モンスターハンターライズ、狩猟解禁!

Posted on
by .

本日3/26、無事モンスターハンターライズ(MHRise)が狩猟解禁となった。めでたい。ダウンロード版を購入していた私は11時半ごろからそわそわとしながら待っていた。0時からプレイ出来ると思って起動したのちに待っていた画面は

oh…

もしかして26日とはあるが、パッケージ版の店頭に並ぶ時間を考慮して朝7時とかに設定してあるのだろうかと思いながら何度か試していたら、TLでは起動できたという声もある。どうやら認証が集中してサーバー側が音を上げているようであった。それだけダウンロード版を購入したプレイヤーが多いということか。

次々にフォロワーさんらがプレイを開始しているのを横目に、私はしばらくログイン試行を繰り返していた。(連打ではない) 結局ログインできたものの、時間は0:25。そろそろ眠くなってくる時間帯である。

が、せめてキャラメイクくらいはしておきたい。なんなら操作チュートリアルくらいは終わらせておきたい。

そこから30分ほどかかって、いつも通りのキャラクター、つまりAlphaを作成。オトモアイルーとガルクも作成した。オトモに関しては最終的にはこの子たちは残すとしても主力はスカウトした子たちになるんだろうなあと、とりあえず見た目だけは好みに仕上げた。もう既に鬼籍に入っている愛犬の名前にした。

キャラクターの見た目はかなり細かく調整できるようだが、眠いのもあってか、やればやるほどどこで納得すればいいのかわからなくなってくる。結局途中で、もうこれでいいやと決定してしまった。まあいつもの見た目とそうずれてはいない。ただなんとなくMHWのときの顔はあまりしっくりきていなかった。それまでとの差が大きかったからだろうか。

ウツシ教官からカメラの操作を教えてもらう。

チャッピーがめちゃくちゃ写りこんできた。

とりあえずメインの武器は狩猟笛にした。今までもそうだったからだ。しかし今作の笛は強い、という前評判が多いので(トップは太刀だろうけれど)私もその前情報に踊らされた一人とみられているのかもしれない。上手く使えるならそれでもいいのだが、現実は非情である。

まずは村クエ(今回は里クエと呼ぶのだろうか)からやっていく。操作説明など諸々が終わって、クエストリストなどを見てみると結構仕様が変わったんだなあとしみじみ思った。

今回はセレクトクエストと言って、いわゆるキークエストに当たるものが明示されており、さらにはそれらすべてをクリアせずともよく、セレクトクエストから必要な数だけクリアすれば緊急クエストの出現条件を満たすという流れになっている。どんどんプレイヤーに情報を開示し、採取などについても明らかに「面倒と思われること」が削られて行っているのを感じる。

クエスト中のミッション的なサイドクエストというものも存在し、クエストを跨いでも、日を跨いでもいいのでセットしておいたサイドクエストの条件をクリアすれば報酬がもらえるというものも追加された。MHWにも名称は違ったが、似たものはあったか。フリーサイドクエストと依頼サイドクエストが存在する。最大5個セットしておけるが、とりあえずセットしておいて全く損はないので常にやっておきたい。特に物資不足な序盤は必須である。

採取クエストはMHWにあったか忘れたが、これもまた過去携帯機シリーズからするとなくなり、探索ツアーという形で実装されている。時間制限なし、何度力尽きてもよい、つまりはモガの森のようなものだ。MH3から始めた人間はすぐにモガの森を例えに出してしまうのだ(私だけかもしれないが)。

とりあえず寝る前にやったのはキノコ集めクエストの「おいしいキノコをくださいな」。マップに慣れること、翔蟲や操作に慣れることに重点を置いてうろうろしながら必死に動き回ってみた。が、難しい。本当に壁を登っていくのが難しかった。これを書いている現在は多少ましになったが、昨夜時点だと「これはもしかしたら途中で挫折するかもしれない…」と改めて思ったほどである。立体的な動きは本当に苦手なのであった。

しかし歩き回ってみると環境音が過去シリーズと比較してとても生々しく感じた。鳩の鳴き声っぽいのも思わず子供のころ風邪をひいて暗い部屋でひとり横になりながら聞いていたあの鳴き声と脳内でシンクロして妙な気持になったくらいだ。音質がいいのだろうか。

マップには「先人の遺物」と呼ばれるストーリーアイテムが存在する。おそらくバックグラウンドを読み解くヒントになるもので、各マップにいくつか点在しているようだ。これもすべて探し出していきたいものである。

他にシステムのあたりを見てみると、ペイントボールがなくなり、すべての大型モンスターが常にマップから動きを見ることが出来るとか、肉焼き器もクナイ(投げナイフにあたるもの)も砥石も消耗品や所持品ではなくなり常に持ち物として組み込まれているし、ツタはBボタン連打しなくていいし、ホットドリンクもクーラードリンクもいらないらしいし、諸々のことが省略されて行っている。

不思議な感じだ。これがユーザに向けた新しいモンスターハンターなんだなあと思いながらプレイしている。とりあえずすぐ目や肩に負担がきてしまい、今日にしてもあまり進んではいない。昨夜はキノコクエだけで撃沈(寝落ち)してしまった。

過去シリーズでここを読んでいたような方はすでにご承知かと思うが、ここはネタバレに一切配慮しない、そして淡々と記録を書き込んでいくブログである。攻略情報や正確な情報が書かれているわけではないので注意いただきたい。書いてあったとしても自分に向けたものなので、見る人からすればいろいろと不親切な点があると思う。こんなハンターも世の中にはいるんだなくらいの思い出読んでいただければ幸いである。

26日朝以降のプレイについては明日以降にメモや記憶を元に書いていくことになるだろう。ご興味がわいたら読んでいただけると幸いであります。

モンスターハンターライズ、狩猟解禁!」への2件のフィードバック

  1. コーヒー飲み

    更新お疲れさまです!
    毎回楽しみにしてましたがコメントは初めてです。
    結構難しくて苦戦してますが、慣れると信じて気楽に遊んでます。
    こちらの更新も楽しみにしていますね〜!

    返信
    1. Alpha 投稿作成者

      >コーヒー飲みさん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      こんなブログを楽しみにして頂いて恐縮です。
      モンスターに対応することもそうですが、自分自身のアクションがまだ不慣れで
      難しいですが、楽しんでいきたいですね!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA