7/10-11サンブレイク狩猟日記 電竜ライゼクス~棘竜エスピナス

Posted on
by .

7/10狩猟日記

休日、朝ディアブロスのクエスト「砂塵に潜む暴君」へソロで。太刀を持ち出して、居合などを練習してみる。心眼がついているので角ははじかれようが強引に折るまで斬り続ける。2本折りさえすれば確実に堅牢なねじれた角が手に入る。過去作では確定ではなかったので、一段レア度が低いものが出てはがっくりきていたものだったが、易しくなったものだ。フィオレーネ腹痛で倒れる。ウツシより入れ替え技2種ずつ一気に教わる。怒涛の研修会である。

緊急クエストは電竜ライゼクス

モンハンサンブレイクの体験版で一度戦ったことがある相手だ。その名の通り雷属性の飛竜で、MHXが初出。今回復活モンスターとして早い段階でPVに登場していた。ジンオウガと同様弱点属性は氷だが、肉質は全体的に硬め。帯電しているとやや柔らかくなった気がする。まあそれはジンオウガも同じか。

体験版の予習があったのでなんとか狩猟。一番苦手なのは雷柱ブレスか。あれの動きは一定なのだろうけど、どうも覚えられなくて被弾してばかりいる。その回復の時間が短縮できればかなり早く終わる気がするのだけど。HR313にアップ。

午後クロード氏と狩り、途中からやもきうさんも合流。ヤツカダキ、オロミドロ、ベリオロス、ナルガクルガ、ベリオロス、クロード緊急ルナガロン、ナルガ・レイア・マガド、フルフル2頭、タマミツネ、リオレウスと進めて二人同時に緊急クエストのライゼクスが出現した。以前は緊急クエストに関しては受注者のみがクリア扱いになったものだったが、今は参加していればクリアしたことになる。よって二人は同時にクリアとなった。

夜、盟勇クエストのアルロー教官クエへ。相手はセルレギオスである。まだ今作では戦っていなかったので、これが初見なのだった。MH4Gでこれでもかというくらい狩った記憶があるが、さて。当初は苦手だったが、足が割合柔らかく、転倒しやすいモンスターという印象があった。あと裂傷は面倒。スライディングで裂傷も発生していたものだが、今作で同じ攻撃を喰らったが裂傷にはならなかった。たまたまか? あくまで刃鱗に接触したときに裂傷になるのかもしれない。あと治るまでの時間が早くなったような気がする。

あと盟勇クエストのジンオウガ(ウツシ教官)も行ってみたものの、尻尾を切って捕獲ラインまでいって、さて罠をかけて捕獲…と思ったら3死してしまった。クエスト失敗した気持ちを抱えたまま就寝する。というかウツシ教官叫びすぎでは

 

7/11狩猟日記

午後昨日失敗したジンオウガクエをリベンジ。ルナガロンの氷属性操虫棍を作成してしっかり対策。二回目とあって無事クリアできた。双剣ウィルを作成可能に。続けて盟勇クエストの「木々焦がす稲妻」(ライゼクス、ヒノエと)へ。

 

初顔モンスターの溶翁竜オロミドロ亜種にまだ行っていなかったので試しに行ってみたが、出会ってあっという間にキャンプおくりになってしまった。元々オロミドロは苦手だがこんなにあっさり負けるとは…。ゴギョウ装備だったので属性やられにはならなかったものの。3way溶岩やら尻尾突き出し攻撃、あれこれ全部くらう。慣れなければ。一応クリアはできた。原種も亜種も難しい。

夕方クロード氏とセルレギオスをクリアしたところ、緊急エスピナスが出た。完全初見なのでソロで一度やってみたいと伝え(了解を得る)、代わりにジンオウガへ行って夕飯落ち。風呂後にソロでエスピナスへ。

 

棘竜エスピナスはMHFで初登場したモンスターである。MHP2Gでヒプノックが輸入されたのに次いでの2頭目だろうか。その名の通り体表はいばらのとげを思わせる。飛竜種で骨格はレイアなどと同様とは思うが、そのブレスはただの火炎ブレスではない。毒と麻痺毒が入り混じったもので、喰らえばそれらを同時に受けてしまう。MR級の攻撃がそのあと続けて入れば死んでしまう。私みたいに避ける自信がないハンターはせめて麻痺無効はつけていきたいところである。

クエスト開始時はかならず巣で寝ているようで、攻撃を加えていると起きて怒り出す。そりゃそうか。怒り状態になると赤っぽく変色し、肉質が柔らかくなったように思う。非怒り状態だとかなり硬めな印象だ。

太刀で行ってみる。尻尾は切りやすい太さではあるし、実際切断はできたものの、怒り突進(3連)が激しくて1回死んでしまった。とりあえずクリア。大物を相手したなという感じで本日は終了。こんな感じでMHFのモンスター、全部とは言わないのでピックアップして輸入してもらえると嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA