投稿者「Alpha」のアーカイブ

7/9配信イベントクエスト「百竜夜行:泥土の進軍」!(お祭りセット)

Posted on by .

7/9(金)に新しく配信されたイベントクエストは「百竜夜行:泥土の進軍」

 

イベントクエストとして配信される百竜夜行のクエストとしては初である。HR4以上で参加できる上位クエストとなっている。ビシュテンゴとオロミドロの2部構成で、エリアも1つなのでそうややこしいことはない。が、百竜夜行は久しぶりにプレイする。(最近はサブキャラを作って1からやっているので里クエをちまちまやっている程度だった)

サブ任務はたぶんやる度ランダムで決定されるのだろうけど、ひとりでわたわたやっていたらバリスタ撃退とか気絶とか逃した感がある。撃龍槍か破龍砲で撃退は難しくなかろうか。何かコツがあるのかもしれない。

オロミドロは先日のポップカルチャーからの登場スパンが短い。昨日サブキャラでもやっと里のオロミドロも倒せたということで一息ついたのにまた泥遊びである。そして尻尾が痛い。いやAlphaで百竜夜行なら、反撃の狼煙で完全に憂さ晴らしのごとく撃退できたのでよかったか。

クリアすると開放要素としてスタンプセットの「お祭りセット」が追加される。

りんごあめがかわいいのだった。

7/2配信イベントクエスト「夜の湿地で化かし合い」!(死んだふり)

Posted on by .

7/2(金)に新しく配信されたイベントクエストは「夜の湿地で化かし合い」。変換候補が「バカ試合」なのは勘弁してほしい。何をするのだ。

上位クエストでHR8以上でないと参加できない強化個体クエストである。メインターゲットはオオナズチ。強化古龍の先陣を切ったのは、古龍勢の中でも登場情報が早かったナズチであった。場所は水没林。他にいるモンスターは変動する。

一回目はとりあえず全身バルファルク装備にホルマゼンタ(笛)で、龍属性で攻めていく作戦であったのだが… オオナズチの攻撃が思った以上に痛い。開始早々に少し削られた後にのしかかりを喰らってしまい2回も死んでしまった。

そこから慎重に行ったつもりだったが、強めの毒ブレスを吐きながら暴れまわる攻撃であえなく3死(17分)。つよい。ナズチの動きにまず慣れていないと、ダメージが大きすぎて回復薬を飲みまくる羽目になる。それもどこまで持つか。

 

二回目は反省して生存重視で向かうことにした。困ったときの自動回復装備+回復笛である。殴りながら回復をかけつつダメージを与えていく。ダメージは当然一回目ほどの効率はないが、事故死は減る。毒にかかったところで体力回復を吹けばグン、グンと回復していく。入れ替え技はもちろん共鳴珠である。地味に音響攻撃が遠隔で出るのでダメージもちまちま稼げる。

 

のしかかりも避けられるようになってきたし、当たったとしてもすぐ回復薬Gを飲めばほぼ秘薬を飲むのと変わらないほどの回復力だ。一度毒も相まって危なかったが、死なずに済んだ。かなり長期戦になってしまったが、23分半で狩猟成功。

クリアすることで、ジェスチャー「死んだふり」を手に入れた。

使うと呻いた後、前のめりに倒れる。ウツシ教官に向かって死んだふりをしてみたのだが、反応は芳しくない。たまに手を差し伸べるような動きをしてくれるのだが。弟子が死んでるねんで

とりあえず強化個体の古龍、ということで、私には手汗がやばいクエストの一つなのであった。

5/28-6/4狩猟日記 ヌシ・ジンオウガとヌシ・ディアブロス初

Posted on by .

5/28狩猟日記

イベントクエスト「人魚竜は妖麗に舞う」とチャレクエ01の配信日であった。ブログを書いたのち、やもきうさんと狩りへ。ヌシ・ディアブロス、ウツシ教官5、タマミツネ、オオナズチへ。弓の練習もしつつ、HR160に到達す。

「高難度・いざ挑め、覇者の行列」に挑む。メインターゲットはラージャン、バゼル、マガイマガドの闘技場クエスト。ラージャンはさておき、バゼルとマガイマガドをうまく誘導してぶつけ合い、できるだけ体力を削らせてクリア。しかし手に汗握った。22分半。

クリア報酬として「炎の封眼」が作成できるようになった。

 

