7/24~28狩猟日記 フレンドさんのHR上限解放へ

Posted on by .

7/24狩猟日記

夜、Pさんと引き続きキークエスト攻略を進める。ヨシュアさんがお手伝いに来てくださり、二頭クエなども行ける予感あり。もう順番に貼っていってもらうことにした。途中でそれいゆさんも来てくださり、四人ともなると心強い。

  • イビルジョー
  • ティガレックス
  • ラージャン HR625
  • ディノバルド&グラビモス
  • アグナコトル&ドボルベルク
  • 蠢く墟城(Pさんの緊急クエスト) HR626

HR上限解放の終盤ラッシュ。夜これくらいの時間になると寝落ち率がいつもながら高い。最後のアトラル・カ戦では完全に途中で寝落ち、してははっと気づいて攻撃、寝落ち…時間がかかったのはそのせいです申し訳ない。お三方の奮戦によりクリア。PさんのHRは40にあがった。

これでまた色々と行けるクエストも増えたのでガンガン狩りましょう!

 

7/25狩猟日記

キークエスト進行中のフレンド、Kiyoさんと、昨日解放したばかりのPさんと三人で狩りへ。目的はKiyoさんのランク上げである。HR10から11にあがるのにラオシャンロンがいるため、これは出来れば多人数で失敗せずに行きたい。

  • ガノトトス
  • ババコンガ
  • 巨大龍の侵攻(Kiyoさん緊急クエスト)アルバ弓で
  • ベリオロス 風化弓で
  • ハロー遺群嶺
  • 騎士と密林の夢
  • 氷海のすばらしい氷
  • 暑い熱い砂漠 HR628

HRを11にあげてからもそのままキークエストへ。ベリオロス+四天王を倒したところで休憩に入り、終了となった。

 

7/26狩猟日記

さて大将でモンハンでもしようかと夜久しぶりにお酒を飲みながら、もらいもののホタルイカの浜干しを食べていたら、ワタ(腸)の塩っ辛いところが気管に入りかけ、その入口にへばりついてしまったようでノドに激痛が走る。むせる。涙を流しながらえずくが、一向に収まらない。ひたすら水を少しずつ飲んだりしていたが、痛い、痛すぎる。最近こういうのが多いのだが、この歳で嚥下障害か。結局翌朝になって少しましにはなったが、それまでゲームもなにも出来ず。

 

7/27狩猟日記

この日は不定期定例カルドのためモンハンはなし。詳細は先日の日記を参照。

 

7/28狩猟日記

イベントクエスト「古の白き神」の配信日。詳細はこちらのエントリを参照。

夜それいゆさんと狩りはじめたものの、ビールを飲んだら眠い眠い…誘っておきながら2クエでダウンしてしまった。獰猛セルレギオス、渾沌ゴアで終了。渾沌ゴアの双逆鱗がほしいのだが、これは引換券も使えないので出るまで頑張るしか無い。出ない。HR629。

7/28配信イベクエ「古の白き神」!

Posted on by .

本日7/28に新しく配信されたイベントクエストは「古の白き神」。崩竜ウカムルバスがメインターゲットとなっている。例によって強化個体と思われる。野良の4人PTに入れていただき、一回行ってきた。ひと部屋目は残念ながらキックされてしまったが、ふた部屋目の方はOKとのこと。

強化個体といっても4人がかりで回復にも気を遣って、となると割と危なげなくクエストはクリアできた。レンキンスタイルの方が赤強化まで持っていってHP自動回復、一回落ちてきた氷でド根性発動してしまったが、即粉塵が飛んでくるといういたわりのお部屋…。ウカムは頭の弾肉質が極端に柔らかいので、うまく通常弾を当てていくと結構体力を削れる。はず。咆哮中はチャージショットのクリ距離無視の的である。上手い方々で尻尾も切断、各部位も破壊してクリア。ありがとうございました。

報酬金保険なしで誰かが1回死んでしまったが、それでもPT全体は崩れることなく攻撃し続けることが出来た。潜行突進も太刀の人はブレイヴのカウンターを合わせて処理していた。うまい。

報酬に変わったものは出てこない。剥ぎ取りで一個崩天玉が出たのが嬉しい。

来週のイベントクエストは「滅びの伝説に挑みし者」。ミラルーツが相手である。ミラ系の強化個体はきつそうだ…。11日が祝日なためか、その前日木曜日の10日に配信となる。

 

7/22~23狩猟日記 キークエストお手伝いと定例カルド

Posted on by .

7/22狩猟日記

この日は前日配信されたイベントクエスト「心を照らす畏怖の光」へ、野良にて参加。イベクエの詳細はこちらのエントリーを参照のこと。

夜、それいゆさん、8等兵さん、途中からc2さんと狩りへ。しかしc2さんが来てくださったときにはかなり眠くなってしまっていて、最後のクエストは寝落ちしまくりだった…意識とぎれとぎれ。

  • 巨獣の侵攻
  • 遺群嶺獰猛ジョー HR621
  • 金雷公G5 ラージャンハート1個ゲット
  • 朧隠G5

巨獣の侵攻を貼ったのは、刃牙双剣(素手)の強化素材のため。あとはGケルビなどを狩って、皮を集めるか。

 

7/23狩猟日記

ヨシュアさんと上位クエスト回し部屋をたてて、ひたすら二人で上位クエへいく。かなり沢山行ったため、最初の方に行ったクエストをメモし忘れていた。上位獰猛素材狙い。獰猛ディノ、獰猛タマミツネ、獰猛ライゼクス、獰猛ガララ、獰猛ゲネル、獰猛ガンキン、獰猛レウス、ゴア・マガラなどなど。15クエくらいか?私は素材不足&未クリアクエの消化のために大将で参加。結構埋まってきてありがたい。まだまだ残っているのでまたやりたいところ。

夜Pさんと狩りへ。G級キークエストを進めたいということで、ヘルプを呼びかけたところ、ヨシュアさんが来てくださった。

  • ハロー遺群嶺
  • 暑い熱い砂漠 HR623
  • 騎士と密林の宴 捕獲寸前でPさん回線切れ、そのまま続行してから合流
  • 氷海のすばらしい氷
  • ベリオロス ヨシュアさんと私、二人W風化弓で
  • グラビモス ヨシュアさんと私、Wドロスギニオンで
  • 天を貫く凶星(緊急クエスト)PさんHR12にアップ

きりが良かったのと、0時だったのでここで終了して解散。バルファルクをクリアしたところでいよいよ次のクエスト群もきつくなってきたように思う。

 

7/27定例カルド日記

久しぶりに呼びかけて定例カルド。定例とは…。モンハンで交流のあるウィルさんがほとんどオンライン対戦をやっておらず、久しぶりにやってみたいとのことで、1枚挿しルールでの対戦。アイルトンさん、ふみひこさんと私、ウィルさんの四人対戦となった。私も久しぶりなのでとりあえず四人で区切り。

マップはスパイダー・フルモーフ、8000G制限Rなし40秒、ブリードあり(1枚)。1枚挿しでブックを構築するとなると普段主力カードとして複数枚入れているものが入れられない。分散する。ではもう少し戦略に柔軟性を持たせて、フルモーフだから単属性にしぼって… なんて考える私ではない。今は夏、(学生は)夏休み。だから夏休みブックでやろうと思った。

