHRPが加算されていくようになるらしい。なお、過去作と違って今までやっていたクエスト分のHRPというものは蓄積されていない。ここからがスタートなのだ。

また、オトモのレベル上限が30から50にアップし、各種クエストも追加されたらしい。

その後やもきうさんと狩りへ、マガイマガドをやったらいきなりHRが8から12にアップした。最初は必要なポイントが少ないからだろう。そしてやもきうさんも進行状況は似たようなもので、緊急ナルハタタヒメへ今度は二人でいってきた。無事クリアしてやもきうさんもHR8にアップ。

  • うさ団子・貫く四つの角!の巻(毎シリーズ恒例のディアブロス2頭クエだ)
  • 大社跡の大騒動(オロミドロ・タマミツネ)
  • 闘技大会・ラージャン
  • 方々から迫る脅威(ヤツカダキ・フルフル)HR20

ここらまで進んで就寝。ラージャンの闘技大会はとりあえずAランク取得。装備のためまだコインは足りないが。