7/16モンハンオフ日記(ナイショの雲龍型 編)

Posted on by .

7/16はお昼頃からモンハンオフに参加してきた。3連休中日とあって、会場はかなり混雑しており、人数が多いからと言って二部屋予約するのは難しそうであった。早々に募集を定員で打ち切った幹事さんは懸命だったと言えよう。今回参加されたメンバーは、マサさん、Shinyさん、RYさん、DSKさん、のがどさん、ぬこさん、よんちるさん、wataさん、メンノンさん、JUNさん、chさんら、別オフで以前ご一緒したEMさん、初参加のYMさん…今回は抜け、ないだろうか。全員とご一緒したわけではないので抜けていたりするかもしれない。椅子が足りなくて床に敷物を敷いて…という時間帯すらあった。適当なタイミングでくじでメンバーシャッフルを行いながらクエスト回しやランク上げの手伝いなど。

1組目 EMさん、RYさん、マサさん、私

EMさんがHR12ということで、キークエストをクリアしていく部屋である。しっかりマカフシギの壺を満杯にしてから向かう。

  • ディアブロス 大剣で
  • イビルジョー ブレイヴ弓ドイヌキで
  • ラージャン 笛で
  • ディノ&グラビモス エリアル弓で HR602
  • アグナ&ドボル アグナ笛で
  • 緊急アトラル・カ 笛デアマンテで

もう解放前のツメの段階だったので、ちょうどきりよく解放まで至った。イビルジョー戦では4人も居ると転倒や麻痺肉などのタイミングも余裕もってブレイヴ弓剛射しまくり。あっという間に終わった。しかしラージャン戦では乱入してきたベリオロスにわたわた…。アグナドボル戦では中々使う機会のないアグナ笛を担げたので満足。何が満足って、一応アグナ笛の旋律の一つである火耐性アップが活かせたことだ。火属性武器でありながら火耐性アップの旋律、このミスマッチは解消してほしいところだ。ドボルには火も効くのでちょうどよかった。最後のアトラル・カでEMさんはHR70に上がっていた。おめでとうございます。

2組目 RYさん、私、EMIさん、途中からぬこさん

RYさんは未クリアクエ埋めか、ニャンタークエへ。グラビモスの背中破壊は乗りとブーメランが適当か。ニャンターはここ数週間で久しぶりに使ったので中々狙ったところにブーメランを当てられたかどうか…。このクエのあとぬこさんが参加。

  • 電撃キリン
  • 燼滅刃G3
  • 凶賊ゲリョス(上位3頭)
  • 死神は鎧をまとう

キリンクエでは重射弓で遊んでいたのだが、間違ってブレイヴで来てしまった。確認せずに納刀継続射撃をしたら爆裂…しっかりぬこさんが見ていて「爆裂だぁー」と突っ込まれてしまった。近接一人だったとはいえ、吹っ飛ばすとまずい。べちん、べちんと角ねらいで撃っていった。ぬこさん曰く、ブレイヴゲージを溜める上では、爆裂型はやはり着弾して爆発しているエフェクトを当てるのがいいらしく、落下していく矢を当てるだけではあまりたまらないらしい。あと隻眼弓もうっかりブレイヴで行ったら爆裂型ではないか…。

3組目 DSKさん、RYさん、私
  • 上位オストガロア
  • 紫毒姫G5(黒炎王、ライゼクス、紫毒姫) クエスト失敗
  • ニャンタークエ ドスギアノス2頭
  • 上位オストガロア
  • 紫毒姫G5 クリア
  • ニャンタークエ アルセルタス

DSKさんはオストガロア大剣の素材のため上位オストガロアを、RYさんは先程から引き続きニャンタークエ埋めを、私は紫毒姫G5を貼る。

紫毒姫G5はこれまた中々きついクエストで…禁足地で罠の使えない状況下で黒炎王やらを相手にする必要がある。これは絶対にソロで行く気にはならない…。途中からライゼクスが乱入してくるのでなおさらだ。私はドラゴン一式で斬れ味レベル+2、業物、根性、ココットの心をつけていった。死にたくナーイ。しかしまあ実際のところ根性が発動して助かるというのは稀で、大体その一歩手前まで削られて死ぬことが多い。

DSKさんは大剣使いだが、最近は弓の練習をされているとのことで、失敗して行き直した紫毒姫やニャンター以外は大体弓でプレイされていた。R溜めの操作方法を選んでいらっしゃるので、自分とはまたかなり指の動きが違う。

4組目 Shinyさん、EMさん、私、途中からメンノンさん
  • アトラル・カ
  • 獰猛ババコンガ
  • ババコンガ2頭
  • 牙狼クエ(金レイア、ジンオウガ)

まず玉狙いでShinyさんがアトラル・カを貼ってから、私が獰猛ババコンガ(重尖爪と金冠狙い)、EMさんが続きでババコンガをはったあたりでメンノンさんが来室。差し入れにラムネをいただいた。ラムネが好きだということをそういえば日記に書いたっけか。ありがとうございます。好きなメーカーの話の途中で中断してしまったが、私が好きなラムネメーカーは春日井製菓。「いろいろラムネ」をよく買って食べている。

牙狼クエはかなり痛いクエで、まだ開放して間もなく、装備も強化しきれていないEMさんにはきつかったかもしれない(怒り状態の一撃で即死)。が、なんとかクリア。おかげで大剣が強化しきれそうである。クエスト途中で他の組からぬこさんの「頭(ず)が遠い、頭(ず)が遠い!!」という声が飛び込んできて気になって仕方なかった。頭がたか…遠い…?ミラボレアスでも行っていたのだろうか。確かに頭が遠い。

この組分けが終わった辺りで17時過ぎとなり、EMさんやYMさん他何人か帰られた。

5組目 私、RYさん、JUNさん
  • 金雷公G4(金雷公と紅兜)
  • 森丘ナズチ 大宝玉1+1入手
  • 獰猛ミツネ 操虫棍にて
  • ウカムルバス ハンマーにて1スタンなんとか取れた
  • コナンセルレギオス 笛で

金雷公はこれでG5まですすめることが出来た。あの動作がゆっくりとした長いサマーソルトの当たり判定が今ひとつよくわからない。毎回大逃げしている…。そしてオトモの紅兜が恐ろしい。コナンセルレではJUNさんと二人が笛をそれぞれ担ぎ、確かJUNさんがライゼクス笛で私は臨界ブラキ笛であった。攻撃小・防御小をキープしていただきながら、こちらは状態異常無効と加護をキープ、という取り合わせで行ってみた。セルレギオスだとバランスのいい組み合わせだったと思う。

別組のDSKさんが「ウンリュウに行きたい」とおっしゃっていたが、う、雲龍

RYさん他の指摘で「カスミリュウ」のことと判明。雲龍、霞龍、たしかに3DS画面だと結構潰れていてわからないものも多い。例えば閣螳螂と闇螳螂とか。

ちなみに雲龍型とは、相撲で言えば土俵入りの型のひとつで「雲龍型」と「不知火型」の二つが有名である。稀勢の里など多くの横綱は雲龍型を選んでおり、不知火型を選んだのは最近だと白鵬などか。雲龍型は縁起が良い、という謂れも在るらしいので、古龍の大宝玉にあやかることができるかもしれない。…はっ、もしやDSKさんはそこまで見越して雲龍と…?