対戦は実際スパイダー1戦、モーフライアンドノーマルで2戦やった。前2戦が敗け、最後だけ1位だった。勝ったのも単に運がよかったのが大きく、勝因分析が難しい。

ふみひこさんに「あれはどこが夏休みだったんですか?」と聞かれたので、勝負が終わったあとにアップした、解説付きブック紹介である。

まず夏休みということで、「山」や「海」といったイメージのカードを列挙し、1枚ずつ挿すとなるとやはり水に偏った。海の生き物っぽいものなどがメインとなる。サメとかクラゲとか。

茹でたとうもろこし(コーンフォーク)は私が好きでよく食べるので入れた。風属性単独だが、突っ込ませて収入に替えるのもありかと思い入れた。

火属性と無属性では花火枠に二枚、リビングボムとクリーピングフレイム(使わなかった)。夏休みの自由研究でよくあったアリの観察から、ハイヴワーカー、ハイヴクイーンなど。アングリーモブはLIVEで盛り上がった(過熱しすぎた)ファンたちというイメージ。ブリードカードはお年玉をそのまま使ったが、本当は名前を「ぼくのなつやすみ」とかにするつもりだったのだ。忘れてた。

アイテムカードとスペルカードは基本実用性から組み込んだが、組んだあと見てみると、夏祭りのお面っぽいのがアングリーマスクやHW6、アイルトンさんから指摘があったマナは水着のお姉さん、ブラックアウトは肝試しなんかもある。夏といえば星の観測、彗星、と連想してアステロイドもありだったか。マジカルリープはいつも4枚いれているが、1枚ということでHWやフロートシジルで足スペルの強化を図った。有効には使えなかったが。

人との対戦に慣れないと、中々その場で狙うべき人(最適解かそれに近いもの)を的確に選択するのは難しい。時間制限もあるし。シャッターは入れたが、正直全員の手札から適切なタイミングで適切なカードを除去するのはいつも悩んで失敗している…。メタモルもしかり(シャッターよりはわかりやすいか)。1位を止めるには&自分が上がるにはを並行して考えながら、その行為で他のセプターがどの程度利を得てしまうか、ということも考えなければならない。ならないというか、考えたほうがよい。せっかく自分が苦労して除去した障害を利用して、漁夫の利をかっさられてしまうのは悲しいし…。しかしその選別眼や勘のようなものは、私は実際に対戦して考えることが一番近道かなあと思っているので、また対戦はやりたいところ。他の人は座学でイメージできるんだろうか。脳内で展開を作っていける能力が羨ましい、私は詰碁や詰将棋の類が、全くといっていいほどできないのだ。イメトレとか全く意味がわからない。しているつもりでもできていない。

今回敗けたときは7999Gまで行って、あとはゲートに着けばクリアだったのだが、そこから妨害で一気に半分以下まで魔力は下落。守りきれなかった。もう少しレベルアップのタイミングはずらすべきだったか?いやしかしあの魔力に到達したの自体は、攻めれば落とせるところを見逃されたため得た魔力だったのでこれもまた勝てる試合ではなかったろう。

最後に勝ったのはふみひこさんが一気に試合を決めに行ったところであと少し足りなかったタイミング、そこでLVアップとゲートINで決まったもの。そのLVアップの魔力と、魔力妨害はほとんどブリードカードのお年玉によるものであった。攻撃成功時に魔力を奪い、戦闘終了時に魔力を得る能力。設置したところでスタチューにされるのはわかっていたので、やられない、かつ倒せない程度のクリーチャーをふんだ時に出しまくっていた。110Gで出して200G程度の収入なので、実際はたいしてもうからないのだが、相手をだいたい-100Gするので自分との魔力差は結構縮められる、ような気がする。でも多分ティアマトやらで土地を奪ったほうが早いか。だがそんなカードはいっとらん。

やらかしたミス、他にもあった気がするが

  • ふみひこさん(1位)のボーテックスのかかっているLV5ストーンウォール、横付けしたイルカでチェーンソー持って斬りかかろうとしたらボーテックスかかってるから武器使えないやーんアホかー
  • ふみひこさんのボーテックスのかかっている何か(なんだっけ)HP90にアングリーモブでオラァST90出したるぞおおってつっこんだらボーテックスだからST20やーんアホかー

など。ボーテックスは(存在を)確認したのに(覚えているはずの効果を)確認してなかった。反省ス。

7/17~21狩猟日記 大将のアームキャノンXX装備も完成

Posted on by .

7/17狩猟日記

はたと気がつくといつの間にか時間どころか日にちが経っている…。恐ろしい、もう7月が終わろうとしている。今年の17日は海の日。

午前中、みりあさんがドスギアノスの最小金冠を狙うという話をされていたのでご一緒することに。自分のブログで最小金冠が出たときの日記をみたら、イベントクエストの「雪山に咲け、恋の花」で出たとある。確認するとこれ確定で最小金冠らしい。まずは二人でそれへ行き、金冠ゲット。大将だったのでHR173にアップ。ここであかさんが来られて、そのままクエスト回しをする。

「天を廻りて、冥界に堕つ」へ行っていると、c2さん来室。その後は金雷公G3、鏖魔G4、影蜘蛛ハンティング(最小金冠)と行きお昼となった。HR175にアップ。

夜はPさんと狩りへ。途中Kiyoさんが来てくださり、三人でクエストを回す。主に二人のキークエストが中心である。

  • 砂漠の水面に潜む影
  • ババコンガのキノコ品評会
  • 漆黒の影 HR613
  • ネルスキュラ
  • 至宝の林檎王?
  • 転んで跳ねて
  • 閃きへの1ピース
  • 嗚呼素晴らしき也、鬼蛙
  • 洞窟に潜む影
  • 緊急 ラオシャンロン PさんがHR11にアップ、Kiyoさん抜け
  • 獰猛テツカブラ 失敗
  • テツカブラ捕獲クエ
  • テツカブラ狩猟クエ

キークエストを進めてラオシャンロン(初見)へ、タックルで潰されたりしたが、なんとか3死する前に討伐完了。パターンゲームではあるが、最初だと相手が大きすぎるのもあって事故死が多いものだ。無事HR11にアップ。そのあとカブラX一式を作りたいとのことだったので、テツカブラ連戦へ。最後寝落ちしかけだったのでその前に解散する。

 

7/18狩猟日記

夜、Pさんと昨日の続きということでテツカブラを数戦。まだもう少し足りないが、時間も遅かったので解散。

 

7/19狩猟日記

夕方、ヨシュアさんとアームキャノン作りに上位メトロイドクエ(獰猛ガルルガ)へ。私は大将が持っていなかったので、大将で参加する。サブターゲットが尻尾と背中だったと思うが、狙っていないとそのまま倒してしまうこともあり。サブでもコインは出るのでクリアはしておきたいところだ。しかしメイン報酬で1枚ずつしか出ない…。一方、ヨシュアさんは2戦で10枚も出たらしい、うらやましい。私は2戦で2枚やで…。

そのあともう一回やったが、時間切れとなり退室。その後時間のあるときにソロで追加3枚確保。そして獰猛ガムート素材も取りに行っておく。専用装備はお守りの関係でAlphaと同じにはできなかった。弾薬節約を装填数UPに変更する。

夜はPさんと先日からの続きの狩りへ。毎日のように誘って、疲れてらっしゃるところを申し訳ない。最初のテツカブラ一戦で素材は集まったようで、カブラX一式が完成。カブラX一式は、「抜刀術【力】、耐震、スタミナ急速回復」が発動する。

そこにそれいゆさんが来てくださったので、クエスト回しへ。

  • ジンオウガ
  • ババコンガ2頭 HR620
  • 二人で特訓、成果は山分け
  • 獰猛ケチャワチャ

ここで時間切れとなり、寝落ちする前に就寝する。

 

7/20狩猟日記

大宮ソフトから激突!ハニワールドが配信さる。DLして少し触ってみた。チュートリアルと思われる2の最終まではなんとかクリア。アリーナはその時接続しても誰も引っかからなかった。タワーディフェンスゲーム。大宮ソフトさんを応援したいが、スマホゲーは正直手一杯なのであった…。

大将のアームキャノンXXを完成させるため、まずはソロにて上位獰猛サボアザギルへ行き、獰猛な氷塊を入手。獰猛な電気袋だったかも必要だったので、獰猛フルフルへ。最後に欠けていた素材はラージャンハート…これは激昂ラージャンのレア素材である。剥ぎ取りや基本報酬で出るようだが、果たして。野良で連戦のつもりで参加したら、いきなり剥ぎ取りで入手できた。天鱗などよりあっさり出てくれて嬉しいかぎり。これでアームキャノンXXが完成した。

その後数戦炭鉱ブラキで試し撃ちをしたところ、使い勝手はやはり良好。烈光弾速射とチャージショットで十分やれる。が、多分弾薬節約をつけて烈光弾速射をうちきるくらいで倒せるので、あまり変わりはないのかもしれない。とりあえず先述の通り、Alphaと構成が少し異なるが「通常弾強化、特定射撃強化、弱点特効、超会心、明鏡止水、装填数UP」である。

夜にはヨシュアさんと上位クエスト回しを。素材集めだろうか、私は大将の未クリア上位クエストなどを貼らせていただいた。上位獰猛大連続ともなるとG級装備でも危ないシーン多々あり。

  • グレートハンターゲーム
  • 青く渦巻く登竜門 HR183
  • 凍てつく牙は獰猛に
  • 沼地酔夢譚
  • 極秘依頼!獰猛なる溶岩竜!
  • 青く渦巻く登竜門

7/21狩猟日記

この日は先の日記にも書いた通り、スプラトゥーン2の発売日である。なので朝からスイッチと同梱版を買いに行き…略。イベクエの配信日でもあったのだが、とりあえずスプラ2に四苦八苦していたら夜になってしまった。ナワバリバトルは敗けてもポイントが溜まってランクが上がっていくので、武器などは解放していけるのだが、一向に上手くならないのにランクだけが上がっていくのはモンハンと同じだなあと思うた。

7/21配信イベクエ「心を照らす畏怖の光」!/スプラデビュー

Posted on by .

昨日7/21(金)は新しいイベントクエストの配信日であった。配信されたのは「心を照らす畏怖の光」。強化個体のシャガルマガラがターゲットである。場所は例によって禁足地。

野良にてプレイする。先週のミラバルカンは場所も心境も地獄の如しであったが、シャガルマガラはMH4から戦闘回数は私も含めてみな多いと思うので、少しだけ気が楽である。足元がぴかぴか光るあの攻撃だけは未だにいやらしくて嫌いなんだけれど。

通常個体よりは強化されていると思われる。剣士でも怒り状態の攻撃を食らうと半分いくかいかないかくらいにまでは減らされる。連続攻撃を受けないようにしたい。通常個体なら火力で押しきって短時間討伐するのにヘビィボウガンを担いでいくこともあるのだが、今回強化個体で体力も多めだろうから無難に双剣にした。研ぎ払いで躱せるのは大きい。せっかくだから尻尾も切っておく。一緒に行ったハンターさんたちは、ヘビィボウガン、太刀2だったか。

2回事故死があったが、クリア。報酬金保険は互いのフォローがどの程度かわからない野良ではよく付けるスキルだ。これかど根性である。

報酬は特に変わったものはなく…ソロで一応一番強いであろうシャガル個体との対決用クエと割り切る人が多そうな感じである。渾沌ゴアってイベクエで出てきたっけ…まだか? あれも出てきそうではあるけど(うろ覚え)。ご一緒した野良の方々、ありがとうございました。

来週7/28(金)に配信されるイベントクエストは「古の白き神」。ウカムルバスである。ウカムの強化個体…うーん轢かれて死ぬかブレスで死ぬか…アカムとどちらがきついかと言われるとアカムだけどウカムは戦闘経験が少ない。

それにしても最近、夏らしくはあるが暑いのでプールか海に行きたい。

プールでウカムごっこ by MIU on pixiv

ウカムネタでこんな絵を描いたこともあった(7年前)。まだP2Gとかやってた頃か。ざばーっとやりたい…。

 

Splatoon2発売

ニンテンドースイッチは持っていなかったのだが、昨日スプラトゥーン2発売にあわせて本体と同梱版を購入した。おまけでイカウチワもらった。どうも無線が上手く繋がらず、予め買っておいた有線LANアダプタのおかげで諸々設定完了。

スプラトゥーンはWiiUの初代を見送った結果(本体もなかったので)、周りがすごく楽しそうに皆はまっていったのを指をくわえて見ているだけだったのだが、今回は乗り遅れず参加しようと買ってみた。TPSで塗り面積で勝負したりするらしい。

しかしこのTPSが難しい。実際昨日やってみたが、難しすぎてまだ楽しいという感覚にまで至っていない。まず目がついていけないし、照準が思ったところに行かず、気がついたら真上に向かって撃ちまくりながらぐるぐる目を回して、その間にやられるというループ。

チュートリアル代わりとなっているヒーローモード(シングル)で練習するといいですよーと教えてもらい、とりあえずそれを進めている。今11までクリアしたところだ。ステージとしては三つ目。入り口を探していくパズル要素おもしろい。さきに見つけてしまえば、あとはメニューから飛べる。しかし攻略はゴリ押し気味である。別に敵全部倒さなくてもいいのかなあと思い。

オンラインでのバトルにもちょっと参加してみた。しかし結果は先述の通りであり、誰かと出会うとほぼ100%やられる。(たまに他の人が援護してくださり、倒せたこともある)難しい…。知らない人に画面の向こうでボロクソに言われるのはいいのだが、フレンドさんと一緒にやってこうも死んでばかりで復活から数十秒で死んで復活のループばかりでは、向こうも楽しくなかろう…。面白そうではあるのだけど、あとは慣れか。

どこかのポイントを乗り越えれば楽しくなるはずなので、それまで頑張るしか無い。なのでフレンド募集はまだしていない。発売前から一緒にやりましょうと声をかけていただいていた方には申請送ったけどうまくできてるかどうか。とりあえずしばらくやってみよう。

7/13~16狩猟日記 エリアル弓/HR600

Posted on by .

7/13狩猟日記

連射弓の隻眼弓を作ろうと思い立ち、持っている素材で強化していくと、Lv4の証が保持数0であった。二つ名の証系は大体3や4あたりの在庫がなくて強化できないことが多い。MHX終盤ではLv10などは貼られることはあっても、低レベルのものは逆に貼られることは少ない。しかしだからといって簡単というほどでもない、というのが面倒なところだ。G級装備で行けばソロでもそう難しくはないだろうとさくっと1戦して完成。どうも同じ武器ばかり担いでいると飽きてきてしまうので、こうしてとりあえず作ってしまう性分である。あとから気づいたが、曲射が爆裂型なため、ブレイヴスタイルでPT戦時には使いにくい。ブシドーがいいか。

その後野良でブラキ炭鉱へ向かう。マカフシギの壺にいれる分のおまもりがなくなったためである。10戦ほどやっただろうか。私はブラキ炭鉱の装備は最終的にヘビィではなくアームキャノンXXに落ち着いている。弾の補充があまり必要なく、手軽だからだ。烈光弾速射をうちきるくらいで終わる。最初その武器を担いでいるのは私だけだったが、連戦していくうちにアームキャノンXX率が徐々に上がっていくことが多い。メンバーは違えど…。アームキャノンXXが侵食していく様が、なにやら面白く感じる。

まだ出ていない最小金冠は二つのみ、ババコンガとバルファルクである。どちらも村クエで出るので、村上位のババコンガをしばし連戦する。12回ほどやったろうか、しかし出ない。バルファルクも出ない。

夜、Elさん、千代さん、しょぼんさんの部屋にお邪魔する。寝るまでの少しだけだが、クエスト回しに参加させていただいた。

  • 暴飲暴食ご用心 ブレイヴドイヌキ HR592
  • 無茶苦茶ムシャクシャ ランス
  • 先生の鬼門は獰猛な影蜘蛛 弓
  • 天眼G3 弓 HR593

イビルジョーはうまくはまると貫通弓が強い気がする。今まで弓でいくときは、連射で弱点狙撃をするよう心がけていたが、貫通もこれはこれで。ハプルボッカは硬直が多いのでストライカーランスでのスクリュースラストがきめやすい。これも楽しい。

7/14狩猟日記

本日もババコンガを少々連戦。しかし最小金冠出ず。

エリアル弓の装備をひとつマイセットを潰して作成する。エリアルスタイルにおける跳躍時、A-A-Xで空中三連射ができるのだが、その時の溜めレベルはどうやら溜め2固定らしい。つまり溜め2の射撃レベルは高めのものを選んだほうがいいということだろうか。飛燕の強化が乗る攻撃でもあるので、拡散矢強化と飛燕、乗ったときのための乗り名人を組み合わせて考えた。スキルは「拡散矢強化、飛燕、乗り名人、挑戦者+2、キノコ大好き(5スロ)」とした。組み合わせとしては微妙かもしれないが、そう使う装備でもなさそうなのでこれくらい遊んでもいいだろう。集中を切ったのは、跳躍射撃が主だからである。アクセルレインで一応立ち射撃面はカバーしたつもりだ(気休めだが)。

武器はどれにするかというと、スロがあって溜め2の拡散矢レベルが高めのもの、ということで「フィロゾフボウ」を選んだ。攻撃力330、スロット2、溜め2で拡散4となり、強撃L2や麻痺瓶を装填できる。エルダーボウを強化した先ということで作成も容易な方である。ドボルベルクなどで試しに行ってみたが、なるほど乗りやすい。滞空時間がびっくりするくらい長いのだ。バシッバシッ…バシッ…。しかし火力としては、やはり普段使っているものには劣る。乗りでサポートする、というスタイルと割り切ればPTでも楽しかろう。また、背中への射撃という点では他の武器で狙いにくいところを積極的に攻撃できるし、ネタ装備とは思っていない。

この日はイベントクエスト「伝説との戦い」の配信日。強化ミラバルカンのクエストである。EX黒龍チケット・紅が手に入るということもあって何戦も野良にて挑んだが、難しいクエストだった…。クリアできたのは野良では最初の1戦だけだったか。詳細はこちらのエントリーにて。

あまりにクリアできなくてイライラが噴出したため、その怒りを家の窓ガラス拭きにぶつけた。水垢などもきれいになり、体を動かしたことで心地よい疲労感。皆もモンハンでイライラするようなことがあったら、掃除するといいと思う。掃除した結果がわかりやすいのがいい、磨いてぴかっとするようなもの。しかし、失敗したことの反省にまで至らないのが私の上達しない原因でもあろう。失敗した要因の分析とフィードバックが苦手なのは、仕事面の使えなさにもはっきりと現れている。ただ自己を責め立てて感情的に落ち込ませるだけでは、臆病さを助長させるだけで前向きな上達には結びつかない、ということはなんとなく思ってはいるのだけれど…。

夜、寝る前にはみりあさん、ヨシュアさん、みりあさんのフレンドさんらと狩りへ。まずはこの日配信された「伝説との戦い」へ挑む。1回目は私以外初見とあって失敗してしまったが、2回目はリベンジ成功。つよい。ヨシュアさんはとりあえずこのクエストだけ、ということで離脱。

  • ドボルベルク エリアル弓で HR595
  • 伝説の黒龍
  • 隻眼G3 HR596 それいゆさんくる
  • ティガレックス
  • 炭鉱ブラキ HR597
  • ババコンガ
  • 終末の時 HR598

いい時間になったので就寝。

 

7/15狩猟日記

野良にて適当な部屋で狩りに参加する。お手伝い募集部屋だったと思うが、ディアブロス1戦、ラージャン1戦に参加。部屋主さんはHR12だったか、多分キークエスト攻略の途中だろう。ラージャンは少し久しぶりな感じで、やたら被弾が多くあまり貢献できなかった気がする…。

夜、部屋を建てて誰かこないかなーと待っていたら、HUNさんとのがどさんが来てくださった。のちほど8等兵さんも参加。

  • 隻眼G4(隻眼・ラージャン) HR599
  • 紅兜G3(紅兜・獰猛ババコンガ)
  • 燼滅刃G3(燼滅刃・獰猛ディノ) HR600
  • 銀嶺G3(銀嶺2頭)HR601

この日、HR600を迎えた。プレイ時間も大体毎作品800時間あたりを超えるとプレイが失速気味(周りも少なくなる)になる頃合いである。失速と行っても、のんびりまだ次回作が出るまでやりつづけるので問題ないのだが。999まで行けるだろうか?大将と並行しているのでそこまでいかないかもしれない。

7/16狩猟日記

この日はオフ会だったので、それについてはこちらのエントリにて書いた。

 

7/12狩猟日記 「メインターゲットを達成しました」(天眼、青電主、鏖魔)

Posted on by .

先日から引き続き、二つ名四天王へ挑戦してみる。

天眼タマミツネ

次は天眼タマミツネである。テンガンではなくテンゲンと読む。クエスト開始時は眠っていることが多く、そこに爆弾を置いて最初にダメージを稼ぐのがセオリーか。ただしふわふわ浮いている泡に触れると起きてしまうので注意したい。2個連続で置こうとするとひっかかりやすい。罠師があれば別だろうけれど。

今回はブレイヴ弓で挑戦。武器は海賊王Jラダーボウ、スロ3の連射弓である。強撃ビンはLV1のみだが、スロットのおかげでスキルは盛りやすく割と使いやすい。イベント武器にしては攻撃力もそこそこだと思う。最終的には他の弓(スキュラ弓や真名弓、隻眼弓など)に食われがちだが、個人的にはデザインも気に入っているため、結構使っている。スキルは「連射矢強化、集中、弱点特効、超会心、弾薬節約、キノコ大好き」である。キノコ大好きは通常「特定射撃強化」にするのがベターであろう、ブレイヴならなおさら。マンドラゴラとクタビレタケがぶ飲みスタイルの私はキノコを選ぶ。狩技は回避手段も兼ねて身躱し射法Ⅲ、これとイナシで大体は避けていく。

連射矢で狙うとしたら基本は背中と、サブタゲの頭だろうか。あとは天眼特有の毛づくろいで、その部位がかなりやわらかくなるので、それで出てきたらそこを狙う。毛づくろいで弱点特効が発動するようになる部位(肉質45)は、左前脚、後ろ脚、尻尾である。常に背中は肉質45となっている。属性は雷がいい。個人的には尻尾が大きくて当てやすいのでそこを狙うようにしていた。

行くクエスト自体G1であることもあってか、獰猛タマミツネのような疲れ方はせず無難に乗り切れた印象がある。とはいえ一度天眼状態のジャンププレス(たたきつけ?)で1死した、が、私にしては上出来だ。近接だとまた感覚が変わるだろうが、弓だと少し離れて相手の動きを見ることが出来る分、回避に余裕が持てたように思う。残り29:31で捕獲。

 

青電主ライゼクス

引き続き、次の四天王のひとり、青電主ライゼクスへ挑む。とはいえこちらはもうガチガチの専用装備があるのでむしろ安心感がある。何度も書いている気がするが、ドラゴン一式+ベリオ太刀で斬れ味レベル+2、業物、根性、ココットの心、護法。しかしG1だと根性発動する手前で耐えて、連続攻撃で死ぬことはあるので注意したい。根性は超特殊級用か。

ブレイヴ太刀なのでライトニングブレードなどの大技にはカウンターで対応し、…そちらに気がいくと尻尾振りに対応できず被弾多め。尻尾刺しからの電撃は前は対応できていたのに今回くらいまくる。しかし護法のおかげで麻痺も気絶も無縁!雷耐性も30オーバー!死なない!あとはごりごり押していくのみ。

残り29:34で捕獲。死なずにクリアできた。図らずもタマミツネとほぼおなじタイムでのクリアであった。

 

鏖魔ディアブロス

ついに私のMHXX最終目標の鏖魔ディアブロス戦となった。レベルはG1である。通常のディアブロスに行動は準じてはいるが、二つ名とあって攻撃モーションはかなり多彩だと思う。特に後半の狂暴走状態に関しては、ずっとディアのターンかと思うくらい連続攻撃が続く。

一応専用装備は組んできてあり、「高級耳栓、業物、根性、回避距離UP、飛行酒場の心」とした。武器は素紫ゲージの確保できる白疾風の笛・天風を選んだ。(攻撃大、防御大など吹ける)が、属性の効きは水がいいらしいことをあとから聞いた。ミツネ笛なんかでもよかったか。それならスキルの高級耳栓を火力スキルにしてもよかったと思う。回避距離UPは抜刀状態で突進範囲外へ逃げるのに有用であった。

殴る部位だが、事前に肉質を調べてくるのを忘れてしまったので、大体はお腹や脚を狙って殴っていた。鈍器といえば頭がセオリーではあるが、ディア系は頭が極端に硬いのでソロでは無理に狙わなくてもいいかと判断したのである。今調べてみたら背中、翼、腹部が肉質42で比較的柔らかめではある。ただし弱点特効が発動する部位は皆無なのでつけてこなくてよかった。

最も気をつけるべきは咆哮後である。高級耳栓がないと硬直するが、その硬直状態を狙ってハイスピード突進をかましてくる。発売前の動画で見ていたとは言え、実際に体験するとあのもどかしさは筆舌に尽くしがたい。はやく!にげて! なので旋律やスキルで聴覚保護はつけておき、咆哮中に攻撃するにしても、吼え終わる頃には退避した方がいいだろう。

あと飛びかかりドリル潜行は思いの外ホーミングしてきて、避けたつもりがふっとばされているという事態が頻発した。なんだあれは。狂暴走状態だとそこから死に繋がりそうなので回避手段を考えておくべきであった。

しかし後半の目印である狂暴走状態への移行、これがなかなかならない。30分、35分と時間がたったところでようやく激しい咆哮とともに明らかに圧が変わる。そこまでなんとか死なずについてきた私だったが、狂暴走状態になった途端、相手のスキを見誤り1死。なにしろ3回、4回、5回に1回くらいしか殴れないのでは? 大技の水蒸気爆発後の息切れタイミングしか殴れないのでは? という始末である。さらに2死目計上。強い…圧倒的強さ…。閃光玉を使えばもう少しチャンスはあるようだが、今回は持ってきていない。

オトモを連れて行ったので、なんとかターゲットが散ってくれて回復することもできたが、オトモなしだと多分連続攻撃で4死しているだろう。あとオトモが火竜車で結構怯ませていた。すごい。私の攻撃だと中々怯んでくれないのだが…。あとオトモがスタンも取っていた。すごい。私頭なぐってないのに…。

ここまで進めてきたものの、残り時間が10分を切り、どんどん追い詰められてくる。追い詰められているのは、私であった。報酬金保険があるのであと1回は死んでも大丈夫とは言え、BCから復帰するのに時間がかかる。残り時間5分となったあたりで足を引きずり始めた。罠はあったし捕獲でもよかったのだが、最終目標のクエストだったのもあり、そのままぶん殴って起こした。その一撃で倒すことができればベストだったのだが、そうも行かず。しかもまあそこから激しい攻撃が再開してしまい、一瞬捕獲すればよかったかと後悔の念がよぎったが、叩きつけにて気を払う。粉砕せよ!殺せかし!殺せかし!

残り4:22にて、討伐成功。私のMHXXメインターゲットが達成した瞬間であった。

この日はそのあと寝る前にc2さんの部屋にてクエスト回しに参加。

  • 紫毒姫G3
  • 天眼G3 HR583
  • 天眼G5 HR584
  • 鏖魔(超)クエスト失敗

最後はまさかの鏖魔だったが、超はやはり強い…即死級すぎる。もっと動きに慣れないといけないなと思うた。

7/16モンハンオフ日記(ナイショの雲龍型 編)

Posted on by .

7/16はお昼頃からモンハンオフに参加してきた。3連休中日とあって、会場はかなり混雑しており、人数が多いからと言って二部屋予約するのは難しそうであった。早々に募集を定員で打ち切った幹事さんは懸命だったと言えよう。今回参加されたメンバーは、マサさん、Shinyさん、RYさん、DSKさん、のがどさん、ぬこさん、よんちるさん、wataさん、メンノンさん、JUNさん、chさんら、別オフで以前ご一緒したEMさん、初参加のYMさん…今回は抜け、ないだろうか。全員とご一緒したわけではないので抜けていたりするかもしれない。椅子が足りなくて床に敷物を敷いて…という時間帯すらあった。適当なタイミングでくじでメンバーシャッフルを行いながらクエスト回しやランク上げの手伝いなど。

1組目 EMさん、RYさん、マサさん、私

EMさんがHR12ということで、キークエストをクリアしていく部屋である。しっかりマカフシギの壺を満杯にしてから向かう。

  • ディアブロス 大剣で
  • イビルジョー ブレイヴ弓ドイヌキで
  • ラージャン 笛で
  • ディノ&グラビモス エリアル弓で HR602
  • アグナ&ドボル アグナ笛で
  • 緊急アトラル・カ 笛デアマンテで

もう解放前のツメの段階だったので、ちょうどきりよく解放まで至った。イビルジョー戦では4人も居ると転倒や麻痺肉などのタイミングも余裕もってブレイヴ弓剛射しまくり。あっという間に終わった。しかしラージャン戦では乱入してきたベリオロスにわたわた…。アグナドボル戦では中々使う機会のないアグナ笛を担げたので満足。何が満足って、一応アグナ笛の旋律の一つである火耐性アップが活かせたことだ。火属性武器でありながら火耐性アップの旋律、このミスマッチは解消してほしいところだ。ドボルには火も効くのでちょうどよかった。最後のアトラル・カでEMさんはHR70に上がっていた。おめでとうございます。

2組目 RYさん、私、EMIさん、途中からぬこさん

RYさんは未クリアクエ埋めか、ニャンタークエへ。グラビモスの背中破壊は乗りとブーメランが適当か。ニャンターはここ数週間で久しぶりに使ったので中々狙ったところにブーメランを当てられたかどうか…。このクエのあとぬこさんが参加。

  • 電撃キリン
  • 燼滅刃G3
  • 凶賊ゲリョス(上位3頭)
  • 死神は鎧をまとう

キリンクエでは重射弓で遊んでいたのだが、間違ってブレイヴで来てしまった。確認せずに納刀継続射撃をしたら爆裂…しっかりぬこさんが見ていて「爆裂だぁー」と突っ込まれてしまった。近接一人だったとはいえ、吹っ飛ばすとまずい。べちん、べちんと角ねらいで撃っていった。ぬこさん曰く、ブレイヴゲージを溜める上では、爆裂型はやはり着弾して爆発しているエフェクトを当てるのがいいらしく、落下していく矢を当てるだけではあまりたまらないらしい。あと隻眼弓もうっかりブレイヴで行ったら爆裂型ではないか…。

3組目 DSKさん、RYさん、私
  • 上位オストガロア
  • 紫毒姫G5(黒炎王、ライゼクス、紫毒姫) クエスト失敗
  • ニャンタークエ ドスギアノス2頭
  • 上位オストガロア
  • 紫毒姫G5 クリア
  • ニャンタークエ アルセルタス

DSKさんはオストガロア大剣の素材のため上位オストガロアを、RYさんは先程から引き続きニャンタークエ埋めを、私は紫毒姫G5を貼る。

紫毒姫G5はこれまた中々きついクエストで…禁足地で罠の使えない状況下で黒炎王やらを相手にする必要がある。これは絶対にソロで行く気にはならない…。途中からライゼクスが乱入してくるのでなおさらだ。私はドラゴン一式で斬れ味レベル+2、業物、根性、ココットの心をつけていった。死にたくナーイ。しかしまあ実際のところ根性が発動して助かるというのは稀で、大体その一歩手前まで削られて死ぬことが多い。

DSKさんは大剣使いだが、最近は弓の練習をされているとのことで、失敗して行き直した紫毒姫やニャンター以外は大体弓でプレイされていた。R溜めの操作方法を選んでいらっしゃるので、自分とはまたかなり指の動きが違う。

4組目 Shinyさん、EMさん、私、途中からメンノンさん
  • アトラル・カ
  • 獰猛ババコンガ
  • ババコンガ2頭
  • 牙狼クエ(金レイア、ジンオウガ)

まず玉狙いでShinyさんがアトラル・カを貼ってから、私が獰猛ババコンガ(重尖爪と金冠狙い)、EMさんが続きでババコンガをはったあたりでメンノンさんが来室。差し入れにラムネをいただいた。ラムネが好きだということをそういえば日記に書いたっけか。ありがとうございます。好きなメーカーの話の途中で中断してしまったが、私が好きなラムネメーカーは春日井製菓。「いろいろラムネ」をよく買って食べている。

牙狼クエはかなり痛いクエで、まだ開放して間もなく、装備も強化しきれていないEMさんにはきつかったかもしれない(怒り状態の一撃で即死)。が、なんとかクリア。おかげで大剣が強化しきれそうである。クエスト途中で他の組からぬこさんの「頭(ず)が遠い、頭(ず)が遠い!!」という声が飛び込んできて気になって仕方なかった。頭がたか…遠い…?ミラボレアスでも行っていたのだろうか。確かに頭が遠い。

この組分けが終わった辺りで17時過ぎとなり、EMさんやYMさん他何人か帰られた。

5組目 私、RYさん、JUNさん
  • 金雷公G4(金雷公と紅兜)
  • 森丘ナズチ 大宝玉1+1入手
  • 獰猛ミツネ 操虫棍にて
  • ウカムルバス ハンマーにて1スタンなんとか取れた
  • コナンセルレギオス 笛で

金雷公はこれでG5まですすめることが出来た。あの動作がゆっくりとした長いサマーソルトの当たり判定が今ひとつよくわからない。毎回大逃げしている…。そしてオトモの紅兜が恐ろしい。コナンセルレではJUNさんと二人が笛をそれぞれ担ぎ、確かJUNさんがライゼクス笛で私は臨界ブラキ笛であった。攻撃小・防御小をキープしていただきながら、こちらは状態異常無効と加護をキープ、という取り合わせで行ってみた。セルレギオスだとバランスのいい組み合わせだったと思う。

別組のDSKさんが「ウンリュウに行きたい」とおっしゃっていたが、う、雲龍

RYさん他の指摘で「カスミリュウ」のことと判明。雲龍、霞龍、たしかに3DS画面だと結構潰れていてわからないものも多い。例えば閣螳螂と闇螳螂とか。

ちなみに雲龍型とは、相撲で言えば土俵入りの型のひとつで「雲龍型」と「不知火型」の二つが有名である。稀勢の里など多くの横綱は雲龍型を選んでおり、不知火型を選んだのは最近だと白鵬などか。雲龍型は縁起が良い、という謂れも在るらしいので、古龍の大宝玉にあやかることができるかもしれない。…はっ、もしやDSKさんはそこまで見越して雲龍と…?

あと有名なのだと艦船で「雲龍型」が存在する。航空母艦として竣工したもので「雲龍」「天城」「葛城」が存在する。詳細は調べていただければその建造の歴史や当時の情勢を知ることが出来ると思う。艦隊これくしょんにもその三つの艦は実装済みである。(もちろん不知火型艦船もある)

他には京都にある臨済宗の「天龍寺」では「雲龍図」という天井画も存在する。

6組目 メンノンさん、Shinyさん、のがどさん、私
  • イベクエラージャン
  • 銀嶺ガムートG4(銀嶺&獰猛ドドブラ)
  • アトラル・カ
  • 紅兜G3 HR612
  • 炭鉱ブラキ

最後の組分けでは個人的ここのオフ会メンバーでの古参メンバーと同じ部屋となった。私がここに参加することになった3Gの頃からいらっしゃる方々である。のがどさんは先日オンラインでもご一緒したが、ひたすら紅兜を貼っておられる。どうも聞いていると「紅兜の天頂怒髪」が欲しいらしい。一応G3~G5だと部位破壊で30%、超の部位破壊で70%、G5の報酬3-5で50%、超の報酬3-5で50%だそうだが…全く出なかったらしい。ハマってしまっている…。イベクエラーでは岩陰からステップしてきたラージャンに轢かれて1死。最後の炭鉱ブラキは残り時間ぎりぎりに1クエ…ということで貼らせていただいた。特にめぼしいものはなし。

そのあと残った人でご飯を食べてモンハンの話など。全部は覚えていないが、TAの話や操作、スタイル、武器に関することが多かったか。よんちるさんやRYさん、Shinyさん、マサさんは席が離れていた。あちらは何の話をしていたろうか。

皆の操作を見てみたいよね

いくつか拾い上げると、先程も書いた気はするが「(3DSの)操作は一般的に考える以上に、人それぞれ違う」ということ。単純にパネルカスタマイズやオプション設定にとどまらず、ガンナーであればエイミングのタイミング、発射までの時間やそのカバー…それまでの、エイミングに至るまでの動きそのものがそれぞれのガンナー個人個人によって異なる。

無駄な溜め時間が存在せず、相手の攻撃をかわすというよりも「すでに躱して攻撃の準備に入っている」というメンバーもいる。その姿はあまりにもシンプル、…シンプルということすらはばかられる程に、無駄が削ぎ落とされているがゆえに、第三者からは簡単に見えてしまうという。よんちるさんのことらしいが、一度操作しているところを見てみたいものだ。今日はご一緒できなかった。

弓の話だったが、R溜めの欠点というか、操作上の難しさがその一連の会話であらためてはっきりしていた。人差し指でR溜め、左親指でアナログパッド、右親指で仮想十字を操作してしまうと、相手の攻撃にとっさにBボタンを押すのが難しいのではないかということ。X溜めの場合は親指の第一関節でBボタンを押せるので回避もしやすい。(AでもOK)しかし私も弓の動作は我流で適当にやっているので上下のエイミングに関してはXで溜めながら、R長押しで射線を出して狙ったり…多分これは冗長と言われるのかもしれないが。Rボタン長押しで射線を出したら私は立ち止まってしまって、左十字キーで上下合わせしていることに気づいた。これも結構危なげか。

ああ、でもその場の最終的な結論、操作方法については「ヨソはヨソ、ウチはウチ」ということで落ち着いた。あくまで参考程度で、最終的には自分がやりやすいやり方が一番である。あまり真似するということもそうだし、参考するにしてもそれに執着する必要はないだろう。

スタイルと狩技について

一般的なものは置いておいて、もっと活用方法を掘り起こしてみようという感じで意見の出し合いがあったのがJUNさんとのがどさんとの会話でである。例えば「鉄鋼身」、まともに使ったことのない狩技だが、これは60秒間、のけぞり無効(ふっとばしはNG)、受けるダメージ1/2、ダッシュ不可になるもの。回避行動は取れるので、頭に張り付いていっきにスタン値蓄積を狙うというやり方はありでは?という話など。金剛身は1/4にでき、ふっ飛ばしすらされなくなるが、ダッシュも回避もできなくなり、効果時間は半分の30秒というネックもある。これは蟲纏いと合わせてひたすらボンバーマンというテクニックが有名だ。鉄鋼身でのふっとばされない程度の攻撃をする相手で、頭に張り付くのだとどのモンスターが相手になるだろう…。

ちなみに金剛身でもエリアルで踏みつけ跳躍は出来たりするらしい。かなり痛そうだが。

狩技といえばライトボウガンのチャージショットは通常弾Lv1という文言に皆、冷めた目を向けがちだが、なかなかモーション値は悪くないらしい。確かに溜め3で30+30のモーション値で10発、弾の消費なしで撃てるのだ。しかも弓のように溜めながら移動できる。最近ついボウガンというとヘビィを使いがちだが、ライトも使っていこう。

他にも色々と話しはしておられたが、とりあえずこんな感じだろうか、記録としては。会場の問題など考えることはあるが…。あと初参加の人に耳掻きしすぎは禁物を進める必要は…!普通に引かれるだけかと思われる。よ。皆よくこれ(私)に付き合っているなあと感心してしまう。

7/14配信イベクエ「伝説との戦い」(GXミラバルシリーズ配信)!

Posted on by .

本日配信となったイベントクエストは「伝説との戦い」。G級紅龍ミラボレアス亜種(ミラバルカン)が相手のイベントクエストである。イベクエ版ということで通常より強化されている、と思われる。思われるというか圧倒的にめためたにやられたのだが…PTで私だけ。

場所等の条件は通常と同じである。溶岩島なので炎熱適応(南風の狩人)を組み込むのもありか。1回目は野良にて募集し、弓で参加した。一番柔らかい頭はたいてい高い位置にあるので、射撃するのがいいかなと思ってだ。しかしガンナーは防御力が低い…。他PTメンバーは、ライトボウガン、ヘビィボウガン、エリアル大剣。

なぎ払いブレスには注意していたつもりだった、が、びびりすぎて回避ボタンをおすのが早く…黒焦げになってしまった。しかも二回連続(人によってはここで離脱するかもしれないと覚悟した、が、誰も抜けなかった)。報酬金保険飯は食べてきたのであと1回余裕があるとはいえ、すべて私で消化するわけにはいかない。そんな悲しい事故は嫌だ。

しかし不幸は起きる。ブレスは避けたものの、ミラのあの尻尾をゆっくり叩きつけてから薙ぎ払う攻撃、あれも尻尾の裏側(薙ぎ払う方向とは逆側)に立てたので安心してしまった。が、迂闊…振る前に少し揺り戻す動作を忘れていたのだ。尻尾が少し触っただけにすぎない。しかし私の体力は150から一気に0になり、死んだ。

一人ハットトリック!野良で!フレンドPTならギャーとか叫んで謝るだろう、メンバーによっては許してくださるだろう(甘えだが)。しかしこれは野良…いやな汗が流れてくるのはこの蒸し暑さだけが原因ではなかろう。下手したら晒されるのではないか。恐ろしい。

急いで秘薬と強走薬グレートをがぶ飲みしてBCから飛び降りる瞬間、【メインターゲットを達成しました】

酒場に戻ってすぐに面目ない、すみませんと謝罪して解散…。その後集まったPTでも私も含め死にまくり、一度も成功できなかった。うーむきつい…。

手に入ったイベント報酬は「EX黒龍チケット・紅」

これを使って作ることが出来るのは「GXミラバルシリーズ」である。スキルポイントは「斬術/射手、属性攻撃、根性」がついており、マイナスが体術である。空きスロットは1-1-3-1-2。作ってみたいが素材集めは大変そう…。

嗚呼本当に先程の野良部屋の皆さん申し訳ない。

来週7/21に配信されるイベクエは「心を照らす畏怖の光」。シャガルマガラのクエストとなっている。もうさすがに新しく作れる装備はないだろう…か。21日はスプラ2の発売日とあって、手違いがなければ手に入るはず。とりあえずオフラインで練習せよと皆に言われたので当日はぺちぺちやっていることだろう。

7/8~11狩猟日記 自分ソロチャレ続き(バルファルク、銀嶺)

Posted on by .

今日はイベクエの配信があるので、それは次のエントリにて。

7/8狩猟日記

届いた本棚を設置するにあたり、その場所の作業机(ほとんど使っていないらしい)を撤去、それを私がもらいうける。そのため今の机を撤去して掃除、倉庫へ運ぶ。順番に空いたところに詰めていく作業だが、なにせ暑いし重い。作業は難航したが何時間かかけて完了した。雑多に積みあがった、収納しきれない本たちが無事収まったことに感動する。あとさすがにもう要らないだろうというような資料を処分するいい機会になった。

クタクタになり(しかも風邪の症状が徐々に悪化してきているのを身に感じながら)夜モンハンをする。部屋を建てて誰かが来るまで上位刃牙ガムート(全裸クエ)でも行って待っていようかと思っていると、あかさんが来てくださった。その準備はしてしまっていたので、そのまま貼らせていただいた。これで刃牙大剣が完成。

その後未消化という上位「いつか見た幻日」で獰猛銀レウスへ。この銀レウス、上位ながらに怒り状態のブレスはG級装備でも8割近く持っていくという攻撃力である。おっそろしいよ。何度かこのクエストには来ているが、死亡率がG級クエ並である。他、電撃キリン、獰猛ガノトトスなどへ。ガノトトスはブレスの首振りの予兆を今ひとつ見極められなくて被弾することが多い。怒り状態、非怒り状態の切り替え? 何か声で予知できる? わからない…。このときはあまり使わないエリアル笛でガンガンジャンプ攻撃をしていく作戦でいった。ライゼクス笛はスタミナ減少無効も吹けるので、乗りとは相性が良かろう。

体調が悪くなってきたため、そこで終わったあとはゲームも出来ず、就寝する。

 

7/9狩猟日記 バルファルク戦

10時頃からヨシュアさんの上位素材集めにご一緒する。日曜日なのでまだ病院にも行けず。

  • 奇猿狐の蛮行を止めろ!
  • 獰猛個体・調査依頼
  • 獰猛個体・調査依頼
  • 獰猛個体・調査依頼
  • どくどくパニック・毒怪鳥!!
  • 獰猛なタテガミを求めて
  • 獰猛なタテガミを求めて
  • 獰猛なタテガミを求めて

午後は安静にしていたが、夕方自分ソロチャレの続きをせむとし、バルファルクに挑むことにした。

得物は何にしようかと思ったが、昨日完成した刃牙大剣をまだ実戦では使っていないので、この機会に使ってみることにした。高い攻撃力、ほとんど緑ゲージ、高いマイナス会心…これは痛恨会心を試すのも面白いか。大剣では手数が少ないので、抜刀会心など+超会心の方がよほど効率は良いのだが、非効率でも遊ぶのは楽しいものだ。たぶん。

防具はイベクエ防具のゴン一式とした。腰は3スロのものを用意し、スキルは「痛恨会心、心眼、集中、逆鱗(根性+火事場2)」である。防御力は最終強化までしてあるので結構硬い。頭防具の髪の毛が天を衝く姿はまさに異形。

バルファルクはどの武器で行っても、あの素早い動きに翻弄されてやられてばかりなので、この防具が原因で負けるということはないだろう。あるとすれば私の練度不足である。出ていたクエストはスーパーソニック、密林である。ドリンクは必要ないが、密林のしげみに視界を遮られることがあるので私は苦手かもしれない。

バルファルクは斬撃の場合頭が肉質55で、あとは40以下なので個人的にそれほど柔らかいイメージはない。なんとか頭を斬ることができればなあという感じで挑んだ。抜刀術を使うわけではないので、ブレイヴスタイルでいく。しかし中々溜め斬りを当てられない…。溜めているうちにヒュンヒュンサイドに逃げられる。まともに当てられたのって、チャージ中に胸に攻撃して転倒したときと、オトモがスタンとってきれたときくらいなのでは…。

バルファルクは閃光で足止めすることも出来るのだが、今回は閃光はなしで。罠が効かない相手なのであまり拘束ができないのがつらいところだ。龍気弾はくらうし(属性やられは問題ないが)、爪の叩きつけはくらうしで2死。毎度のことながらめちゃくちゃしんどい…。根性も発動しないところまで削られてから喰らうので、まったく意味をなしていない。

しかし残り5分でついに討伐。手汗がやばい。寝ているところをぶった斬ったにもかかわらず討伐できなかった。非怒り状態なら龍以外の属性攻撃は通りがいいと思うので、無属性武器よりもどれか属性武器の方がよかったのだろう。今回は刃牙大剣で行くという前提だったので仕方なし。HR579にアップ。

その後夜などカルド部屋やモンハン部屋を建ててみたりしたが、誰も来なかったので就寝。

 

7/10狩猟日記 銀嶺ガムート戦

獰猛四天王+看板モンスターのバルファルク、鏖魔を倒せばMHXXの自分ソロチャレンジの目標達成だ!と言っていたのだが、考えてみたら四天王については獰猛ではなく二つ名にすべきだったかと今更ながら気づいた。燼滅刃については前にランスでソロ練習してきたので、それはクリアしたとして、残り3種についてはまだソロクリアには至っていない。何度かやってみたが失敗して時を改めてきた次第だ。

というわけでまず銀嶺ガムートから。昼間病院で薬をもらい、体調は少しはましになるといいのだが、暑さのせいなのか風邪のせいなのか、だるさと頭痛、喉の痛みは中々ひかぬ。銀嶺ガムートは氷球叩きつけなぎ払いが非常に喰らいやすく、痛いので、それを出来る限り避ける心づもりで準備する。普段使わないエリアル笛で言ってみることにした。体が大きく立方体に近いので、踏み台にしやすく乗りやすいかなという判断。ただし巨体ゆえに壁へめり込んだ際は乗り状態が強制終了されることは気をつけなくてはならない。ガムートは銀嶺も含め、あの巨体ながら耳栓は高級耳栓である必要はない。(聴覚保護【小】でよい)なので、クシャルダオラなどで使っていた「攻撃力アップ大、業物、耳栓、弱点特効、飛行酒場の心」の装備で、ティガ笛を担いでいく。肉質などは通常のガムートと同じ前提で。

ガムートは後ろ脚を攻撃してダウンさせたほうがよかったと、獰猛戦にて反省したところだったので、銀嶺も後ろに張り付いてボコボコ殴る。音撃震も当てる。しかし壊れない。終わってから気づいたが、後ろ脚は破壊できないらしい。前脚を狙うべきだったか。あとは出来るだけ、柔らかい頭や鼻を殴る。だるま無効は切らせない…スキルで耳栓をつけてくる必要はなかったかもしれない。そのためのティガ笛ではないか。単純に物理攻撃力で選んできてしまった。

しかし獰猛よりは苦労しなかったか、25分ほどでクリア。

 

7/11狩猟日記

暑すぎる。倒れる人も出てくるのではないか。エアコンのない二階は地獄である。さすがにこれは健康被害が出てもおかしくないということで、急遽予算組みをしてエアコン購入を検討している。

ブレイヴ弓の練習をレイアにて。狩技は最近ハマっているのが「身躱し射法」。無敵時間が長く、絶対回避よりはゲージの溜まりは遅いものの、弓の攻撃手段にもなるし…いや前置きはいい、かっこいいのだ。それだけで十分。HR580にアップ。