2/12狩猟日記(1) 炎王龍テオ・テスカトル

Posted on by .

本日は休みである。昨夜次の日が休みだからと、ぎりぎりまでモンハンをしていたのに寝落ちしかけていたのを反省。あと昨日「テオいきましょう」と言われたのにソロでクリアしていなかったので辞退したのが申し訳なかったので、今日はテオに行ってみようと思った。まずは痕跡集めからである。大蟻塚の荒れ地で見つかるということなので、うろうろとする。狩猟笛の空3でガイドボーナス+1を発動させると反応しやすくなり、見つけやすい。途中ディアブロス亜種に遭遇したりしたが、ディアブロスと取っ組み合いをしている間にそそくさと退散す。2回ほど痕跡集めをするとテオのクエストが出現した。ついでに食材納品依頼が来ていたのでクリア。ガンキンの耐熱殻であったと思う。

まずは今までの装備のままでとりあえず行ってみる。

炎王龍テオ・テスカトル。過去シリーズ、特にMH4~4Gあたりではギルドクエストで狩りまくったモンスターではある。P2Gのときはかなりきついモンスターだったが、どんどん過激化していく周りに比べると行動が素直な方のモンスターなせいか、特定の武器でなら苦手意識は殆ど無い。ハンマーか大剣がやりやすかった。(当時の苦労をもう忘れているだけなのかもしれない)

しかし今作やってみて思ったが、かなりやりづらい。環境のせいだろうか。龍結晶の地なので溶岩地帯なのだが、それがまたテオの体色と似たような色合いになってしまって、見づらいのだ。攻撃自体も炎や爆破粉塵など、似たような色合い。そして炎まといなどでなおのこと保護色状態になっている。そして炎ブレスなどは今までのようなわかりやすい棒状ではなく、それなりに炎らしい形になっているので、まだ当たり判定がしっかり認識できていない。前動作がわかっていないのが一番きついか。頭前に安心して陣取れない。

飛び上がっての大爆発・スーパーノヴァは健在で、最初それとわからなかったが、範囲もおもったより広い印象を持った。何回も炭にされ即死。

これはできるだけ爆破耐性と火耐性はあげていきたい。攻撃スキルは二の次でいいか。あと炎の範囲ダメージが痛い。旋律で無効化できるのだろうか。足元の溶岩のダメージは無効化できるのはわかっているが…。あと過去は聴覚保護小で大丈夫だったが、今作は大が必要なんだろうか。

がんばったのだが、25分3死して失敗。完敗である。

胴はレウスで問題ないだろうし、腕もレウスにした。もともと火耐性が高めだし、火耐性スキルが2ついている。あとどこか1個装飾品を着ければ防御もおまけで上がってくれる。爆破耐性は爆耐の護石を作ることにした。逆境珠もドロップしていたのでこれもつけておく。武器は水で行っていたが、毒でじわじわせめてみる。クシャほどではないが、テオに毒は炎まとい解除目的で過去シリーズには担いでいっていた気がする。

爆破のダメージが結構痛いがスキルで対策、さらに言えばブレスやらのダメージはがっちり火耐性をあげていけば軽減できることはなんとなく実感できた。あとはもうMHW版テオに慣れるのみ。

勝利!不慣れで手数が出ない分、毒ダメージが頼もしい。30分ほどかかったが討伐完了。寝るところまで行ってからが激しかった。これは次の日記にも書くが、クシャルダオラでも顕著に見られた今作の仕様。古龍は寝てからが勝負。

装備はこんな感じで行っていた。どうせなら火耐性30以上くらいにしておけばよかったか。スキルは確か笛吹き名人、弱点特効、火耐性、不屈、体力とかそのあたりだったと思う。体力スキルで付いた分は食事の+50からさらに加算してくれるようになったのが初心者にはありがたい。

しかしテオ素材これからとんでもなくたくさん集めなくてはならないんだろうなと思うと気が遠くなる。以前のように楽しく倒せるくらいになるだろうか?今は悲鳴あげながらだ。

闘技大会とコインとブリゲイド装備

Posted on by .

少し日付は前後するが、2/13夜に思い立ち、闘技大会クエストをやってきた。ご一緒してくださったのはしろくまさん。闘技大会は2人以下でしかやれないので、人数が集まっているときは中々貼られることがない。しかし闘技大会には報酬としてコインが含まれ、それでしか作ることができない装備が毎回あるのである。また、コンプすることでもらえるピアス系なども毎作品楽しみな一つである。

しろくまさんはプケプケ(01)だけ一度やってみてはある、とのことだったので、クルルヤック(02)から進めていくことにした。VCなしのぶっつけで適当にやっていこうスタイルなのは毎回のこと。

  • 02クルルヤック ガンス+ハンマー 2:22:50A クルルコイン、闘技王のコイン
  • 03リオレイア ランス+笛 3:35:25S レイアコイン
  • 04ツィツィヤック スラアク+笛 4:47:06A ツィツィコイン、狩猟王のコイン
  • 05ボルボロス ガンス+ヘビィ 3:40:66 ボロスコイン、狩猟王のコイン
  • 06ドドガマル 太刀+太刀 4:56:31A ガマルコイン
  • 07レウス亜種 笛+双剣 7:28:33A レウスコイン、狩猟王のコイン
  • 01プケプケ スラアク+ハンマー 3:05:53A プケプケコイン

一応ここまで(01~07)すべてA以上がとれたということで、ここで受付嬢から「爆砕の羽飾り」をもらうことが出来た。頭装備で、ボマーLV3がついている。

続けてSが獲れなかったものを埋めて行く。

  • プケプケ 片手+? 2:52
  • プケプケ スラアク+? 3:07
  • プケプケ ハンマー+ライト 2:16:00S
  • クルルヤック ハンマー+ライト A 射線上に割り込みすぎた 笑ってしまうほど
  • クルルヤック ハンマー+ハンマー 1:37:73S
  • ツィツィヤック ハンマー+笛 4:24:96S かなりグダったがS
  • ドドガマル ライト+ランス 4:10A
  • ドドガマル 片手+ランス 5:02A
  • ドドガマル ライト+太刀 3:44:70S
  • レウス亜種 片手+ハンマー 5:52:15S

ハンマーは使ったことがなかったが、中々火力が出る気がする。単にぶん殴っているぞ、という印象が強いだけかもしれない。しかしプケプケ、クルルヤックあたりで「あれ?ハンマー強い」(特にA連打の連続殴り)と思った。本当はまだこの先闘技大会クエはあるようなのだが、私がまだ解放されていないようなので、また解放されたらご一緒させていただくことにして寝た。2時であった。

のちほどコイン装備を確認すると、武器には「工房武器」という系列があるようである。あとは受付嬢の見た目の装備「ブリゲイドシリーズ」があった。上位はαとβもある。これらは作りたいところだ。

回復速度、精霊の加護、地質学、砲撃手、笛吹き名人、研究者がつく。ひるみ軽減は確か笛にはまっている装飾品だ。

上で着ているのはβや下位の見た目だったかもしれない。個人的にはこちらの黒っぽい色合いのほうが好き。

というわけで休みなので一日2個日記書くことが出来た。普段少しでもMHWやりたくて中々。楽しんでいる。

2/7~11狩猟日記 サークル「ロックラック」結成

Posted on by .

2/7狩猟日記

大雪続く。豪雪と言いたいが豪雪というと前例の豪雪と比較されがちなので、よく豪雪と打っては大雪と打ち直している。そこまで気にする必要もないのだが。SNSが活発になってきて、こういうことが増えた。まあここはSNSの場からは離れているし、私が何を言おうがそう気を遣う必要はないのだが。

帰宅して雪かきし、風呂に入りKeityさんと狩り。モンハンシリーズでは初体験とのことだが、ネトゲ慣れしている氏はこつこつ装備を作り、操作に慣れ、知識を蓄えてプレイしていく様子が見て取れて、こちらも楽しくなる。レイギエナ、女王は荒れ地にて、レイギエナとクエストに行ったところでもう寝る時間になってしまった。

 

2/8狩猟日記

帰宅後プレイしようとしたらオンラインに繋がらず困惑していると、ゆうさんとしろくまさんから再起動を勧められ、そうしたらなおった。感謝。調子が悪いときは、完全に再起動、これは基本であるな。モンハンはしたかったのだが、結局外が気になって雪かきを1時間ほどしていた。切りがないが、かといって一気にずーっとやっているのはつらい。ちょっとずつ切り崩していくしかない。(排雪溝が一応あるのだが雪に埋もれている。掘り出して少し捨てる。)

フォロワーのCrooperさんとMHWを初めてご一緒する。フリークエストのジュラトドスとアンジャナフを狩りに行く。挨拶がてらと短い時間ではあったが楽しかった。そういえばギルドカード交換の勲章があるとかなんとか。だとしたらもっといろんな人に声をかけて狩りに混ぜてもらわないといけないか。

 

2/9狩猟日記

夜、イベクエをプレイ。そのときの様子はこちらのエントリである。

イベクエがおわったあとは行きたいクエストを貼られたものに合流していくスタイルで遊ぶ。一応順番決めといた方がよかったろうか。私はほいほい貼ってしまったが。Bさんがキリンの「幻獣の皮」が欲しいということで、下位調査キリンクエを貼る。ゆりさん、Bさん、Kさんと4人で出発。単体だったのでカバーしていただきながら無事討伐。素材も出たようだ。よく見ていると私も皮あまり出ない気がする。角は出るのだが…。

その後はゆりさんとKさんは落ちられたので、Yさん、しろくまさん、Bさんの4人PTに。リオレウスの調査クエストを繰り返す。これは配信バウンティのためであったと思う。そのうち一回、最大金冠を入手。ありがたい。あと火竜の紅玉もはじめて出たのではないか。VCを使っていたのだが「ツタをつたって」「つたない表現で…」「つたわったわ」など素早いきり返しが眼前で繰り広げられて私はついていくのに必死だったぜ。よくぱっぱと思いつく。

 

2/10狩猟日記

ふと思い立ちツイートしたら割と食いついてきた方が多かったので、仕事が終わってからサークル「ロックラック」を結成。MH3からの付き合いが長い方も多いので、MH3のロックラックを懐かしんで入ってくださる方が何人か。15人くらいにはなったか。別にMH3からやっているわけでなくてもいいので、大体の身内まわりで一緒に遊んできたメンバーが加入していく感じか。私は大体耳かきサークルか、ロックラックあたりを中心にぶらついている。あとは特定メンバーのサークルに顔を出したりとか。それにしても久しぶりに「ロックラックなう」て言ったわ。なうて。

ロックラックが出来たことで、久々に天城さんともご一緒出来た。MHX以来か、MHXX序盤以来ではないか。あとアジさん、しろくまさんも来てくださり、まずは天城さんが貼った歴戦ラドバルキンへ。歴戦ってなんだろうってレベルだがついていく。まあようするに強化個体なんだろうと思う。

見慣れない素材「龍脈石のかけら」。狂竜石だったかのことを思い出す。錬金に使った記憶がある…ということは、今回のマカ錬金に必要、ということだろうか。

そこにふぅさん、ろぼさん、ナオさん、なるちさんが来室。レウス亜種クエは3死失敗してしまったが、レイア亜種・レイアクエはクリア。しかも欲しかった上棘が出てくれたので、やっとサクラノリコーダーに強化できた。ピンクで可愛らしい。音もいい。

最後にウラガンキンに行って風呂へ。上がってからKiyoさんの素材集めでオドガロンに行ったのだが、突然クエスト中にやってきた眠気により、壁ダッシュをキメる。すみません。めっちゃ見られていたようだった。

 

2/11狩猟日記

クシャルダオラとヴァルハザクという古龍の話を聞かされる。あとはテオ・テスカトルだろう。3体の古龍か。とりあえずいきなり行ける体調でもないので、クリアしていない食材納品でもやっていく。バルノスの尖爪納品、あとラドバルキンの素材納品も終了。

仕事から帰るともう日付がかわらんとしている。なるちさん、ふぅさんがサークル部屋に来られる。まだクリアできていない、リオレウス亜種へ行くことに。まだ原種と大きな違いが中々実感できていない。強いのはわかる。

その後それいゆさんが来てくださり、4人で「火と火が交わるところ」(ヴォルガノス、ウラガンキン)のクエストへ。しかし例によってこの遅い時間帯、急にやってくる眠気に寝落ちしかけながらうろうろするばかり…。危ないので失礼して寝ることにした。申し訳なし。

2/6狩猟日記 滅尽龍ネルギガンテへの挑戦

Posted on by .

2/6狩猟日記

この日は北陸本格的に大雪だった。正確にはその前夜に相当に降り積もり、またそれだけでなくただひたすらに雪は降り続いた。もともと積雪のある地域、その備えや心づもりがあったとしても、それを吹き飛ばすほどの大雪だった。聞けば何十年ぶりかという。サンパチやゴロクには及ばないまでも、当時と社会インフラやそれぞれの生活習慣なども違う。なんにしても、自然の容赦なさを味わうことになった。こういうとき、無理にいつも通りの自分のやり方を自然に対して通すのは悪手ではないか。無理のないレベルでできるだけのことをするのがいいのだろう。なので車を出すことはもはや諦めた。結局車を出せたのは11日になってからだった。それでも出勤道中、除雪が出来ていない道にうっかり入り込んで立ち往生している車を見るくらいだ。

運よくこの日は休みだったので、MHWで各種狩猟笛を強化していくことにした。その素材集めをしていく。ギルオスの麻痺牙集めとドスギルオスで麻痺袋を集めたらソニックホルンIIIが完成。麻痺笛である。しかしまだあまり使えていない。どうしても状態異常系の武器は攻撃力が低めなのである。その次は大水袋、これはジュラトドスである。しかし袋狙いで捕獲しようとしたのに、罠にかかって捕獲玉を投げようとしたらたまたま横にあった回復Gを飲み始めてしまい、捕獲失敗。多分転がるか何かすればキャンセルできたのではないか。その時は動転して飲みきるまで右へ左へ慌てるだけだった。先に捕獲用麻酔玉を当てておいてから罠を仕掛ければいいのはわかっていたのだが、横着はいかんと改めて思った。今作の麻酔玉をあてても起きないのはありがたい仕様だ。もういちどジュラトドス捕獲クエをクリアしたところ、大水袋が三つも来てくれて、無事ウォータータムタムIIに強化完了。

次はユニオン鉱石集めである。今作のスキルで「地質学」というのがあって、これをLV3まで上げておくと鉱石の採取回数が+1されるのである。ちなみにLV1で骨塚採取回数が+1、LV2で特産品採取回数が+1される。シャムオスαの防具とお守り、あとクエストドロップで手に入った装飾品でLV3になったので鉱石集めがはかどる。似たようなスキルで「植生学」なんかもある。草、実、種、虫、キノコなどの採取個数が増えるスキルである。地質学は確かゾラ・マグダラオスの背中の採掘にも適用されるので、そのあたりの素材集めのときにもつけておきたい。

昼ご飯のあと、ソロでトビカガチ15分捕獲クエへ。残り5分で捕獲し、金枠で竜玉を1個入手する。今作強化途中で竜玉が要求されるので、非常にありがたい。しかし一体何個いることやら。トビカガチ素材が集まり、ライトニングドラムIが完成。あと電撃袋一個でIIにできる。ならばと救難クエでトビカガチを検索して一戦する。ライトニングドラムIIに強化。

16時ごろから、Kiyoさん、メルシーさんらの部屋へお邪魔する。メルシーさんが任務探索を進めている間、Kiyoさんとパオウルムー捕獲へ。時間になり解散になってしまったので、そのあとソロにて食材クエのいにしえの化石クエ、ギルオス10頭クエ、ガジャブー10クエへ。ガジャブークエは報酬で「奇面族スケッチ」というものを手に入れた。これはオトモ装備の素材で、奇面ネコ石器α、奇面ネコマスクα、奇面ネコみのαがそれぞれ1枚ずつで作ることが出来る。私はとりあえず武器を作成。長らくイベクエの機械ネコ装備だったのから卒業である。

ネルギガンテへ挑戦

ネルギガンテには何度か挑戦し、失敗していた。一撃が重く、動きに慣れていないため被弾も多く、どうにもならない。βテストでやっているので白いトゲの間が柔らかくチャンスタイムとはわかっていても、その間に的確に攻撃を当てられるほどではない。そして大技の飛びかかりがおもったより避けられない。納刀術でもつけるべきだろうか。そして防御力を上げるべきと結論づけた。防具をできるだけレベルアップさせてまた挑む。

βテストのときも書いたが、ネルギガンテのあのコロコロと鳴く音が聞こえると、ショルダータックルというか転がり攻撃、もしくは大きなフック攻撃が来る。にも関わらず、接近しすぎていると逃げ切れずに食らったりしている。それくらいしかわからない。あと離れていると一気に飛びかかりで攻撃してくるのが恐ろしい。即死級ではないにせよ、ほぼ瀕死になってしまうので回復してばかりだ。

武器はライトニングドラムII(714-雷210)、防具がボーンα、ボーンα、デスギア、ボーンβ、ボーンαに防御の護石I、癒しの煙筒。スキルは昆虫標本の達人LV3、攻撃LV2、防御LV1、体力増強LV1、属性やられ耐性LV1、集中LV1、笛吹き名人LV1である。防御力は224。今思えばもう少しマシな組み合わせもあったような気がする。

角は折りたいのと、やはりスタンをとりたいので頭を狙って殴る。あとは乗りを狙う、などして出来るだけダメージを稼ぐ。ダメージは属性で攻めたほうがいいのか、毒で行ったほうがいいのか悩むところだ。モンスターによって毒の入るダメージがかなり違うので(クシャなんかだと20ずつはいる)検討はしたい。

大技で死に、悲鳴を上げ、攻撃で死にかけ、悲鳴を上げ…リアルでである。悲鳴というか奇声か。ボイスチャットとかしていなくて本当によかった。ライトニングドラムは緑空旋律なので、使用する旋律は主に聴覚保護【大】である。聞いている人がいたらぜひ演奏しておいてあげたい。ネルギガンテの咆哮中に攻撃するのにも役に立つ。

そんなわけで2死(両方大技の飛びかかり)してしまい、あとがなくなったわけだが、寝床にまで追い込むことは出来た。しかしここ寝床の暴れっぷりがすごい。瀕死になると攻撃が激しくなる補正でも入っているのではないだろうか。寝ている所に大タル爆弾Gを置いて爆破、逃げてまた爆弾もってきて爆破を2回繰り返してダメージを稼ぎ、最後は笛でぶん殴ってフィニッシュ!頭などを殴って討伐なら締まったのだろうが、あいにくと尻尾のカス当たりで討伐してしまったのだった。しかし討伐した瞬間「やったー!!」と叫んでしまったくらいきつかった。これ素材集めで連戦とかかなり厳しい。HR14にアップ。13日現在、いまだに14のままだ。

夕飯後はソロでカンタロス10匹クエを何度か、ランゴスタ20匹クエをやったり。ランゴスタクエは本当に今作楽だ。昆虫標本の達人LV3のおかげで飛び散らずに倒せるし、なによりスリンガーで一撃(4ダメージ)で墜ちるからぽんぽん倒せる。無限湧き状態だから1エリアで終わるし、小金稼ぎによい。過去シリーズのあっちこっち探して回って毒けむりを焚くのが余計にきつくなりそうだ。

ネルギガンテの武器は龍属性、高い攻撃力、素で斬れ味が長いなどの特徴がある。狩猟笛の旋律は3Gのイエログラフと同じで、聴覚保護大と会心率UPの緑橙の組み合わせだ。とりあえず作りたい。

ですかさんからお誘いあり、Skypeなどで通話しつつの狩りへ。最初1回目はふたりでネルギガンテへ行ったのだが、3死失敗。wataさん、ココさんにヘルプをお願いして4人でクリア。これでネルギガンテの笛、第一段階完成である。うーむつよい。ココさんが抜けられる前の一戦としてリオレイア、そしてレイギエナ、バゼルギウスとやって0時終了。

レイギエナ戦ではバゼルがしつこく乱入してきてレイギエナに爆撃攻撃をし続けていた。しかし本当によく乱入してくる。バゼル単体と戦ったことがなかったので、最後に貼らせていただいたが…これ近接でどうやって戦うのだろう。どっかんどっかん爆発させられ、ふっとばされ…あまりにも厳しい。今度ソロでやってみようと思う。

2/4~5狩猟日記 リオレイア亜種とドドガマル

Posted on by .

2/4狩猟日記

この日は仕事が休みで朝からMHWをプレイ。まずはソロ専クエである「ツィツィヤックをやっつけろ」へ。これをクリアするとオトモの「はげましの楽器」を入手できた。主にハンターを強化する系の特技をばんばんつかってくれる装備である。関係ないが、眠い時にツィツィヤックの文字をみたとき、まだ名前を今一つ覚えていなくて、ブイブイヤッタってなんだ…?と困惑したことを覚えている。

その後ふぅさんが来てくださり、数クエだけ遊ぶ。買い物にいかねばならなかったため。下位特殊闘技場クエストで残っていた、ボルボロスとラドバルキンをクリア。

帰宅後、ソロでカンタロス10匹討伐の調査クエスト(上位)を何度か回す。激運チケットを使って3分ほどで13000z入手できる。強化などでお金がない。すぐになくなる。カンタロス素材もちょっと欲しかったのだ。しかし激運チケットは素材も増えているのだろうか?お金は確かに倍にしてくれているのがはっきりわかるのだが。まあログインボーナスで毎日1枚は手に入るので、そう貴重なものでもない。カンタロス素材は虫笛(ビードロ―)のためである。昼食はトマトラーメン。冷え込みが厳しくなってきた。トマトといえばシモフリトマト。今作にも食材の一つとして登場する。

午後からはゆりさんと耳掻きサークル部屋を建てて遊ぶ。しろくまさんやそれいゆさんも来室。一度部屋を16人いっぱいにしてみたいものだ。

ジュラトドス15分捕獲クエ、上位ドスギルオス、「暴れん坊、荒れ地を訪れる」(アンジャナフ)、ジュラトドス、プケプケ、トビカガチなどへ。プケプケ素材があつまり、ダチュラホンIが完成。聴覚保護【大】が吹けるようになった。今作の聴覚保護旋律は小を重ね掛けで大にはならないのが残念だ。まあ、それだと攻撃大も吹ける赤空ばかりが有用と言われてしまうから調整したというところなのだろう。15時になったので抜け。

夕飯後、ソロにてガライーバ討伐調査クエへ。水属性の狩猟笛をウォータータムタムIに強化。タムタムとは銅鑼のような打楽器らしい。しかし今作は狩猟笛の種類が少なく、さらに言えば見た目も少なそうなのが残念なところだ。うーん。

ふぅさんがいらっしゃって、サボテン納品(下位)、ドスギルオス、リオレイア(下位)とそれぞれクエストを回して遊ぶ。納品は本当に採取するだけでどんどん納品した扱いになるので、ポイントにさえ到達してしまえば呆気ない。

任務クエストに桜火竜リオレイア亜種が出現していたのを、ようやく受注する。原種すらもMHWになって結構動きがいやらしくなったように感じていたので、亜種はあの…ひねりサマーソルトがあるだろうからなおさらやり辛そうだ。しかしまあおそらく硬さなどは原種と変わりない。相手の動きを見ることが大事なのは変わらず。とはいえ私はついついゴリ押しで倒そうとしてしまうので、少しは直したいところだ。案の定2死してぎりぎり後が無いところで捕獲してクリア。防具なども少しは作ったほうがいいのだろうが…つい武器を優先。

このあとはネルギガンテを追って新たなフィールド「龍結晶の地」へ。ここで初めてクーラードリンクが必要となる。大蟻塚でドリンク要らないのが私にとってはかなり戸惑ったポイントだった。今作はドリンク類無いのかと思った。そしてこの龍結晶の地を探索していると、火山特有のモンスターたちが次々発見される。岩賊竜ドドガマル、溶岩竜ヴォルガノス、爆鎚竜ウラガンキン。ラドバルキンがいてウラガンキンがいないわけもなく、しかし過去シリーズよりもかなり戦いにくくはなっているようだった。二つ名みたいに溶岩石をばらまく。この土地でユニオン鉱石も手に入るようになり、武器なども強化が進められそうな雰囲気である。戻ったらHR13になっていた。

 

2/5狩猟日記

帰宅後いろいろと、実家と電話など。自由時間は0時から少しだけ。それいゆさん(HR14)、ですかさん(HR15)とオンラインでご一緒する。とりあえず貼ってOKとのことだったので、まだやったことがない岩賊竜ドドガマルを貼る。

ドドガマル、発売前の画像が公式Twitterでぽろっと出てきていて、トカゲのような感じではあるのだが、ちょっとこうかえるっぽいところもあるというか、なんとも愛嬌のある顔をしている。目がちっちゃくきょろっとしていて。個人的に結構好きなモンスターである。戦うのが好きというわけではないのだが。賊竜というとドスジャグラスもそうで、骨格としては同じタイプである。ドスジャグラスが獲物を丸呑みするという捕食スタイルが特徴だったのに類し、ドドガマルは地面の溶岩石?を摂取する。そしてそれを吐き出すなどして攻撃してくる。属性としては爆破属性担当のモンスターの一員であるようだ。狩猟笛を使う身としては、割りと頭が殴りやすい。そして全身柔らかめでやりやすい気はする。

あとはレイア亜種へ。そしてソロでやる前にやってしまったのだが、調査クエストでネルギガンテへ。まあやってしまった、と言ってもβテストを経ているのだから、このモンスターに関しては「初めてはソロでやろう」といっても実情と合わないし、気にする必要はなかろう。で、βテストはそれなりの装備が整っていたのだろうと思うが、今のわたしの装備では…まあ死んだ。3回くらいは死んだのではないか。いや4回か。クエストは5回死んだらクエスト失敗という条件のものだった。調査クエストにはこういうものもある。

翌日ネルギガンテにはソロにて挑戦することとする。

イベントクエスト「ドドド三兄弟」「縄張り争い決定戦」「双幻影」!

Posted on by .

北陸の大雪には大変心身共に疲れ切っている。雪の量が多すぎて、持って行く場がないのである。よっていまだに自宅から車を出せずにいる。通りから自宅までの道を、車が通れるだけの範囲で除雪できていないからだ。昨夜ようやく家の前はかろうじて車が一台ぎりぎり通れる、かもしれない、くらいの幅にはなった。そしてガレージからの動線もぎりぎりのラインで掘り起こしはした。しかしこれでも出られたとしても戻すことはできない。自腹のタクシー勤務は正直財布につらすぎる。嫌なら何時間でも歩けと職場に言われるが。毎日ぐったりで中々MHWも出来ていない。

が、昨日バージョンアップがあり、いくつか修正がはいったらしい。大きなものだとボウガンの斬裂弾の威力下方修正だろう。斬裂弾一辺倒となるのは、もともとのガンナー界隈としても面白くないだろうし、武器種そのものが貶められるような風潮になるのは心苦しいものである。これはMH3Gの覚醒爆破パチンコのの際も似たようなことがあったわけだが、今回半分オンラインゲームのように調整が効く環境になったおかげで事態は収束に向かっていると言えよう。

さらにイベントクエストも更新がはいり、今回配信された3つのイベントクエストにそれぞれ行ってきた。仕事からかえって雪かきが終わった23時頃から少しばかり、しろくまさん、ゆりさん、Kさん、Bさん、Yさんらのお部屋にお邪魔した。幸いにも今からイベントクエストに行くという。しろくまさんとは夜イベクエやろうと話していたので、おまたせしていたのだったら申し訳なかった。プレイした順にさらっと。

「ドドド三兄弟」

部屋が6人になっていたので3:3で分かれてプレイ。こちらのチームはしろくまさん、Yさん、私。通話は外部アプリを使っているので、相手チームの方の声も聞こえている。通話自体が初めてのメンバーもいらっしゃって、どの声が誰かというのがまだ私には判別がつかなかったりする。

で、まずは「ドドド三兄弟」。これは上位クエストで、HR13以降で参加できる。登場するモンスターはドスジャグラス、ドスギルオス、ドドガロン。いずれも四足タイプのモンスターだ。ドドガロンが出てくるのでHR13以上となっているのだろう。日記にはまだ書いていないと思うが、現時点で私はHR14にあがったばかりのところである。

ドスジャグラスは言うまでもなく特別手強い相手ではない。しかし今作から同時に動かせるモンスターの数が増え、今までのような2体縛りがなくなった分、乱戦はそれはそれは騒がしい。ドスギルオスの麻痺液が飛んできてそこにドドガロンが突っ込んできたり、ドスジャグラスが死角から突っ込んできたり。場のモンスターの数を減らすことを優先するならば、ドドガロン以外の二頭をさきに仕留めたほうがいいだろうと思う。Yさんがドドガロンをひきつけてくださり、私達ふたりは残りの二頭をひたすら削った。私は会心UPを出来るだけ維持しつつ殴る殴る。スタンプでふっとばさなくなったため、割と気軽に使えるのだが、これいきなり他作品やったら癖でやってしまいそうだ。

クリアしての報酬。このクエストの特色は、「装飾品」が出やすいということらしい。今までランダムな性能で出ていたお守りは、おそらくは作成のみになり、装飾品は性能はそれぞれ固定だが入手がランダムになったようである。まだ上位にあがったばかりの私にとっては光る珠自体もこのクエストではじめて見たくらいなので、ありがたい。実際は古びた珠なんかもあるのだろう。装飾品がたくさん出るっていってもこの程度か、という声がTLで見受けられたが、まだ発売2週間程度では十分だろう。もうクリアしたという方は購買層としては相当やり込んでいると思う。逆に週末に少ししか出来ないようなハンターたちにとってはHR13も結構厳しいのではないか。別ハードにうつったばかりのタイトルはボリューム控えめになっていそうな気がするので、あまり急いでやってももったいないかなあというのが個人的な思い…ではあるのだが早くやりたいし沢山やりたいし。それにいつまでゆっくりゲームしていられるかどうかもわからないし。