あと有名なのだと艦船で「雲龍型」が存在する。航空母艦として竣工したもので「雲龍」「天城」「葛城」が存在する。詳細は調べていただければその建造の歴史や当時の情勢を知ることが出来ると思う。艦隊これくしょんにもその三つの艦は実装済みである。(もちろん不知火型艦船もある)

他には京都にある臨済宗の「天龍寺」では「雲龍図」という天井画も存在する。

6組目 メンノンさん、Shinyさん、のがどさん、私
  • イベクエラージャン
  • 銀嶺ガムートG4(銀嶺&獰猛ドドブラ)
  • アトラル・カ
  • 紅兜G3 HR612
  • 炭鉱ブラキ

最後の組分けでは個人的ここのオフ会メンバーでの古参メンバーと同じ部屋となった。私がここに参加することになった3Gの頃からいらっしゃる方々である。のがどさんは先日オンラインでもご一緒したが、ひたすら紅兜を貼っておられる。どうも聞いていると「紅兜の天頂怒髪」が欲しいらしい。一応G3~G5だと部位破壊で30%、超の部位破壊で70%、G5の報酬3-5で50%、超の報酬3-5で50%だそうだが…全く出なかったらしい。ハマってしまっている…。イベクエラーでは岩陰からステップしてきたラージャンに轢かれて1死。最後の炭鉱ブラキは残り時間ぎりぎりに1クエ…ということで貼らせていただいた。特にめぼしいものはなし。

そのあと残った人でご飯を食べてモンハンの話など。全部は覚えていないが、TAの話や操作、スタイル、武器に関することが多かったか。よんちるさんやRYさん、Shinyさん、マサさんは席が離れていた。あちらは何の話をしていたろうか。

皆の操作を見てみたいよね

いくつか拾い上げると、先程も書いた気はするが「(3DSの)操作は一般的に考える以上に、人それぞれ違う」ということ。単純にパネルカスタマイズやオプション設定にとどまらず、ガンナーであればエイミングのタイミング、発射までの時間やそのカバー…それまでの、エイミングに至るまでの動きそのものがそれぞれのガンナー個人個人によって異なる。

無駄な溜め時間が存在せず、相手の攻撃をかわすというよりも「すでに躱して攻撃の準備に入っている」というメンバーもいる。その姿はあまりにもシンプル、…シンプルということすらはばかられる程に、無駄が削ぎ落とされているがゆえに、第三者からは簡単に見えてしまうという。よんちるさんのことらしいが、一度操作しているところを見てみたいものだ。今日はご一緒できなかった。

弓の話だったが、R溜めの欠点というか、操作上の難しさがその一連の会話であらためてはっきりしていた。人差し指でR溜め、左親指でアナログパッド、右親指で仮想十字を操作してしまうと、相手の攻撃にとっさにBボタンを押すのが難しいのではないかということ。X溜めの場合は親指の第一関節でBボタンを押せるので回避もしやすい。(AでもOK)しかし私も弓の動作は我流で適当にやっているので上下のエイミングに関してはXで溜めながら、R長押しで射線を出して狙ったり…多分これは冗長と言われるのかもしれないが。Rボタン長押しで射線を出したら私は立ち止まってしまって、左十字キーで上下合わせしていることに気づいた。これも結構危なげか。

ああ、でもその場の最終的な結論、操作方法については「ヨソはヨソ、ウチはウチ」ということで落ち着いた。あくまで参考程度で、最終的には自分がやりやすいやり方が一番である。あまり真似するということもそうだし、参考するにしてもそれに執着する必要はないだろう。

スタイルと狩技について

一般的なものは置いておいて、もっと活用方法を掘り起こしてみようという感じで意見の出し合いがあったのがJUNさんとのがどさんとの会話でである。例えば「鉄鋼身」、まともに使ったことのない狩技だが、これは60秒間、のけぞり無効(ふっとばしはNG)、受けるダメージ1/2、ダッシュ不可になるもの。回避行動は取れるので、頭に張り付いていっきにスタン値蓄積を狙うというやり方はありでは?という話など。金剛身は1/4にでき、ふっ飛ばしすらされなくなるが、ダッシュも回避もできなくなり、効果時間は半分の30秒というネックもある。これは蟲纏いと合わせてひたすらボンバーマンというテクニックが有名だ。鉄鋼身でのふっとばされない程度の攻撃をする相手で、頭に張り付くのだとどのモンスターが相手になるだろう…。

ちなみに金剛身でもエリアルで踏みつけ跳躍は出来たりするらしい。かなり痛そうだが。

狩技といえばライトボウガンのチャージショットは通常弾Lv1という文言に皆、冷めた目を向けがちだが、なかなかモーション値は悪くないらしい。確かに溜め3で30+30のモーション値で10発、弾の消費なしで撃てるのだ。しかも弓のように溜めながら移動できる。最近ついボウガンというとヘビィを使いがちだが、ライトも使っていこう。

他にも色々と話しはしておられたが、とりあえずこんな感じだろうか、記録としては。会場の問題など考えることはあるが…。あと初参加の人に耳掻きしすぎは禁物を進める必要は…!普通に引かれるだけかと思われる。よ。皆よくこれ(私)に付き合っているなあと感心してしまう。

7/14配信イベクエ「伝説との戦い」(GXミラバルシリーズ配信)!

Posted on by .

本日配信となったイベントクエストは「伝説との戦い」。G級紅龍ミラボレアス亜種(ミラバルカン)が相手のイベントクエストである。イベクエ版ということで通常より強化されている、と思われる。思われるというか圧倒的にめためたにやられたのだが…PTで私だけ。

場所等の条件は通常と同じである。溶岩島なので炎熱適応(南風の狩人)を組み込むのもありか。1回目は野良にて募集し、弓で参加した。一番柔らかい頭はたいてい高い位置にあるので、射撃するのがいいかなと思ってだ。しかしガンナーは防御力が低い…。他PTメンバーは、ライトボウガン、ヘビィボウガン、エリアル大剣。

なぎ払いブレスには注意していたつもりだった、が、びびりすぎて回避ボタンをおすのが早く…黒焦げになってしまった。しかも二回連続(人によってはここで離脱するかもしれないと覚悟した、が、誰も抜けなかった)。報酬金保険飯は食べてきたのであと1回余裕があるとはいえ、すべて私で消化するわけにはいかない。そんな悲しい事故は嫌だ。

しかし不幸は起きる。ブレスは避けたものの、ミラのあの尻尾をゆっくり叩きつけてから薙ぎ払う攻撃、あれも尻尾の裏側(薙ぎ払う方向とは逆側)に立てたので安心してしまった。が、迂闊…振る前に少し揺り戻す動作を忘れていたのだ。尻尾が少し触っただけにすぎない。しかし私の体力は150から一気に0になり、死んだ。

一人ハットトリック!野良で!フレンドPTならギャーとか叫んで謝るだろう、メンバーによっては許してくださるだろう(甘えだが)。しかしこれは野良…いやな汗が流れてくるのはこの蒸し暑さだけが原因ではなかろう。下手したら晒されるのではないか。恐ろしい。

急いで秘薬と強走薬グレートをがぶ飲みしてBCから飛び降りる瞬間、【メインターゲットを達成しました】

酒場に戻ってすぐに面目ない、すみませんと謝罪して解散…。その後集まったPTでも私も含め死にまくり、一度も成功できなかった。うーむきつい…。

手に入ったイベント報酬は「EX黒龍チケット・紅」

これを使って作ることが出来るのは「GXミラバルシリーズ」である。スキルポイントは「斬術/射手、属性攻撃、根性」がついており、マイナスが体術である。空きスロットは1-1-3-1-2。作ってみたいが素材集めは大変そう…。

嗚呼本当に先程の野良部屋の皆さん申し訳ない。

来週7/21に配信されるイベクエは「心を照らす畏怖の光」。シャガルマガラのクエストとなっている。もうさすがに新しく作れる装備はないだろう…か。21日はスプラ2の発売日とあって、手違いがなければ手に入るはず。とりあえずオフラインで練習せよと皆に言われたので当日はぺちぺちやっていることだろう。

7/8~11狩猟日記 自分ソロチャレ続き(バルファルク、銀嶺)

Posted on by .