5/29狩猟日記

仕事後、Keityさん、奏さんから狩りのお誘いあり。HR上限解放を目指して進めているところらしい。私も武器練習しつつお邪魔させていただくことにした。ジンオウガ、風神、リオレウス、ヤツカダキと順調に進めたのだが、最後のヤツカダキはあと少しというところで通信エラーになってしまった。クリアできることを祈ってクリア。

夕飯後はやもきうさんとクロード氏と狩りへ。淵源、ヌシレウス、高難度・マガイマガド&バゼルギウス、オオナズチ、ウツシ教官4(ティガレックス&アンジャナフ)へ。有難いことにナズチやアンジャナフの玉がよく出た日だった。

 

5/30狩猟日記

朝ソロで太刀の特殊納刀居合の練習で、タマミツネをひたすら狩る。難しい。水玉を一個入手。夕飯後クロード氏とKeityさんと狩り。イソネミクニ、アケノシルム、クシャルダオラ、ゴシャハギ、大剣の型(ビシュテンゴ2頭)、ラージャン、盾斧の型(ロアルドロス&ジュラトドス)、ディアブロスへ。

 

5/31狩猟日記

夜ニンジャソード装備でヌシミツネ、初のソロにて挑戦。回避性能を付けているせいか、気持ちよく狩れる。無事クリアできた。

マロさんから狩りのお誘いがあり、参加する。ロアルドロス、ゴシャハギ、ヌシ・ジンオウガ(初見)へ。ヌシ・ジンオウガは片手剣で回復薬G片手に怯えながら戦っていた。高レベル金雷公を思い起こさせるジンオウガである。しかしG級でもないのにこの激しさ、今後どうなってしまうのだろう。とりあえず死なずには済んだ。

クロード氏合流してクシャルダオラへいき、その後マロさんのお知り合いのH氏(名前を出してよいか聞くのを忘れていた)合流。バルファルクへ行き、HR180に到達。最後に百竜ヌシ・ジンオウガへ行き終了。楽しい狩りだった。

 

6/1狩猟日記

ソロにてゴシャハギ。雪鬼胆は出ず。野良で2戦やるが出ず。就寝。

6/2狩猟日記

仕事後、夜やもきうさんとクロード氏と狩りへ。オロミドロ、バルファルク、オオナズチ、クシャルダオラ、ゴシャハギ、ヌシオウガ、百竜ティガへ。ゴシャハギ戦で雪鬼胆を入手。なかなかでない印象。いやそれよりもオロミドロの玉はまだ未見である。

 

6/3狩猟日記

休日、朝から太刀ソロでゴシャハギへ。その後野良で2戦ほどやってみる。カウンターを当てる練習である。お金が少し貯まってきたので、百竜笛の無属性攻撃旋律のものを作る。ティガ笛などで十分なのかもしれないが、見た目がガンズ=ロックのものを作りたかったのである。あと回復笛も作成した。続けてソロでゴシャハギ、ヌシ・ディアブロスなどへ。笛でヌシディアソロクリアは嬉しい。

 

回復笛で野良マガイマガドや野良バルファルクへ、回復しながら殴り続けているとクリア。20時過ぎからクロード氏と狩りへ。ボロス&プケプケ、テオテスカトル、バゼルギウス、テオ、レイア捕獲、ヌシレイアへ。テオのたてがみが揃って達人芸の装飾品が3つ作成できた。しかし剛刃研磨の方が使いやすいか? 寝る前にやもきうさんと少しペア狩りへ。弓ふたりでマガイマガド、テオテスカトルなど。

 

6/4狩猟日記

イベクエ配信日で「雪風に舞う朱の唐傘」。ブログ更新後、野良でクシャルダオラにて玉1個入手。ソロでヌシ・ディアブロスへ、今度は回復笛装備にて。19分でクリアし、HR200に到達す。

6/25配信イベントクエスト「泥の翁とポップカルチャー」!(ブラックレザーレグス)

Posted on by .