 

「縄張り争い決定戦」

次は下位クエストの「縄張り争い決定戦」へ。HR8以降で参加できる。登場するモンスターはディアブロス、ボルボロス、ボルボロス。最初ボルボロスは片方だけ出現しており、一頭倒れるとボルボロス二頭目が出てくると思われる。下位クエストで、なおかつタイトルの通り縄張り争いも起こりやすいそうで、ボルボロスが割りとすぐ死んでしまう。

下位とはいえ、私はまだ下位素材も十分に集まっていない(特にディアブロス)ので、ディアブロスは歓迎。ボルボロスも各武器をまだ作れていないので素材が欲しい。しかしさすがに一頭目は剥ぎ取っている余裕はなかった。3分ほどでクリア。

こちらのクエストは「鎧玉」「上鎧玉」が出やすいクエストとなっているらしい。下位クエストなので、それより上の「尖鎧玉」などは出ないだろう。十分である。サイズは特殊なものではなかった。

 

「双幻影」

最後は下位クエスト「双幻影」。下位キリン2頭のクエストである。受注条件はHR8以上。上2つのイベクエの場所は闘技場だったが、こちらは陸珊瑚の台地である。下位キリン素材集めにいいかなーと思ったものの、実際行ってみると合流されるのが厄介で、多分1頭クエの方が手軽である。ただ、心持ち角が出やすいように感じた。剥ぎ取りあわせて1クエで6本くらい手に入った。

キリンは麻痺、電撃が痛い。吹き出しのキリンクエを終わらせて、装衣をゲットしておきたい。麻痺ってぷるぷるしているところをYさんに吹き飛ばしてもらおうとしたが、キリンが突っ込んできそうだったのでそれも上手く行かず。結果的に殴られているだけみたいな絵になっていたのが面白かった。謝っておられたがむしろグッジョブ。

はやく任務やらも進めていきたい…。休みはまだか。それより雪かきか。雪ハンティン…。

2/1~2/3 MHW狩猟日記 特殊闘技場うめ

Posted on by .

2/1狩猟日記

仕事から帰宅後、上位探索にてカブレライト鉱石をあつめてうろうろする。そしてトビカガチの捕獲クエをソロにてやっていると、ゆりさんが来室。まだ上位クエを本格的にやるつもりはないので、一緒に下位クエストやっていくことになった。あとDiscordのテストも兼ねて。

まずは先日の卵クエの続きということで飛竜の卵クエストへ。先日はしろくまさんのナビもあってついていったが、今回はいない。道筋は覚えていない…と不安だったが、とりあえずは運搬の達人をつけてGO。かなり激しく追い掛け回されて死亡事故なども発生したが、ゆりさんにおとりをしてもらって私が二個納品してクリア。なんとかうっすらと道は覚えていたようだ。他、パオウルムー、特殊闘技場ボルボロス、度過ぎる♂などをプレイして終了。

風呂後、Kiyoさんのトビカガチ装備の素材となる、翼竜の素材集めを手伝う。蟻塚にいたねーということで運搬クエを選んだのだが、私が卵運んで二個目をBOX前で待機という、今からするとまどろっこしいことをしていた。一緒に剥ぎとりに行けばよかったかもしれん。最後にボルボロス捕獲クエに行ったが、寝落ちしかけでふらふらになってしまった。ぎりぎり意識を保ってお別れを述べ、退室。就寝。

 

2/2狩猟日記

午前中はこの記事を書き、午後からソロでディアブロスへ。ガンランスでいってみたらかなり楽だった。そのあとしろくまさんと合流してイベクエまわしをした。この辺りはこちらの記事を参照のこと。

イベクエ後は下位のクエスト潰しと素材集めを手伝っていただき、主に特殊闘技場のクエストをやっていった。パオウルムー、リオレイア、レイギエナ、リオレウス、オドガロン…。リオレイア戦では死んでしまってBCから急いで戻る途中でクリアとなってしまい(スリンガーでちょっかいをかけていた程度らしい)、移動中が報酬画面に。

15時になり解散。ちょっと頭痛がしていたので、横になったところ、2時間も寝てしまった。

17時ごろから、まだ見つけられていないベースキャンプ候補地を探して探索を続ける。あっちへうろうろこっちへうろうろ。蟻塚のランゴスタが飛んでいる近くにあるよーと教えてもらったポイントは発見。ついでに蟻塚テトルーも見つけて、依頼をクリアしておいた。

その後ソロにて特殊闘技場未クリアを埋める。トビカガチ、プケプケをそれぞれヘビィボウガンにてクリア。ディアブロスはランスで行ってみたのだが、パワーガード?をうまく使いこなせず、結局2死したあとはガンランスに持ち替えてクリア。難し。

寝る前にKiyoさん、メルシーさんらのサークルにお邪魔する。下位キー任務のアンジャナフに参加。下位だろうがアンジャナフの暴れん坊っぷりには私も左右に吹っ飛ばされまくる。翌日の仕事のため、アンジャナフクリア後ジュラトドスを一回やって急いで就寝。最後のジュラトドスはやはりやめておくべきだったか…と布団でやや反省。フリーな時間が欲しい。

 

2/3狩猟日記

仕事から帰宅後、ふぅさんとオドガロンへ一戦。残念ながらお風呂に行かれたので、どうしようかなと思っていたら、モンハンオフでご一緒しているメンバーのwataさん、ですかさん、ここさんらの部屋に招待いただいた。MHWでご一緒するのははじめて。

行ってみるとお三方ともHR14とかそのあたり、もう上位も進めていらっしゃる様子である。私は11で、本当に上がっただけで上位クエストはやっていない。しかしそろそろ下位もほぼ埋まったし、上位序盤クエは少しずつ手を付けていきたい…。ギルカの交換などしたあと、退席中のですかさんを置いてリオレイアに行くことに。リコーダーを強化したかったので、まずはそのあたりからーと思って貼らせてもらった。レイアの動き自体はそう変わったようには見えないが、単純に攻撃が痛い。まだ防具が半分くらい下位装備なのであった。一応ボーンαとボーンβを少し組み込んではあるのだが…。途中で颯爽とですかさんが参加。上棘も手に入ってほくほくである。報酬で装飾品の防音珠【3】も出た。つけられるパーツがまだないぞ。

そのあとゾラ・マグダラオス、ギルオス討伐、パオウルムー捕獲、ボルボロスとクエストを回して、私が風呂のため退室した。ギルオスは場所がわからなくて本当に迷いに迷って走り回っているうちに終わってしまったのが申し訳ない。欲しかった尖竜骨が1個手に入った!まだ足りないが、今回強化途中で尖竜骨を要求されることが多いような気がする。多分レイアでも出るはずなのだが、手に入らなかった。ハードボーンホルンを強化するのにとりあえず複数個いる。

風呂後、部屋を立てていたところ、先日のKeityさんからお誘いのメッセージが着て、いきまーすと返事をしたものの、どうやらクエスト中だったようで部屋がわからず。待っているうちに任務のアンジャナフ(上位)でもやるかーと出発。ブレス、痛い。即死してしまった。火耐性10くらいはあるはずなのだが…。しかし笛でぼっこぼっこ殴りながら無事捕獲。強い水笛が欲しいところである。そういえば今作、割りとフレーム回避できる。戻る辺りでそれいゆさん、なるちさんが来られたので、Keityさんのところは後日伺うことを返事して狩り再開す。