今日はイベクエの配信があるので、それは次のエントリにて。

7/8狩猟日記

届いた本棚を設置するにあたり、その場所の作業机(ほとんど使っていないらしい)を撤去、それを私がもらいうける。そのため今の机を撤去して掃除、倉庫へ運ぶ。順番に空いたところに詰めていく作業だが、なにせ暑いし重い。作業は難航したが何時間かかけて完了した。雑多に積みあがった、収納しきれない本たちが無事収まったことに感動する。あとさすがにもう要らないだろうというような資料を処分するいい機会になった。

クタクタになり(しかも風邪の症状が徐々に悪化してきているのを身に感じながら)夜モンハンをする。部屋を建てて誰かが来るまで上位刃牙ガムート(全裸クエ)でも行って待っていようかと思っていると、あかさんが来てくださった。その準備はしてしまっていたので、そのまま貼らせていただいた。これで刃牙大剣が完成。

その後未消化という上位「いつか見た幻日」で獰猛銀レウスへ。この銀レウス、上位ながらに怒り状態のブレスはG級装備でも8割近く持っていくという攻撃力である。おっそろしいよ。何度かこのクエストには来ているが、死亡率がG級クエ並である。他、電撃キリン、獰猛ガノトトスなどへ。ガノトトスはブレスの首振りの予兆を今ひとつ見極められなくて被弾することが多い。怒り状態、非怒り状態の切り替え? 何か声で予知できる? わからない…。このときはあまり使わないエリアル笛でガンガンジャンプ攻撃をしていく作戦でいった。ライゼクス笛はスタミナ減少無効も吹けるので、乗りとは相性が良かろう。

体調が悪くなってきたため、そこで終わったあとはゲームも出来ず、就寝する。

 

7/9狩猟日記 バルファルク戦

10時頃からヨシュアさんの上位素材集めにご一緒する。日曜日なのでまだ病院にも行けず。

  • 奇猿狐の蛮行を止めろ!
  • 獰猛個体・調査依頼
  • 獰猛個体・調査依頼
  • 獰猛個体・調査依頼
  • どくどくパニック・毒怪鳥!!
  • 獰猛なタテガミを求めて
  • 獰猛なタテガミを求めて
  • 獰猛なタテガミを求めて

午後は安静にしていたが、夕方自分ソロチャレの続きをせむとし、バルファルクに挑むことにした。

得物は何にしようかと思ったが、昨日完成した刃牙大剣をまだ実戦では使っていないので、この機会に使ってみることにした。高い攻撃力、ほとんど緑ゲージ、高いマイナス会心…これは痛恨会心を試すのも面白いか。大剣では手数が少ないので、抜刀会心など+超会心の方がよほど効率は良いのだが、非効率でも遊ぶのは楽しいものだ。たぶん。

防具はイベクエ防具のゴン一式とした。腰は3スロのものを用意し、スキルは「痛恨会心、心眼、集中、逆鱗(根性+火事場2)」である。防御力は最終強化までしてあるので結構硬い。頭防具の髪の毛が天を衝く姿はまさに異形。

バルファルクはどの武器で行っても、あの素早い動きに翻弄されてやられてばかりなので、この防具が原因で負けるということはないだろう。あるとすれば私の練度不足である。出ていたクエストはスーパーソニック、密林である。ドリンクは必要ないが、密林のしげみに視界を遮られることがあるので私は苦手かもしれない。

バルファルクは斬撃の場合頭が肉質55で、あとは40以下なので個人的にそれほど柔らかいイメージはない。なんとか頭を斬ることができればなあという感じで挑んだ。抜刀術を使うわけではないので、ブレイヴスタイルでいく。しかし中々溜め斬りを当てられない…。溜めているうちにヒュンヒュンサイドに逃げられる。まともに当てられたのって、チャージ中に胸に攻撃して転倒したときと、オトモがスタンとってきれたときくらいなのでは…。

バルファルクは閃光で足止めすることも出来るのだが、今回は閃光はなしで。罠が効かない相手なのであまり拘束ができないのがつらいところだ。龍気弾はくらうし(属性やられは問題ないが)、爪の叩きつけはくらうしで2死。毎度のことながらめちゃくちゃしんどい…。根性も発動しないところまで削られてから喰らうので、まったく意味をなしていない。

しかし残り5分でついに討伐。手汗がやばい。寝ているところをぶった斬ったにもかかわらず討伐できなかった。非怒り状態なら龍以外の属性攻撃は通りがいいと思うので、無属性武器よりもどれか属性武器の方がよかったのだろう。今回は刃牙大剣で行くという前提だったので仕方なし。HR579にアップ。

その後夜などカルド部屋やモンハン部屋を建ててみたりしたが、誰も来なかったので就寝。

 

7/10狩猟日記 銀嶺ガムート戦

獰猛四天王+看板モンスターのバルファルク、鏖魔を倒せばMHXXの自分ソロチャレンジの目標達成だ!と言っていたのだが、考えてみたら四天王については獰猛ではなく二つ名にすべきだったかと今更ながら気づいた。燼滅刃については前にランスでソロ練習してきたので、それはクリアしたとして、残り3種についてはまだソロクリアには至っていない。何度かやってみたが失敗して時を改めてきた次第だ。

というわけでまず銀嶺ガムートから。昼間病院で薬をもらい、体調は少しはましになるといいのだが、暑さのせいなのか風邪のせいなのか、だるさと頭痛、喉の痛みは中々ひかぬ。銀嶺ガムートは氷球叩きつけなぎ払いが非常に喰らいやすく、痛いので、それを出来る限り避ける心づもりで準備する。普段使わないエリアル笛で言ってみることにした。体が大きく立方体に近いので、踏み台にしやすく乗りやすいかなという判断。ただし巨体ゆえに壁へめり込んだ際は乗り状態が強制終了されることは気をつけなくてはならない。ガムートは銀嶺も含め、あの巨体ながら耳栓は高級耳栓である必要はない。(聴覚保護【小】でよい)なので、クシャルダオラなどで使っていた「攻撃力アップ大、業物、耳栓、弱点特効、飛行酒場の心」の装備で、ティガ笛を担いでいく。肉質などは通常のガムートと同じ前提で。

ガムートは後ろ脚を攻撃してダウンさせたほうがよかったと、獰猛戦にて反省したところだったので、銀嶺も後ろに張り付いてボコボコ殴る。音撃震も当てる。しかし壊れない。終わってから気づいたが、後ろ脚は破壊できないらしい。前脚を狙うべきだったか。あとは出来るだけ、柔らかい頭や鼻を殴る。だるま無効は切らせない…スキルで耳栓をつけてくる必要はなかったかもしれない。そのためのティガ笛ではないか。単純に物理攻撃力で選んできてしまった。

しかし獰猛よりは苦労しなかったか、25分ほどでクリア。

 

7/11狩猟日記

暑すぎる。倒れる人も出てくるのではないか。エアコンのない二階は地獄である。さすがにこれは健康被害が出てもおかしくないということで、急遽予算組みをしてエアコン購入を検討している。

ブレイヴ弓の練習をレイアにて。狩技は最近ハマっているのが「身躱し射法」。無敵時間が長く、絶対回避よりはゲージの溜まりは遅いものの、弓の攻撃手段にもなるし…いや前置きはいい、かっこいいのだ。それだけで十分。HR580にアップ。

7/5~7狩猟日記 獰猛ライゼクス(3)と獰猛ディノバルド(4)へ

Posted on by .