昨日Ver3.1.0にバージョンアップ。6/25(金)に新しく配信されたイベントクエストは「泥の翁とポップカルチャー」。上位クエストで泥翁竜オロミドロ1頭の狩猟である。参加条件としてはHR8以上なので、上位にあがってもすぐに戦えるわけではない。

場所は砂原。同じく泥を使うボルボロスが登場していた(ランダムかもしれないが)し、割と早い段階で合流してくれるので、操竜でうまくダメージを稼ぎたいところ。とにかくいまだに私はオロミドロの攻撃範囲やタイミングがつかめておらず、しょっちゅう尻尾攻撃で吹っ飛ばされているのだ。特にあの大きな泥玉を持った状態での尻尾を突き出す攻撃は避けている、あるいは逃げているのにあたってしまう。動きを覚えると楽だよとは聞くが…。

 

1回目は狩猟笛で行き、いつも通り戦って2度ほど死にかけ…攻撃力が高い。当たらなければいいのだけど難しい。回復オトモに助けられたのだった。14分ほどで狩猟。オロミドロの玉がなかなか出ないので、このイベクエで手に入ったらいいなあと思っていたら案の定出なかった。まあそんなものだ。

このあと2回目は弓で行ってみたが12分捕獲。討伐まで進めても似たようなタイムだろう。あと操竜でうっかりオロミドロに乗ったまま大技をぶっ放してしまった。乗り換えるつもりだったのだが。

 

クエストの特殊報酬は「ワイルドな黒革」。MH3くらいから存在するこの手の黒革パンツシリーズだが、毎回少しずつ性能が変わっていっている。

 

今回はスキルが「翔蟲使いLv2」があって、LV3スロットが1つ耐性はオール+2である。ブラックレザーなので火事場系スキルかと思ったが意外なスキルが来た。蟲使いは正直そこまでつけづらいスキルではないので装備に組み込むかというと…難しいか。重ね着として作るのはいいかもしれない。過去シリーズでしろくまさんが履いていたイメージが強い。

5/27狩猟日記 奇しき赫耀のバルファルク

Posted on by .

EDを見て一区切りとなったが、HR100を超えていたためすぐに次の緊急クエストが出現した。相手はMHXXの看板モンスターであったバルファルク…の、特異個体らしい。

「奇しき赫耀のバルファルク」というのがその個体の名前である。本来非常に高いところにしか登場しないモンスターなので、この子は低地にも現れる特殊なものだという。PVで見たのはあのおなじみの赤い彗星のような襲撃である。MHRise版でも私は逃げ惑う。

ともかくも龍属性の塊のようなモンスターだ。属性武器や状態異常武器は被弾すれば無属性武器になってしまうので、とりあえず攻撃力が高い武器を持ち出した。バゼル笛。淵源と同じではあるが、攻撃大が吹けて攻撃力が高いのはこれとネイティブホルンなのだ。属性やられになっていたとしても十分かと判断した。いちおうウチケシは持っていくが。

うーむ懐かしい。一応MHXX HDバージョンはSwitchにあるので、それで遊べるのだが数年ぶりの再会である。

戦ってみた感じ、翼のリーチが妙に長く感じる。とにかくこれが当たる。あと回転攻撃も前は回避行動でさっと避けていた記憶があるのだが、避けられない。当たる当たる。あと龍属性爆破が爆発する前の時間がやや長くなったように感じた。これはちょっとよけやすくなったようにも思うが。前はすぐ爆発していなかったっけか。

襲撃は一発喰らってみた。体力満タンならなんとか持ちこたえる(龍耐性を上げていたかもしれない)。マップを見てくるくる動いているのが止まったら飛んでくるので緊急回避、というのがいいらしい。ガードできるんだろうか。いや無理か。出来ない方が演出としてはいいなあ。

笛が強いおかげでなんとかクリア。オトモ(おいも)の回復も助かった。

翼の叩きつけ連発など、MHXXの頃のモーションを覚えていたのもあって極端に理不尽な思いはしなかった。離れるとかえってやり辛く、ガンナーでやるのは私は苦手かもしれない。

尻尾を切るため太刀でもやってみたがクリアできた。(ただしとどめはリオレウスの攻撃であった)

初見は0死で倒せたのに、今回は苦戦した。ぎりっぎり。ビギナーズラックというやつだろうか。

バルファルクをクリアしてHR150にアップ。緊急をクリア時に高難度クエストがいくつか追加された。まだ現時点でも全部はクリアできていない。バルファルク素材で各種古龍の武器が強化できるようになったりしていて、これは素材とお金を貯めていかねばと思う。

野良で淵源をやってみたのだが5回ほど失敗、バルファルクも2回とも失敗。ソロの時に比べて体力が上がるせいで、事故率が上がってしまうようだ。数時間かかっても素材がほとんどたまらなかった。しかし粉塵まき散らしながらなんとか勝利に向かうのは緊張感があって楽しくもある。

夜にやもきうさんの緊急淵源やバルファルクへ。HR155にアップ。

5/27狩猟日記 百竜ノ淵源

Posted on by .