アンジャナフをクリアしたことで、食事のおまかせ定食が+50/+50になったようだ。他の食材集まり具合も関係しているのかもしれないが、50/50の安定感はありがたい。特異なリオレイア???の痕跡集めが目下のところ最優先という状況のため、ずっとパートナーが「探索とかフリークエストとか!」と言ってくる。わかったから毎回言わなくてもよい。この日それいゆさんやなるちさんらと狩っているときも痕跡を見つけたら拾っていたところ、クエストが出現したようだ。それはまたソロでやるか…少し防具なりを整えてからのがよかろう。

古代樹の森のリオレイアを貼ったところ、これが思った以上に厄介なクエストだった。MHXXの遺群嶺の金銀を想起させるほどのリオレウス&リオレイアはりつきっぱなし。レイア単体なら3人で十分やれるだろうに、このレウス過保護すぎる。ずーっとついてくる。ブレスは痛い。危うかったがなんとかレイア捕獲でクリアとなった。しかし捕獲の現場には私は森で迷ってしまいたどり着けなかった。私「捕獲しましょう!!」じゃないだろう。たどり着けよ。

その後ラドバルキン、と、最後にパオウルムーに行ったのだと思う。思うのだが、完全に寝落ち気味を必死に動き回っていたようで、そのままふらふらと布団に入って寝てしまい、何に行ったか自信がない。多分合ってるとは思う。挨拶とかちゃんと出来ていたのだろうか…。もっとはやく離脱すべきか。しかし眠気ってクエスト中に急に来ることが多くてなんとも難しい。

拠点でおしゃべりしているハンターたちを眺める。女ハンター防具着なさいよ

イベントクエスト「共闘ヤック×ヤック」「オレ達、ならず者」「骨肉の狩り」!

Posted on by .

今日何気なくイベントクエストのページを開いたら、まだやっていないイベントクエストが表示されていた。まだあまり告知など見に行っていないので、いつの間にか配信されている。其の時々で配信されているイベントクエストが変わっていく形式なんだろうか。と公式サイトみてみたら、もうすでにイベントクエスト配信スケジュール表が出ていた。これ見ればいいのか。

順番にしろくまさんと二人でやっていった。

  1. 共闘ヤック×ヤック
  2. オレ達、ならず者
  3. 骨肉の狩り

共闘ヤック×ヤック

ヤックと名のつくモンスターというと、クルルヤックとツィツィヤックの二頭ということで、闘技場でのこの二頭同時クエストである。確かHR6以上で参加可能な下位クエスト。

閃光での気絶がちょっと面倒な相手ではあるが、うまく片方に集中して攻撃していればなんとかなりそうだった。私はチャージアックスで行ったので閃光も一応ガード可能。しかしチャージアックスの操作まだ不慣れなのでおたおたしていたのがバレバレだ。

特別な報酬などはなし。

 

オレ達、ならず者

シャムオス13頭討伐の上位クエストで、HR11から参加できる。二人もいればさくさくっと倒せるし、上位あがったばかりの私なんかにとってはシャムオスの上鱗など素材的にもかなり美味しい。報酬には装飾品も出てくるので、まだそのあたりに手を付けていない私にはなおさらありがたい。攻撃珠とかいろいろ手に入った。

イベクエ素材として、「黒い包帯」が手に入る。それで出来るのが「封印の眼帯α」である。

必要な素材は「黒い包帯2個、シャムオスの上鱗7個、シャムオスの上皮5個、鋭利な爪4個」。いずれもこのクエストだけで揃う素材である。装備スキルは火耐性LV1。装飾品スロットもある。

てっきり全身セット装備で、1パーツにつき1枚とか要求されると思いこんで連戦させてもらったのだが、いざ作ろうと思ったら眼帯のみ。ありゃー。でもまあ素材はありがたい。これから使うだろう。

 

骨肉の狩り

骨肉の争い、という言葉があるように、今作の骨といえば骨鎚竜ラドバルキン、肉というと屍肉を漁る惨爪竜オドガロンである。このクエストは其の二頭同時クエで、下位クエストである。

どちらも私はまだ得意とはいえない相手ではあるが、二人で出発。いざ戦いが始まったらこのせまいスペースだというのに二頭は縄張り争いを始めてしまった。おおい。その後はばたばたといつもの同時狩猟クエストのごとき乱戦になったのだが、本当に動きの早いオドガロンがメンツに加わっているせいで、余計に目が回る。さすがに目がつかれた。

特別な報酬や素材はなし。

ご協力いただいたしろくまさんに感謝。

1/29~31 MHW狩猟日記/イベントクエスト「野生の教え」!

Posted on by .

例によってストーリーネタバレあり。

1/29狩猟日記

素材が集まっていたので、水属性笛のアクアバグパイプをIIに強化する。ランゴスタ14匹クエストにソロでふらりと出かける。今作は近接武器でも、スリンガーという射撃武器があるおかげで飛んでいる小型モンスターを倒しやすい。しかもきっちりロックオンしてくれるのがいい。エリア9だったか、泥のエリアに12匹ほど。そして8だったか(砂漠のところ)の奥に少しいた。最後2匹を探すのにかなり時間をくった…20分くらいかかっただろうか。

ここで防御力を高めておきたくなり、ギルオスヘルムとパピメルテスタを作成して強化。防御力が護石ふくめて120くらいにはなった。プケプケの調査依頼などにいってみる。被ダメージがかなりっているように思われた。

ここでUOなどで昔から付き合いのあるフレンド、KさんがMHWはじめたよーとメッセージをくださり、ご一緒することに。水袋がほしかったのでジュラトドスを貼らせていただいた。狩っていると、サークルメンバーのふぅさんが来てくださり、次からは三人で狩る。ボルボロス捕獲、クルルヤック捕獲、草食竜の卵運びなど。卵運びは今回はさくっと…。今回はクルル腕1パーツで「運搬の達人」が発動するので、運搬装備の準備が楽になったものだ。

1/30狩猟日記

発売前にも少し動画に流れていた風漂竜レイギエナ。陸珊瑚の台地をナワバリにしている大型モンスターである。冷気をまとう飛竜種か。全体的に肉付きはあまりよくなく、骨と皮が多い印象を受ける。いや別に食う目線ではないが。まだよく観察していないので冷気を発生させる仕組みなどはよくわかっていない。

しかしパオウルムーのようなふわふわとした感じよりは攻撃も早く、ブリザードも回避しやすい感じがした。楽勝というわけではないが、笛で戦うことに関してはスタンも取りやすい部類かもしれない。一応ヴァルキリコーダーで冷気耐性をあげつつ戦っていたので、被ダメージも少なめだったような気がする。

ちなみに「滑空の装衣」があると、一番高いエリアに上昇気流を利用してすばやくあがることができる。ふわー!なかなか楽しい。なくてもツタを一生懸命登っていけばたどり着くことは出来る。採掘ポイントが2つあるので、必ず立ち寄りたいポイントだ。深海の結晶やドラグライト鉱石が手に入る。

レイギエナは捕獲にてクリア。

次の任務クエストはいよいよレイギエナを撃退したことで、拠点を底へ移動していくことになった。しかし降り立って谷の底で待ち受けていたのは、惨爪竜オドガロン。紅いぼこぼことした皮膚に、鋭い爪を持った四足モンスターである。MHFになんとかガロンという夫婦狼のモンスターがいたと思うのだが、~ロンはこういう骨格のモンスターにつけられる接尾辞なのだろうか。

これがまた初見ではトリッキーな動きで目が追いつかないのと、速い速い。しかも攻撃には裂傷属性があり、今作初の裂傷状態になってしまう。アステラジャーキーを持っていくのは個人的に必須。しゃがんで回復している暇はあまりない。しかし逆に素早すぎて、回避ボタンをとりあえず押せば避けられる攻撃も多い。もちろん楽に勝てたわけではなく、2死してぎりっぎりを寝床に追い込んで捕獲してのクリアだったけど…。しかしなんというか、見た目の、皮膚のぼこぼこした感じが…気持ち悪いけど触ってみたいこの気持ち悪さ…触りたい…。触ってうわぁとか言いたい…。ただ、屍肉を漁るモンスターなので、めちゃくちゃ臭そうではある。死臭をまとった、死神のようなモンスターだ。

割りと落とし物が多い印象を受けるので、地味に素材は集まる。

戻ってくるとマカ錬金研究員が流通エリアに引っ越してきていた。素材をPTに換算して他の素材に変えるみたいな施設だろうか。いずれお守り錬金なんかもできるのかな。まあまだ使うことはなかろう。まだ下位で操作確認しながらやっているような段階だし。

古代樹の森の探索にてリオレウスと遭遇。森の人(古代竜人)より、レウスとディアのクエストをクリアして力を見せよといったことを言われる。ベータテストでもこの2頭はソロで倒せていないのだが…。

その後夜、Kiyoさんとメルシーさんらと狩りへ。トビカガチ装備を作るのに連戦す。メルシーさんとは今日が初めてなので、ギルドカードも交換。あまり出来なかったので、今度時間が合うときにまた続きをやりたいところ。私が入っているサークルは、自分のサークル「耳掻きしすぎは禁物」と、このKiyoさんらのサークルの2つのみ。もう他のフォロワーさんらはそれぞれ仲間うちのサークルが出来上がってしまったような感じだ。16人同時に部屋に集まるようなことはあるんだろうか…。とりあえず入ったら誰かいるかもしれない、いたらいたメンバーで狩りに行こう、という部屋があると楽しそうなのだが。どれだけロックラックを懐古しているのか…。

1/31狩猟日記

仕事が休みなので9時半頃からソロで狩りへ。ガライーバ7頭討伐クエをクリア。これは食材クエストである。瘴気の谷でのラフィノス討伐もクリア。アクアバグパイプをIIIに強化できた。

しろくまさんが来てくださったので、二人で狩りへ。素材集めにプケプケの尻尾切り、レイギエナ捕獲といってから、任務クエストで出ているディアブロスとリオレウスに二人で出発。

角竜ディアブロス、今回も音爆弾がきっちり効くのでスリンガー音爆弾は持ち込んでおきたい。角の肉質がよくわかっていないが、笛で殴っている感じだと弾かれもしないのでとにかく落とし穴状態になったら頭を殴る。しろくまさんと二人で殴っているおかげで両角破壊してクリア。従来通り、やっぱりお腹あたりが柔らかいんだろうか。しかし怒り状態の突進の攻撃力は高い。

リオレウスは樹の上の方のキャンプから巣にて戦闘開始。ここには発売前からアピールされている、破壊すると水が流れて大ダメージを与えられるポイントがあるのだが、なかなか巻き込むことができない。

このあとリオ夫婦のクエストがあって、そのときはうまく巻き込むことが出来ていたので嬉しかった。しろくまさんがうまく誘導されたのだろうけど、そして私も一緒に流されていく。そのあと古代樹の森で私は道に迷い、巣に戻ったレオレウスは捕獲されていた。あの中心部複雑すぎない…?このクエストクリアで「追い剥ぎの装衣」を入手。これを着ている間、小型・大型モンスターを攻撃したときに一定確率で換金アイテムを落とすらしい。小遣い稼ぎによさそうだ。

さて、キークエスト(任務)をクリアしたことで、いよいよ「ゾラ・マグダラオス誘導作戦」という、いかにも最終決戦的なクエストが発生。正念場か。というか展開早い。

冒頭ムービー後、すぐにしろくまさんも合流。しかしこのクエスト、というかゾラ・マグダラオス戦のマップが本当にわからない。迷いに迷う。まずその、排熱孔?の場所が一箇所しか覚えておらず、それから先、どこへ行ったらいいのかわからない。うわあああどこおおおおっとさまよってなんとなく見つけた赤い突起を殴るクエストである。そしてしばらくしたら予告通りネルギガンテ襲来。ダッシュでそこに向かい、発見と同時に一発殴られて死亡。なんやこれえ。あと戻るときに落石でも1死した。

で、また走って戻っていく途中でネルギガンテは撃退されていったのであった。いよいよラッシュで内部っぽいところの一番大きな突起を二人して殴り続けると、一定体力を下回ったのかフィールドが変わる。

大砲やバリスタといった設備での撃退作戦に移行する。これはもうひたすらばんばん撃つのみか。大砲の弾はNPCやオトモがどんどん装填してくれるので、結構撃てる。ゾラ・マグダラオスの攻撃によって大砲は破壊されることもあるので、それに巻き込まれないようにしたい。なにしろ2回死んでいるのだ。

しかしこの古龍、でかい。ジエン・モーランやダレン・モーラン、ゴグマジオスとかそういったレベルの大きさか。大砲一発180ダメージを5連発で900くらい。撃龍槍も一回使えるのが2000以上のダメージを繰り出す。あとは防衛を破壊されないようにして体力を一定値以下まで削ればクリアということらしい。設備を使う系はシリーズ進むにつれ、どんどん易しくはなっているような気がする。というわけで無事クリア。して、ムービー。

ここでいい時間になったので一旦解散。午後からまたやろうーと解散したのだが、午後から急に出る用事が出来てしまい、戻ってきたら15時で、デレステのイベントが始まってしまった。そちらを少々プレイ。

拠点をうろうろしていると、ゾラ・マグダラオスを誘導成功したので調査団は落ち着いてしまっているようだが、気になる痕跡などが散見されるため調査に向かう、という話に。探索で砂漠へ。本来ここにはいないはずのプケプケを発見、しかも攻撃力が高い。動きも多少かわっており、尻尾になにか毒を溜め込んで、尻尾から毒ガス噴射という攻撃を繰り出してきた。こんなんやってきてたっけか。もしや亜種? でも見た目は同じだ…。

なんとか討伐して剥ぎ取ってみると、上鱗などが出てきた。これもしかして上位か!ゾラマグダラオスクリアで上位に上がってしまったようだ。HR11から上位ということらしい。その他、フィールドにはレイア???の痕跡などを発見。チャチャブーのような獣人も見つけた。ガジャブーというらしい。なかなか激しい叫び声をあげている。恐怖を覚える。

上位っぽかったので採掘してみたらたしかに上位素材を入手できた。ははあ。今作は村と集会所がわかれていないせいか、キークエスト(任務)でぽんぽんと下位クエストが進みすぎた感がある。まだ操作もまともに慣れていないし、マップも頭に入っていないのに上位クエなどいけようはずもなし。とりあえずはしばらく下位クエをやることにした。未消化もたくさんある。

そののちしろくまさんとサイド狩りへ。今度はVCありでプレイ。今回狩猟日記がないのでメモをとっておきたいのだが、夢中でプレイしていると忘れる忘れる。忘れるたびにしろくまさんに「なんのクエいきましたっけ」と聞く始末。覚えていられない…モンハン認知症テストかよ…。何回きいたことか。

  • パオウルムー
  • アンジャナフ
  • 肉の塊運搬クエスト
  • 飛竜の卵運搬クエスト
  • オドガロン捕獲
  • ツボ貝採取クエ
  • カンタロス討伐クエ
  • ラドバルキン捕獲
  • キリン(初)
  • レイア捕獲
  • ツィツィヤック捕獲