7/5狩猟日記 獰猛ライゼクス&獰猛ディノバルド

先日に引き続き、今度は獰猛ライゼクスに挑むことにした。四天王の中で最も苦手意識が強い相手だ。しかしその頃から比べると青電主用の装備(青電主一式+ココットの心+精霊の加護)を完成させたりして、防御面ではかなりかたくはなった。少なくとも青電主のPT戦にはついていけるくらいには…。超はまだクリアできていないが。

で、この度超に備えて、さらに防御面を強化した一式に衣替えすることにした。今度はドラゴン一式である。ドラゴン一式には「護法、業物、斬れ味レベル+1」がついている上、空きスロットが2-1-2-1-2となっている。お守りをつけて武器スロットも使って、スキル構成を「斬れ味レベル+2、業物、根性、ココットの心、護法」とした。護法は気絶無効+麻痺無効+睡眠無効+毒耐性の複合スキルである。あまりつけることのなかったスキルだが、ライゼクスは雷属性による気絶率の高さや、麻痺攻撃などもあって役に立つ。青電主にいくときもこれでいく。

ここまで整えると3死まではするまいという安心感がある。時間はかかったが、ブシドースラアクで回避してはざくざくと斬って討伐。22分かかった。武器はカマキリスラアクのLv1。電荷状態の頭、翼、尻尾など柔らかい部分はおおいので、属性云々より攻撃力の高い武器で攻撃した方がいいのかもしれない。かといってカマキリに斬れ味2に業物はつけすぎた感もある。アイカラスでもいけたか。あれは作ったものの、斬れ味がすぐ落ちてしまうのであまり使いこなせていないのであった。

二連叩きつけは1回目ジャスト回避して右ナナメ前に走っていくと2回目は当たらないような気がした。より攻撃に繋げやすい角度はあるのだろう。とりあえず今までさんざん2回目を避けられずふっとばされていた自分からすればちょっとした進歩だ。

 

獰猛ライゼクスをクリアした勢いで、夕飯後、今度は獰猛ディノバルドへ挑む。とはいってもランスだと前にも問題なく狩れていたので、今度は笛で行くことにした。ディノバルドは四天王の中でもっとも素直な動きをする、というのが一般認識であるようだ。他がいやらしいせいか。

念のため報酬金保険をかけていったが、これがまた笛だと何故か被弾がすごかった。考えてみればランスだと来る攻撃ほとんどジャストガードでさばく立ち回りしかしてこなかったのだから、同じような立ち位置だと避けるしか無いのだ。しかしギルドスタイルゆえ絶対回避が溜まっていないとだいたい喰らう。回避性能をつけてくるべきだったか。結果的に3死した。が、クエスト失敗ではないのは保険のおかげだ。しかし30分過ぎても倒せず、35分あたりでようやくディノバルドが足を引きずった。寝ているところに音撃震をぶちかましてフィニッシュ! と行きたかったがまだ死なぬ。そこで殴っているうちにまたゲージが溜まったので、音撃震!で、討伐となった。危なかった…。

これで、獰猛四天王をソロで(オトモありだが)クリアするという目標を達成した。しかしMHXXの看板モンスターはバルファルクと鏖魔ディアブロスということだし、こちらの二頭も目標に加えることにした。これは後日挑戦しよう。

その後c2さんのバルファルク連戦野良部屋に4戦参加して就寝。

 

7/6狩猟日記

夜22時かららっこさんと久しぶりの狩りへ。リハビリもかねて…だが、23時からスプラトゥーン2のニンテンドーダイレクトがあるため、短時間の狩りとなった。らっこさんのフレンドさんお二人も来てくださったのだが申し訳ない。

  • ドボルベルク
  • ジンオウガ
  • ラージャン
  • 獰猛ガムート ドイヌキで

ここで23時になり解散。スプラ2のダイレクトは見たが、いよいよ発売が近いことを思い知らされる。しかし同梱版を予約してしまったため、この日告知のあった前夜祭とやらには参加できなさそうである…。残念。

そのあとツクールフェスをいじって就寝。

 

7/7狩猟日記

七夕。13時にイベクエの配信があり「地底火山の炎の王」をプレイ。強化テオである。詳細はこちらの別エントリーを参照

この日通販で購入した本棚が届き、そのうち一つを組み立てる。本の整理と収納でかなりの重労働になってしまった。この日あたりから風邪っぽい、喉の痛み、だるさを感じ始める。

夜寝る前に部屋を建てていると、しばらくしてみりあさんが来てくださった。そのあとそれいゆさんも参加。

  • 鎧裂G4
  • 地底火山の炎の王
  • 紫毒姫G1 HR576
  • 伝説の黒龍 HR577
  • おのずと岩は動き出す
  • ぶつけろ生き様☆アフロソウル

ドラゴン一式にミラ素材を使ったため、一戦で少し補充。イベテオで私の被弾率がすさまじかった…そのたび粉塵が飛んできてみりあさんすみませぬ。

7/3~4狩猟日記 獰猛ガムートへ(2)/モンハン診断結果

Posted on by .

7/3狩猟日記

夕飯前にヨシュアさんのサブキャラの上位素材集めの手伝いに入る。ドドブランゴの素材集めだそうだが、確かにあのモンスターはソロでやるのは面倒だ。MHXのときもドドブランゴがいやーに強化された感じがあって、死にまくっていた。動きが速くなりすぎ…? ましてや、獰猛化に至っては調整ミスかと当時思う程の強敵であった。今も、G級ドドブラをソロはなかなかしんどいのだけど。4回ほど連戦して素材が集まったそうで、解散となった。HR569。

風呂前にKiyoさんとG級進行の続き。キークエストを進めていく。イャンクック、ゲリョス、砂中からのサプライズ、水獣達の争いと埋めて行く。そういえばここ一ヶ月くらいで後輩、Pさん、Kiyoさんとそれぞれこのキークエスト攻略の流れをなぞっているのだ。感じた既視感は気の所為ではなかった。緊急クエストが出たところで時間切れとなった。

 

7/4狩猟日記 獰猛ガムートに挑戦

さて、先日の獰猛ミツネにつづいて、獰猛ガムートに挑戦することにした。(というか挑戦はしていたが失敗していた。) 耐震、雪だるまなどの防止策に優れた笛でいくも3死、ヘビィは逃げ遅れて死、で、大剣で行くことにした。なんかまあ一撃が重いから行けるかなっていう安易な考えのもとでだ。