5/27狩猟日記

アップデート3.0当日。9:15頃アップデートを確認。一応以下、現在のところラスボスとされているクエスト等のネタバレ(一か月近くたった今、もういいのかもしれないが)があるので畳んでおこう。といっても、さほど多くを書いてはいない。

続きを読む

6/18配信イベントクエスト「破滅の鳥竜?」(モンスターハンターストーリーズ2コラボ)

Posted on by .

本日6/18(金)に新しく配信されたイベントクエストは「破滅の鳥竜?」下位☆1の狩猟クエストで、メインターゲットは鳥竜種であるドスバギィ、オサイズチ、クルルヤックである。場所は闘技場。

 

下位なので難易度については特筆すべきポイントはない。しいて言うならドスバギィの睡眠液にテンポを狂わされるのが嫌であれば、睡眠無効をつけていくと気楽かもしれない。最初ドスバギィとオサイズチは同時に出ている(ついでに小型のイズチもいる)。クルルヤックは後程合流。上位武器でガンガン行き過ぎると、先に2頭狩猟後からクルルヤックさんの準備ができるまで待つことになるだろう。

このクエストの特異なポイントはBGMとSEである。このクエストは来る7/9に発売される「モンスターハンターストーリーズ2~破滅の翼~」のコラボレーション企画である。そのストーリーズ2のBGMやSE(クリア時のファンファーレ、BGM)が用いられているのだ。いつもと少し違う感じを味わえる。

 

クリア報酬は「秘密の変装ツール」

 

この報酬を使って作ることが出来るのが、オトモの重ね着装備「なりきりツキノ」である。必要素材は「秘密の変装ツール」を4つ、「鎌鼬竜の端材」を2つ。上下セットなのでこれでそろう。

 

ツキノさんの見た目はなかなか可愛らしいのですぐ作成した。(ねこじゃらしで遊んでる)

6/11配信イベントクエスト「称号・シノビの心」!(トビカガチ/ベリオロス/ナルガクルガ)

Posted on by .

6/11(金)に新しく配信されたイベントクエストは「称号・シノビの心」。HR4から受注できる★7の上位クエストである。メインターゲットは闘技場でのトビカガチ、ベリオロス、ナルガクルガ。いずれも素早い動きが特徴のモンスターたちだ。相手の攻撃属性は雷と氷だが、個人的には雷耐性が低めなら気絶耐性は忘れずつけておくと安全かなあと思った。私はついていない装備で行って、乱戦で気絶しまくった(避けられる人なら問題ない)。

 

名前を挙げた順番でモンスターは登場するが、基本同時2頭になっていく。私はトビカガチとベリオロスの乱戦になってからは二頭とも体力に青マークがつくまで弱らせて、ほぼ同時に討伐した。落ち着いて剥ぎ取りしたいからである。2頭とも弱っていたなら罠を置いて捕獲すればいいのだが、そこまで頭が回らなかった。片方だけ弱っているときに罠を置くと、たいてい捕獲できない方がかかるのだ…あるあるか…。

 

ともあれ20分前に3頭目のナルガクルガを討伐。火力装備ならもっと早いのだろうけど、生存重視の装備で死ぬことはなく安全に。ただ、前述のとおり気絶耐性つけておけばよかったかなとは思った。オトモが全然助けに来てくれなかった…

クリアすることで、忍者関係の称号が増える。ギルドカードに設定可能。サイズについては特に更新がなかったので普通なのだろうと思う。

5/22-25狩猟日記 弓や他武器の練習

Posted on by .