などへ。運搬クエストはクルル腕をつけて二人でダーッシュ。大体2つ納品ということで、二人でらくらくである。なにより目をはなすとすぐに迷子になるAlphaを導いてくれるしろくまさんに感謝。なにしろ「Alphaさん、右です、右」「はい」(左へダッシュ)「右です」「すみません」といった塩梅。甲虫標本スキルをつけていると、カンタロスなどを攻撃しても飛び散らずに剥ぎ取りできて便利なようだ。いいなあ。

捕獲すると「特殊闘技場」のフィールドのクエストが出現するのだが、そのためにまだ捕獲していないモンスターを捕獲でクリアしていたら、キリンのクエストが出現した。MHWのキリンは初である。かなり手強そうだが行ってみた。

今までキリンというと古龍の中ではパターンが読みやすく、睡眠爆殺であっさり倒せる部類であったが、今作まだ睡眠武器を作っていない段階できてみたら強い。硬いのはもちろんのことだが、麻痺と落雷、突進などのコンボでかなりえぐいのだ。ソロだと間違いなく3死する…。うーむ難しい。ひたすらに頭を殴ってなんとか討伐には至ったが…。大タル爆弾Gを忘れてしまい、寝ているところにダメージを稼げず余計に時間を取らせてしまった。雷耐性はしっかりあげておきたい。

クリアすることで雷耐性をあげられる装衣を入手できる。なるほどこれがあればキリンも倒しやすいかもしれない。

イベントクエスト「野生の教え」

最後に、HORIZON zero dawnとのコラボイベクエが配信されているので、二人で行ってきた。内容としては難しくなく、翼竜バルノス8頭の討伐というもの。ただしその闘技場にはツィツィヤックがいる。HR6から参加できる。

今作のイベントクエストは期間限定配信で、DLしておいて受注する、というようなタイプではないようで、とりあえず2018年1月26日(金)0:00~2月9日(金)8:59の間にプレイする必要があるらしい。先行配信だけこの形式なのだろうか。

クリアすると報酬に「機械獣のレンズ」が含まれている。オトモ装備を一式つくるのに、3つあればよい。私は一個ずつしかでなかったので3戦やらせてもらった。

作成するとこんな感じに。ワンセット装備に防具がリストアップされている。「機械獣ネコヘッド」「機械獣ネコボディ」、そして武器の「機械獣ネコグラインダ」が作成可能。

1/27~28 MHW狩猟日記 この卵じゃねぇ

Posted on by .

1/27狩猟日記

仕事から帰宅後、ふぅさんとオンラインにてご一緒する。なんとなくフリークエストの採取クエストなんかを潰したいなと、サボテン探しのクエストを受注。ふたりでサボテンの場所どこだ~などチャットしつつ砂漠を駆け回る。よくみたらサボテンが密集しているところがあって、そこを二人で漁っていたらあっという間に規定数20個納品完了。拾うだけなので簡単だ。複数人数いればなおのことである。

そこにあかさん、ゆりさんも合流し、四人で卵運びのクエストへ行ってみた。ちなみに草食竜の卵納品クエストなのだが、私はまったく気づいておらず、一目散にレイアの巣へ走ってそこから必死に卵を運搬する。レイアがすごい勢いで追っかけてきて怒濤の攻撃を繰り出し、逃げつつBCに走ったものの卵を落とすもの、死亡者も出てしまった。

しかしかろうじて運び込んだ卵を支給品ボックスに納品したが、納品数が増えない。あれ?パニくっていると冷静なメンバーが草食竜の卵を拾って走ってくるのであった。あー!飛竜の卵と完全に勘違いしていた。草食竜の卵の場所もよくわかってなかった。のちほど探索で場所は確認しておいたが…申し訳ない。本日のモンハン筆文字は、この卵運びエピソードから。隠れ蓑を使うと楽らしい。

卵クエが終わった後、ふぅさんが落ちて3人でクエストへ。調査クエストのクルルヤック、ボルボロス&クルルヤックなど。解散後、MH3でご一緒していたunitroさんが来てくださり、ギルドカードの交換だけさせていただいた。また狩りにもご一緒したいものである。

風呂後、ソロにて任務の浮空竜パオウルムーの狩猟へ。笛で届かず時間切れの反省を活かし、上方へのリーチが長そうなチャージアックスで行ってみる。中々高出力を頭に当てられ無かったが、斧モードのときにうまくタテガミ?に当てられてダメージは稼ぎやすかった。操作はまだ不慣れだが、無事クリア。

そのまま瘴気の谷へ探索へ向かう。突如トゲトゲのウラガンキンが出現、これは骨鎚竜ラドバルキンというらしい。もっとあとに出現するモンスターかとおもったら、こんな早くに出てくるのか。行動パターンはウラガンキンに似てはいるが、ローリングで一旦停止して向きを変え、超高速ローリングしてきたり、横向きになってローリングしたりと近づくのが恐ろしい。震動攻撃もあるので気をつけたい。攻撃が痛くて、一撃で体力の2/3はもっていかれ、都合4回死んだ。探索なのでクエスト失敗にはならず、練習にはなるのだが難しい。ちなみに得物はハードボーンホルンIにてクリア。

討伐後はそのままドスギルオスとの連戦へ。ドスギルオスはコブラみたいだが4足歩行のモンスター。麻痺属性のキバを使ってくる。出現するエリアが瘴気の発生するところなのだが、狩猟笛の「地形ダメージ無効」を吹いておけば問題なし。動き自体はさほどいやらしいものはなく(麻痺は嫌だが)、ささっと討伐。このドスギルオスの頭防具に笛吹き名人のスキルがついているので、また作りたい。

さらに底へ降りていこうとするが、風漂竜レイギエナによって邪魔されてしまう。どうやらこのあたりはこいつのナワバリらしい。レウス格のモンスターなのだろうか。一旦戻ると工房のおっちゃんが特殊闘技場を作ったという。捕獲したモンスターのクエストができるかも、とのこと。防御力がまだ60程度で危なげだったので、ハイメタメイルを作成。耳栓がついた。

 

1/28狩猟日記

仕事から帰宅後、誰もいなさそうだったのでソロにてジュラトドスを討伐。しかし水袋は出ず。瘴気の谷や陸珊瑚の台地を探索してみる。まだ戦ったことのない、ツィツィヤックを発見し、戦闘にはいる。鳥竜種的なモンスターだが、えりまきというかたてがみというか、頭部の膜をひらいて、そこを発光させる能力を持っているようだ。しかしゲリョスやクルペッコ亜種のような全方向範囲閃光ではなく、向いている前方に向かって光は照射されるようで、背後にまわってしまえば喰らわずにすむ。

そのあとソロで試しにトビカガチへ行ってみたが、少し防御力があがったおかげか、尻尾で即死とまではいかなくなった。しかしまだ動きになれず、翻弄されている感はある。トビカガチ装備もつくりたい。しかしトビカガチってうしおととらに出てきそうなフォルムしているなあ。

風呂後、それいゆさん、しろくまさんと一緒に狩りへ。リオレイアの狩猟笛を作りたいのでレイア素材集めにクエストを春。幸い一回目に逆鱗を2枚入手。あとは毒袋が必要ということで、プケプケへ。ヴァルキリコーダー完成。白青黄なので、スタミナ減少無効などが吹けるのだろう。

あとはドスギルオスやアンジャナフをやったら0時過ぎだったので、翌日の仕事のこともあり解散。平日はなかなか落ち着いてプレイできない。早く休日になって欲しい。