ガムートは確かに氷属性の敵とあって、火と雷は効く。が、脚や尻尾などで火属性の通りがいいのは雪がついているときだけだ。それほど属性ダメージに期待を寄せるほどではないと判断し、物理寄りで頭か鼻を斬るのがよかろうと思った。しかしこの巨体、近接だとどういう動きをしようとしているのか見極めづらく、私はしょっちゅうふっとばされる。MHXでは後ろ脚に張り付くのが安全とされたが、G級ではお尻から背後方面に広い範囲ののしかかりをしてくることもある。なんとなくガムートの視線を追っていけばわかるといえばわかるのだが、近すぎて見えないことも多々あり…。正直言って四天王の中では苦手な方かもしれない。鈍器で頭は狙いやすい方ではあるのだけど。

2死してあとがなかったが、なんとか足を引きずるところまで追い込み、クリア。30分以上かかった…。多分戦い方が悪くて長引いたのだと思う。

夕方からKiyoさん、PさんらとG級クエをすすめる。ふたりともHR9で、緊急ボルボロスをクリアしたいところである。

  • ゲリョス HR570
  • 泥まみれの商魂!(Kiyoさん緊急)
  • ドスの威信を賭けた戦い
  • 泥まみれの商魂!(Pさん緊急)
  • 夜鳥のじけん
  • 遺群嶺の緑の女王
  • ネルスキュラの生態研究

無事ふたりともHR10に昇格。どのクラスも★2あたりからモンスターが出揃ってくる感があるし、作りたい装備なども広がってくるのが好き。やはりシリーズ恒例のレイアあたりが自分の中でなにかの基準点になっている気がする。

夜、再びKiyoさんと少しだけ狩り。二つ名ホロロに行ってみたい!とのことなので、先程のクエで解放された朧隠ホロロホルルへ。一応ウルクX一式は揃ったので防御力500くらいはあるが、果たしてあの攻撃に耐えられるか…? と思ったらやはりあのトルネードと叩きつけは痛かった。人の心配している場合ではない、私もくらって瀕死ではないか(防御800)。しかし双剣でゴリ押ししたのもあり、なんとか3死は免れクリア。 他は上位クエなどで「ガノトトス冒険記」「心を燃やせ、燃石炭!」「転んで跳ねて七転八倒」へ行き、就寝。

 

診断

そういえば、私はあまり診断メーカー系はやらない質なのだが、この日モンハンのが流れてきた時に気まぐれにやってみた。

2いいねで勲章達成度
6いいねで好きな拠点(村など)
8いいねで好きな属性
10いいねで武器を選ぶ際に何を重視するか
15いいねで1日最高何時間やったか
を答えてください!

というものだ。最終的に14いいねで止まったので、それぞれ答えていった。

  • 2: 勲章達成度は龍識船76%、全体は94%
  • 6:好きな拠点はモガの村とポッケ村。
    前者はモンハン始めた作品(MH3)の思い入れがやはり強い。マイルームがかなり開放的で、絶対虫とかめっちゃ入ってくるとは思うんだけど、あの水辺で夜、月でも見ながらいっぱいやりたいと思う。
    後者はBGMが好き。ただしその拠点村であるMHP2Gは、今からするとほとんどやりこめないままMHP3rdへ行った気がする。そもそもモンハンのシステムをまともに理解し始めたのがP3rdくらいからだった気がする。
  • 10:笛視点なら「相手の特徴(高耳があったほうがいいとか、だるま無効があったほうがいいとか、耐震、風圧、状態異常無効などなど)に対応できる旋律で選ぶ」、「PTメンバーのスキルや旋律との兼ね合いで選ぶ(上記の特徴部分に加えて、会心をより上げるとか、攻撃力上げるとか)」、の二点が大きい。が、大体は気まぐれに担ぎたいものを担ぐ。
    他武器なら属性相性、単純に攻撃力で選ぶけれど、通常クエなら少し火力を落とした武器(ネタ武器含む)も選ぶ場合も。

こんな感じで回答。ちなみに最後のやつは3DS内の記録を確認したら以下のような感じだった。MHXXが一回のプレイ時間が一番長い。(7/4時点)

7/7配信イベクエ「地底火山の炎の王」!/古龍の大宝玉、MHW、スプラ2の映像など

Posted on by .

2017年7月7日と7がよく並ぶ日である。本日7/7(金)に新しく配信されたイベントクエストは「地底火山の炎の王」。G級テオ・テスカトルのクエストである。ナズチ等と同様、やや強化個体でありレア素材が出やすめなクエストと予想できる。

DLして野良にてやってきた。部屋名「本日のイベテオ」とするとすぐに埋まる。多分配信直後にとりあえず一回やっておこう、というようなハンターさんが少なからずいるのだろう。毎回こんな感じで建てているが、高ランク(冠ありなど)でぱぱっと挨拶、終わったらぱぱっと解散ということが多い。

テオ戦ということで私はいつもどおりギルドハンマーにて参加。ブレイヴでもいい気はするが、なんとなくギルドが使いやすい。攻撃大、弱特、業物、飛行酒場、龍識船スキルが定番となっている。ほぼテオ戦専用だ。ブラキでもいいのだけど。

場所が地底火山と少しやりづらいが、長引かないうちにガンガン頭に攻撃を当てたい。4人いるとターゲットが分散するせいもあって、複数回スタンは取れないことが多いのだ。ブレス終わり間際、後方粉塵爆発や遠方粉塵爆発などのタイミングを見計らって、よこからかち上げを当てていく。とりあえず2回ほどダウンとスタンはとることが出来た。

6分半ほどで討伐。寝ているところに爆弾を当てたが、それでは死なず、そのままスーパーノヴァ発生。野良の方ひとりが被弾したが、大事には至らなかった。着地に溜め3を合わせてクリアする。

報酬に特別なものはないが、多分気持ち古龍の大宝玉が出やすいのかもしれない。(先日のオオナズチと同じ程度には) もともとテオは出やすいイメージはある。なので偶然かもしれない。強化素材にまだかなり数がいるので、またクエ回しのときにでも貼らせてもらおう。

来週配信のイベントクエストは紅龍の様子。

「伝説との戦い」。伝説と冠する場合は黒龍ミラボレアスの方が多かったような気がするが、紅龍ミラボレアス(ミラバルカン)の方であった。これは気をつけないと死ぬなあ。

MHW関係の話だと、さきほどファミ通にて以下の記事が出てきた。MHWのプレイ動画が見られるらしい。20分以上に及ぶ長いもので、色々と細かな点を見ることができそう。

『モンスターハンター:ワールド』の23分にもおよぶプレイ動画が公開 – ファミ通.com

あと、昨夜23時からSplatoon2のダイレクトが放送され、発売もあと2週間とあって詳細な情報が結構出てきた。私は1をやっていないので2との違いが実感できないが、多分武器種も増えて最初のうちはドッカンドッカン死ぬのだろうな…。かなり広範囲に大ダメージを与えるような攻撃がいくつか紹介されていたので、ああいうのに絶対巻き込まれるタイプなのだ。ブームショットやら思い出す。

8月にはスイッチ版のMHXXも出るが、とりあえずスプラ2は触ってみる予定。同梱版を予約したため、発売前の体験版やフェスには参加できない。もどかしー。

6/30~7/2狩猟日記 獰猛四天王挑戦(1)タマミツネ

Posted on by .