5/22狩猟日記

朝歯医者へ行く。治療後ソロでバゼルギウス。さんざん爆発で吹っ飛ばされ、ソロで連戦する気に慣れず野良にて4戦ほどする。ようやく玉を部位破壊報酬で入手。バゼル笛を使ってヌシ・アオアシラへ行ってみると11分で狩猟できた。私にしてはかなり早い。

夕方Keityさんとナルガクルガ、ベリオロスを狩りに行く。その後寝る前に弓装備を試しに作ってみたのだがスキル構成に悩んでいた。体術のついているお守りでスロットが空いているのが「体術LV1、火耐性LV2、スロット2-2-1」であったので、体術LV5、スタ急LV3、連射矢強化LV3、弱点特効LV3、_属性強化LV5、火耐性LV2」を作成。集中がないがステップで皆なんとかしているのだろうか。

 

5/23狩猟日記

帰宅後、やもきうさんとオンラインへ。やもきうさんは普段双剣を使われているが、別武器もと太刀や弓の練習をするらしい。私は武器を変えつつ同じく練習する。途中からクロード氏も参加。

  • マガイマガド 弓で行ったが2回死んだ、危ない。
  • ベリオロス
  • ジンオウガ
  • マガイマガド 尻尾から玉を入手
  • ボルボロス
  • ディアブロス

弓はスタミナ管理難しくないだろうか。すぐにスタミナが枯渇する。過去作こんなにスタミナ消費していたっけか。一応過去作でも、使いこなすまで行かずとも使っては来ていた…が、あれだけスキルつけておいてもスタミナが切れる。照準合わせるまで時間がかかっているのかもしれない。

 

5/24狩猟日記

百竜弓(氷・連射)を作成してみる。先日の装備に合わせてだ、しかしまあ難しい。チャージステップで連続攻撃をしていると、すぐにスタミナがなくなる。

夜、c2さんの狩り部屋へ。マロさん、はっしぃさんもいらっしゃった。

  • テオテスカトル 失敗
  • テオテスカトル
  • オオナズチ
  • アケノシルム&イソネミクニ

古龍系の肉質が過去作と微妙に違っていて、立ち回りを身に着けていかねばと思う。

 

5/25狩猟日記

夜、ウツシ教官其の三(マガイマガド・ナルガクルガ)、ディアブロス、ディアブロスと狩って終了。ハンマーやチャージアックスの練習をする。チャージアックスはまだA溜め斬りして溜めてチャージして開放の動き(過去作の)しか出来ておらず、鉄蟲糸技とか組み込めていない。

あとあのチャージしてジュイイィィンとチェーンソーみたいにする技を使ってみたいけどチャージが分からない。実用的かどうかはどうでもいいので、ギアーズみたいにチェーンソーしたいのだ、私は。

6/4配信イベントクエスト「雪風に舞う朱の唐傘」!

Posted on by .

本日6/4(金)に新しく配信されたイベントクエストは「雪風に舞う朱の唐傘」。上位(★4)のクエストで、HR4以上で受注できる。メインターゲットは寒冷群島でのアケノシルム狩猟である。

個体としては通常のもので、特別な仕様はない。攻略中で防御力低めであれば火耐性を上げておけば火球のダメージ軽減にいいのだが、どちらかというとぐねぐね曲がりながらの突進の方が被弾率が高い。私の場合は、だけれど。

狩猟笛で行ってきた。後方攻撃がいい感じに入った時、ダメージが220ほど出ておお、となった。気炎発動していたっけか微妙なタイミングだったが。

最後はガガガッと気炎の旋律で〆。クエストクリア画面だがアケノシルムがほとんど写っていなかった…。

クエストをクリアすると、スタンプセットの「フクズクセット」が追加される。チャットメニューから使用可能。この手のイベントクエストは一度クリアしてしまうと行く理由がなくなってしまって惜しい。ちょっとお金たくさんもらえるとか金冠出やすいとかだと繰り返し行くこともあるのだろうけど。

入手できるスタンプはこの4つのよう。あまりネタも思いつかずスタンプは使えていない。

そういえばフクズクはその名と見た目からして、フクロウとミミズクからモンスターハンター世界に生まれた生き物だ。そもそもフクロウとミミズクの違いはというと、種としてはあまり違いはないらしい。一般的には羽角(うかく)という耳のような毛の突起があるものが「ミミズク」とされている。羽角といえば、キジの頭の後ろ毛みたいなちょんとハネているあれも、羽角である。

アオバズクのように羽角がなくミミズクとは呼ばれないものもいたり、逆にフクロウにも羽角があるものもいたりする。詳しくは鳥類の図鑑などをご覧いただきたい。(私は平凡社の「日本の野鳥590」2000年初版を眺めていました。)