6/30狩猟日記

二つ名でまだあまり進んでいない岩穿のG2をソロにて挑戦する。ガードでがっちり固めるストライカーランスで行くことにするが、確かジャンププレスはガード強化がないとガードできなかったように思うので、鎧裂一式にて。狩技は絶対回避、ガードレイジ、スクリュースラスト。心眼もつけていったのでうっかり岩などに当たって事故ということもなくクリアできた。この装備のままでG5まで進んでいけるだろうか…。

その後イベクエ「覇竜との聖戦さ…」が配信され、野良にてプレイ。詳細はこちらのエントリーとなる。野良ついでに黒炎王の素材集めに向かう。まず火属性ライトはレウスのものを作っていたが、黒炎王のものも作っておく。証3が足りず、まずそこから…部屋などないとおもったら、たまたま同じような境遇の方が部屋を建てておられ、無事一枚確保できた。それで一気に最終強化まで持っていけたので万々歳。

あとは狩猟笛がLV10で止まっていたので、G3とG4を野良でクリアして「シンヴァルツフラップ」完成。火属性笛で、レイア笛と同じ黄青旋律である。氷耐性をあげ、スタミナ減少を無効にできることからウルクススやベリオロス、ロアルドロスなどで使いやすいか。ただしだるま無効は吹けないので消散剤は必須となるし、だるまで手を止められたくないと考えると空色音符のある笛が選ばれがちなのが悲しいところ。そんなわけで、あまり黄青旋律はオンラインでは見かけないのが現實なのだ…。空音符のある笛と同じPTのときは持っていったりしているが。ロアルを挙げたのはのしかかりの水やられが非常に範囲がひろく、鬱陶しいためである。(アレキライ)

夜寝る前にKiyoさんのランク上げ手伝いへ。

  • 白と瑠璃の輪舞曲
  • 冷たき甲冑
  • 難攻不落の重甲虫 コトノハナクテをLV5に強化
  • 炸裂!爆砕拳
  • 鎚と刀の鍔迫り合い HR560
  • 熱愛発覚!?
  • 奈落の妖星(緊急クエスト)KiyoさんHR8にアップ。酒場へ移動
  • その腕前、噂通りかしら…?(緊急クエスト)HR9に
  • 氷雪に舞う白うさぎ

寝る時間になったので終了。無事Pさんに続き、G級にあがることができた。防具がフルフルSで防御力も低いので、G級防具を作ってまず死ににくくしたいというところ。

 

7/1狩猟日記

お昼にみりあさんと少し狩りへ。刃牙ガムート、白疾風G5、金雷公G3と3クエだけで終わってしまった。が、白疾風をクリアしたことでみりあさんは超特殊に行けるようになり、そのあとソロで超をさくっとクリアされていた。ううむすごい。ハンマーでは楽な方なんだとか…。

夕方、Kiyoさんと昨夜の続きでまずはミツネ笛を強化したい、とのことで上位ミツネへ。獰猛や通常など連戦し続けたが一向に出ず。気分を変えて防具を作成することにした。何が作りたいか聞くと、やはりウルクがいいとのこと。確か過去シリーズでも作ってらっしゃったと思う。理由はかわいいから。ウルクXはウルクスス素材のほか、ピュアクリスタルや皇帝バッタ、ギアノスの厚鱗などが必要となる。ギアノスの厚鱗はドスギアノスではなく小型モンスターのギアノスから剥ぎ取るのが良い。が、ウルククエではあまり見かけられないのである…。多くのモンスターが休眠する洞穴のところに数頭いることに気づいたのはこのずっとあとのことだ。

19時前に切り上げ、モンハンオフ飲み会へ向かう。これについてはその翌日日記に書いたので、こちらを参照のこと。

 

7/2狩猟日記 まずはタマミツネ

先日の飲み会で皆二つ名(超)攻略の話をされていたりして、いつまでもソロで獰猛四天王も倒せないのも…と思い、順番にやっていくことにした。二つ名の前にまず通常、獰猛とクリアしてからだろう。通常種はそれぞれクリアできたので、まずは獰猛タマミツネに行くことに。(過去ヘビィ、ライト、弓、大剣、双剣、太刀、笛などで失敗あり)

ブシドーハンマーにて報酬保険金をつけて挑戦。しかし4死して失敗。無理やろこんなん。

近くにいるときにかるく尻尾を振る攻撃があるが、あれをただの振り返りと見誤って削られることが多い。あとは突進を避けきれない。大ダメージの尻尾すくい上げの予備動作が読めず、食らって死ぬ。と言った感じで失敗した。

そのあとスラッシュアックスに持ち替えてブシドースラアクで再戦する。なんとなく頭を狙うより尻尾を狙うほうがいい気がしてきた。単純に狙いやすいというのもあるが。続けていったためか、ある程度動きに慣れたのか?尻尾切断まではスムースに進行する。しかしやはりすくい上げの大ダメージが恐ろしい。2死してきつくなってきたあたりで、討伐成功。無属性ではなく雷か毒かそのあたりを作ってくるべきだったかもしれない。

夜、KiyoさんのウルクX作成の続きを手伝う。密林のツアーでピュアクリスタルを掘ったり、ついでに冥カイコを採ったり、ウルクススの足りない素材を集めたり。そして完成し、最後に上位ミツネへ行ったら念願の泡狐竜の水玉が出たらしい。無事ミツネ笛を上位段階では最終強化まですすめることが出来たので二人してばんざーい。

そのあと寝るまで狩りしたかったが入れる部屋もなく、となると野良でさらっと遊べる部屋へ。ブラキ炭鉱へ行ってみると、斬れ味7s3が出現。これは!嬉しい。これもずっと出なくて半ばあきらめていたお守りの一つである。プレイヤーが減ってきている今頃いいお守りが出てもそんなに狩る機会がないのだが…。しかしこれで二つ名一式に武器スロットなしで業物を付与できるのだ。あとは通常弾強化6s3と納刀10s3か…これらも中々出ない。

6/25~29狩猟日記 上位からG級へ週間

Posted on by .

6/25狩猟日記

前日の地元の後輩が午後くらいまではなんとかモンハンやりたいということで、昨日に引き続きランク上げや装備作りの手伝いへ。手伝いといっても楽しんで狩りができるので遊びは遊びだ。しかしどの装備を作るかなど決めきれぬまま、G級に上がったしジャギィXやマッカォXでも…いやもう少しいいものをつくろうか…など悩んでいる様子。

採取ツアーでマッカォ素材を二回ほど集めに行ったあと、やっぱりキークエストをそのまま進めながら装備素材を徐々に集めていこうという話になった。ドスの威信、イャンクック、ゲリョス、砂中からのサプライズ、ロアルドロス2頭と進んでいき、緊急クエスト「泥まみれの商魂」が出現する。G★2へ行くにあたり、ボルボロスの狩猟へ。とにかく今回手伝う上で出来る限りの部位破壊をしていくという目的だ。が、鈍器で頭は破壊できても、尻尾を切断は…ブーメランなど使ってまで、というのも時間がもったいない気もする。(帰宅の時間もあるので) そこはあきらめてクリア。火竜車でドッカーン。

その後G2の面々をみて決めたのか、ギザミXを作りたい!とのこと。ギザミは獰猛でなければまだ、ライトでぺちぺちやっていたら楽な部類なのでしばらく連戦する。雷ライトとしては、ライゼクスのものとパラソルを持っているが、どちらがいいのだろう。とりあえずライゼクスのを使っている。HR542にアップ。このあたりでコハダさんが来てくださったので、キークエストを進める。ヨシュアさんものちほど参加。

  • おのずと岩は動き出す
  • 遺群嶺の緑の女王
  • 転んで跳ねて七転八倒
  • 砂漠の水面に潜む影
  • ババコンガのキノコ品評会
  • ネルスキュラの生態研究 HR543
  • 巨大龍の侵攻(緊急クエスト)

かなりぎりっぎりの時間で緊急クエストが出たが、時間を押しながらもクリア。HR10となった。多分月に数時間くらいしか3DSにはさわれないのだろうな…次はHR11を目指してか。

夜23時前からヨシュアさんとGさんの部屋へお邪魔する。ジンオウガ、獰猛レウス、紅兜G4とやったあと、上位クエストに切り替え。龍歴院前集会所に場所を移す。Gさんのフレンドさん(HR6)がこられ、ヨシュアさんはサブキャラに変更。

  • 素敵な素敵な電竜頭
  • 迷惑な怪鳥と毒怪鳥
  • 千刃竜セルレギオス(緊急クエスト) HR545
  • 廻り集いて回帰せん
  • 熱愛発覚!?竜達の密会!

 

6/26狩猟日記

野良にて炭鉱ブラキへ。アームキャノンXXを装備して部屋を建てたら、見事に全員アームキャノンXXを担いだ方がやってきた。ひとりは大神ヶ島に装備を変更されていたが、皆さん上手くてすべて1分くらいでクリアが続く。アームキャノンXXだと弾の補充も要らないので、早い早い。そろそろ抜けようかなと思った最後に、いいお守りがやってきた。痛撃6溜め短縮4s3。最大値としては溜め短縮5のがあるらしく、4では組めない装備も多いようだ。このいま一歩届かないあたりが私らしい。しかし痛撃は5s3止まりだったのが伸びたので、十分な成果とも言える。

弓や大剣、ハンマーあたりに使えるだろうか。そのあたりぬこさんやのがどさん、あさげさんらから助言をいただく。

実家の木になっている枇杷が送られてきたので、皮を剥いてバニラアイスを載せて食べる。美味し。

夜、KiyoさんとPさんと狩りへ。上位攻略中なので、装備を作るためにもゆるっと狩りへ。獰猛ミツネの尻尾叩きつけ一発で死ぬのが怖い。

  • 幻のハップル?
  • 獰猛ミツネ HR554
  • 獰猛ケチャワチャ
  • 獰猛ミツネ
  • 獰猛ガララ
  • 獰猛ミツネ
  • 獰猛ガルルガ

0時になったので切り上げる。お二人とも滅茶苦茶忙しいらしいが遊んでくださり感謝。ここでAlphaのプレイ時間は600時間となった。スプラ2が出るまではモンハンできるかなーという感じらしい。G級までいけるか?どのあたりまで進められるか…?皆でラオいきたいところではある。メルシーさんもこのメンバーではあるのだが、中々ご一緒できずにいる。

 

6/27狩猟日記

夜、Kiyoさん、Pさんと昨日に引き続き上位クエストを進める。最初Alphaでやっていたが、大将にチェンジ。Alphaでマカフシギをまわしたいのもあるが、素材も欲しい。

  • 獰猛ゴア HR555
  • 廻り集いて回帰せん
  • 吹雪に立つ金獅子
  • 獰猛セルレギオス
  • 獰猛ライゼクス Kiyoさん落ち
  • 白と瑠璃の輪舞曲 HR169 ミツネ最大金冠
  • 冷たき甲冑
  • 炸裂!爆砕拳
  • 奈落の妖星(緊急クエスト)PさんがHR8にアップ
  • その腕前、噂通りかしら…? HR170 PさんがHR9(G級)にアップ
  • 嗚呼素晴らしき也、鬼蛙

Kiyoさんは途中で離脱されたが、そのあとPさんのキークエストを進めたいとのことで、緊急クエストまでたどり着くことができた。そしてメンバーでいち早くG級に突入。装備なども強化していきましょうーと会話して就寝。

 

6/28狩猟日記

夜、Pさんと23時頃から狩りへ。まずはユクモ双剣を強化したいということで、その素材集めへ。

  • 火山のバサルモス メランジェ鉱石と剛翼狙い
  • 火山のバサルモス
  • 大鉱脈、発見さる!
  • 水獣達の争い ユクモ双剣LV5にアップ
  • つつかれて、またつつかれて クエストクリア5500回目
  • 砂中からのサプライズ

 

6/29狩猟日記

部屋が特に見つからず。ミリシタ配信開始日。とりあえず作るだけ作っておく。金沢出身の子がいるらしい。

6/23~24狩猟日記 宝纏/モンハン飲み会

Posted on by .

モンハン飲み会

昨夜は普段参加しているオフ会メンバーの飲み会であった。はじめましての方もお二人いらっしゃったが、合計九名(幹事Jさん、管理人のがどさん、マサさん、DSKさん、Kiさん、Lさん、Rさん、ぬこさん、私)。しかし自分にしてはかなり飲んだためか記憶があやふやだ…前回も似たようなことを言っていた気がする。楽しかったという強烈な印象が細かい会話を吹き飛ばしてしまったような気がする。しかし帰ってからちゃんとお風呂に入って水飲んで寝たようなので、そのあたりの記憶の方がほぼないに等しい。溺れなくてよかった。

個室で長机に並んだが、となりはKiさんとDSKさん。序盤何を話していたんだっけ…リアルの話中心だった気がする。一時間ほど経ってようやく、この三人の口からモンハンの話題が出た時、「ここではじめてモンハンのキーワードが!すでに一時間が経っているのに!」と笑っていたのだ。反対側では超特殊やら鏖魔やら何か話されていたようではあった。DSKさんは鏖魔超特殊をメイン武器である大剣ではソロクリア済だが、ガンナーでもやってみたいと皆にスキルの相談など。どれも使用回数0だそうだが、そこから超特殊に挑戦という精神。ぬこさんとのがどさんのすすめにより、まずは弓からやってみるらしい。その場でシミュっていたら、えらくいいお守りをお持ちだったようだ…。羨ましい。羨ましいが見たはずのお守りのステータスを忘れた。

お守りの話になって、まあほしいのがでないですよねという流れになり。DSKさんはがっつり掘り(ブラキ)に潜っているということだったが、私は装備ボックスの空きの関係もあってブラキで出るのを狙うというよりは、ある程度マカフシギに突っ込めるだけの量のおまもりを掘りにいくスタイルである。炭鉱ブラキはHR解放後になるのでその話をしていたらKiさん「解放…? とは…?」

あれ、あと何を話していたんだろうか…。聞かれたのが「狩猟笛はどの狩技をセットしているか?」ということ。私はMHXXはとりあえずブレイヴスタイルを使ってみようと、ずっとそればかりやっていたのだが、狩技はひとつなので絶対回避臨戦が多かった。ブシドーにしても同じだ。(研ぎ目的)MHXではブシドーで臨戦という感じだったのがそのまま移行という感じ。が、ギルドスタイルもちょくちょく使い、その場合セットできるのは二つなので臨戦と音撃震という具合だ。音撃震は今作で仕様変更になったためつけている(吹っ飛ばすこともあるので野良などではつけないが)。ストライカー、エリアル、レンキンは私はうまく立ち回れないのであまり使うことはない。ただ、他の人の動画でうまく使っていたり、立ち回り研究されているのを見ると、触発されて触ってみることはしばしばあるものだ。

「新しい狩技「アニマートハイ」はどうなのか」とも聞かれたが、私はあまり使っていない。利点はもちろんあるし、決して使えない技ではないのだが、回避から素早い演奏に繋げられるという特色は、ブシドー回避からの演奏で十分かなというのが今のところの私の考えである。ただしジャスト回避の相性が悪い相手もいる。その場合はギルドスタイルで回避性能を盛るとか、アニマートハイを活かすというのもありだろう。ただ私はブレイヴをよく使っているのでついイナシに頼ることが多いが。狩猟笛については出席者の中でもマサさんがメイン武器で使われているので、どちらかと言うとそちらに聞いてもみたかったか。

だいぶ酔いが回って失礼なことをばんばん言っていなかったか心配だ。細かく覺えていないのがまた質が悪い。本当にメモ持っていけばよかったなあと。しかしモンハンの活発な議論を酒を飲みながら出来るというのは面白いものだ。各々がやりたいこと、楽しめることを目標として、目的としてセットし、それを追求すべくスタンスを考える。TLの繋がりもそうだが、幸い私の環境はどちらにしてもどのような楽しみ方も他人のそれを否定するような方はほぼいない。ありがたい話だ。

ああしかし結局1時くらいまで飲んでいたのに、書けるネタが意外と少ない…。終盤モンハン話しているだけで、モンハンがやりたくてうずうずしていたのは覺えている。というわけで今日もモンハンを!やるのです。次回オフ会も参加したいところ。

 

6/23狩猟日記

さて、夜も眠れぬ激痛から一夜明け、朝いちで医者へ行き処置してもらう。処置中もかなり痛かったが、おかげでラクにはなってきた。帰宅後、この日配信されたイベントクエストの「ナイショの霞龍」へ。詳細はこちらのエントリーとなる。

夜、Cさんの部屋にて少しだけクエ回しに参加する。

  • 隻眼超特殊 失敗
  • 宝纏G4 HR533
  • 虚空に消え去りし者

 

6/24狩猟日記

昨日の処置のおかげで夜はおだやかな気持ちで眠ることが出来た。さすがおいしゃさん…。来客対応ののち、MHSPの筐体の置いてあるお店へダウンロードしに向かう。「カプコン・見よ!ニャンター魂」をDLして帰宅。プレイした詳細はこちらのエントリーである。幼体アイルーがかわいいのでオトモ2匹ともに装備させる。うむ。

宝纏G5をクリアしたいが、ターゲットが臨界ブラキと宝纏ときつい。TLでヘルプを叫んでいると、みりあさんが手伝ってくださるという。みりあさんは各二つ名をソロで制覇していっている途中というハンターさんである。心強い。ともあれペアで行ってみる。宝纏は双剣がやりやすかったので双剣で行くものの、臨界ブラキに近接で行くのは恐ろしい。あの爆発をうまくさばけるか? 茶番茶さんがうまく誘爆させてさばいている動画が先日あがっていたが、中々ああは行かないものだ。

しかしみりあさんのおかげでなんとかクリア!ありがたい。みりあさんの素早い粉塵がなかったら2~3回は死んでいたと思う…。ちょっと宝纏の素材が足りないが、これでデアマンテが完成となる。クエスト途中で黒炎王ラヴなHさんが部屋に来てくださった。久しぶり。その後はクエスト回しということで以下。

  • 銀嶺G2 HR535
  • 宝纏G4 HR536
  • 荒鉤爪G3
  • 紫毒姫G4 HR537
  • 白疾風G1
  • 黒炎王G3 HR538

定型文でHさんがえらくツボっていた。

おいしいですよね、博多通りもん。

その後地元の後輩からメッセージがあり、久しぶりにオンラインでモンハンしませんかというお誘い。仕事と家庭が滅茶苦茶忙しく、買ったもののほとんど進められていないらしい。もうキークエストでどんどん進めたいというので、そのお手伝いをする。HR7からスタート。お手伝いとはいえ、あまりガチ装備も面白くないかもしれないので適当なイベント防具一式や武器などで遊ぶ。せっかくなので先日行ってきたUSJのユニバーXX(オトモ)をあげたりした。HRが上がったらイベクエも一緒にやりたいものだ。

  • 廻り集いて回帰せん
  • 熱愛発覚!?竜達の密会!
  • 白と瑠璃の輪舞曲 HR539
  • 冷たき甲冑
  • 鎚と刀の鍔迫り合い
  • ブラキディオス
  • 奈落の妖星(緊急クエスト)HR8にアップ
  • その腕前、噂通りかしら…?(緊急クエスト)HR9にアップ
  • 奈落の妖星
  • 獰猛個体・調査依頼
  • 孤島の暴君、ダイミョウザザミ
  • 牙獣の行水

夜も遅くなったので、このあたりで切り上げる。幸い明日もフリーだそうなので続きを約束して就寝した。

6/30配信イベントクエスト「覇竜との聖戦さ…」!

Posted on by .

本日6/30(金)に新しく配信されたイベントクエストは「覇竜との聖戦さ…」。G級アカムトルムの討伐である。

場所は溶岩島と、最近多くのモンスターが固定的な棲息地からかなり自由になってきたモンスターハンターシリーズではあるが、やはりこういった特定の大型モンスターは各作品ごとにステージが限定されている。G級通常クエと条件はほぼ同じである。イベクエとあって攻撃力などに補正がかかっているのだろうと予想はできる。

野良にて募集して行ってきた。ひとりスラアクで、私含め他3名はモラクディアーカ。私以外は赤冠をつけているとあってかなりのベテランかと思われる。しかしガンナーで防御力は400以上あるとはいえ…

実際アカムに轢かれると皆即死である。少し早めの離脱を心がけたい。保険メシを食べていったので1/3となったが実際のところワンミスイコール死の緊張感があった。私も早めにしゃがみを切り上げて右方向に脇を抜けるように回避。でパワーランからしゃがみ、というのを繰り返していた。正面からいなしてしまうと、体躯の大きさに事故を誘われかねない。いなすにしても、少し横を向いて離脱したいところだ。他のお二人のしゃがみはさらに長い時間撃ちまくっていてさすがと思わせる。(みしらぬひと)

なんとか無事討伐。5分未満ではあるが、これは長引けば長引くほど失敗する確率があがっていきそうだ。剣士で食らったらどれくらい減るだろうか。

報酬は特にかわったものはない。一戦だけの部屋だったが、参加してくださった皆様に感謝申し上げる。

来週は「地底火山の炎の王」。古龍や大型モンスターの強化個体を毎週1個ずつ配信していくような流れになっている気がする。あとはウカム、クシャやアルバ、ミラ系などか。アマツはUSJのがあるからこないかもしれない…か?