3/26狩猟日記 寒冷群島~傘鳥アケノシルム

Posted on
by .

25日深夜、少しだけプレイしたものの寝てしまったため、翌朝から改めてモンスターハンターライズをプレイし始める。まずは小型モンスターの討伐クエストなどで素材を集めていった。採掘場所などを覚えつつ…覚えられるだろうか。

ジャグラス討伐(社に住まう無法者)、イズチ討伐(整備の前のイズチ退治)をクリアし、

  • ボーンホルンI(地形ダメージ無効、防御力UP、攻撃力UP)
  • アイアンホルンI(高周衝撃波、スタミナ回復速度UP、防御力UP)
  • カムラノ鉄笛II(防御力UP、攻撃力UP、体力回復【小】)

を作成する。今作は狩猟笛に色分けされた音符という概念がないようだ。あくまでその笛それぞれに、XとAとXAの三種類のアクション(に音符が付随する)と旋律効果が存在しているという感じになっている。確かに演奏という側面が薄くなったと言われるのも納得する。難しいところだ。

オトモは隠密隊の派遣や素材を増やすときの要員としてある程度必要なのはわかっているので、ちょっとずつ雇用しようと思う。ただ、今のところ情報も仕入れていないのでどういうスキルの組み合わせなどがいいかはわかっていない。ボマーの「ふまんじゅう」加入。初期オトモは素材集めのためコレクトで作成している。

オトモ広場には祠がある。ストーリーが進んだら解禁されるのだろう。

オサイズチのクエスト「三位一体の薙ぎ鎌」へ行く。一応初の大型モンスターということになる。体験版で数回やったので、ある程度動きはわかっている。が、最序盤の鳥竜種にしては動きが多彩なので結構ダメージを喰らったりも。そういえばクエスト受注して出発はゲート近くでなくてもZRで即出発できるのはさくさくとした印象である。MHWでは一応ゲートでなくても出発でき、飛んでいくムービーが流れたりしていたが、ライズではそのあたりも省略されている。

里☆2が早々に解放される。交易が可能になったので、アシストオトモを雇用して「ケチャップ」と名付ける。あつ森でうちの島の住民にケチャップという可愛い子がいるのだった。ハチミツを増やしてもらうことにした。いってらっしゃい。

続いで狩りにいったのは青熊獣アオアシラ。そこまで大きく動きの変わったモンスターではないのだが、狩猟笛の動きに私が慣れていないのか、2回ほど死にかける。採集クエストのホオズキ集め(ホオズキころころ)はまだ場所がよくわかっておらず迷ったのだった。しかし今作はマップで大型モンスターだけでなく、小型モンスターや採集対象アイテムもマーカーが表示されるという親切仕様である。探す楽しみがなくなる気もするが、これも時代なのかなあと思う。不要な人は設定でオフにできるのかもしれないが。そんなわけでベースキャンプからすぐのところに一か所あることに気づいた。20分以上かかったがクリア。

さて、次に強化する笛に悩む。アオアシラの笛(攻撃力UP、防御力UP、音の防壁)にするか、オサイズチの笛(スタミナ回復速度UP、会心率UP、体力回復【小】)にするか。イズチ笛は斬れ味がよく会心アップもついており、使いやすそうだったのでとりあえずそちらを作ることにした。防具もまずはイズチ一式を目指してオサイズチを狩猟しに行く。少しずつ自分のアクションも掴めてきて、一回目よりは危なげなく狩ることができた。

次はアオアシラの素材集めに里クエのアオアシラ、集会所の「ハチミツ争奪戦!」へ。明らかに集会所のアオアシラは体力が多く、20分ほどかかってしまった。集会所はやはり誰かと進めていくか、一旦里に戻ることにした。

定番のポポノタン集め「上手に焼けませーん!」へ。マップ寒冷群島は初めてだ。氷海や凍土などと似た感じで、外海と接しているように見える。ホットドリンクを飲まなくてもいいのはなんだか慣れない。寒さ無効の旋律もオミットされたということだろうし。寒いところの採集と言えば、アイシスメタルとライトクリスタルであろう。採掘場所を探しながらポポも探す。

ちなみに「ー」ボタンを長押しで出すマップから、表示するアイコンを選ぶことができて、これには採集ポイントも存在するので一通りのポイントはマップで確認できる。もう手元にあの分厚い攻略本があるようなものだ。今回の攻略本はあまり部数を出さないのだろうか?確かにコストが掛かっている一冊だとは思う。肉質のパーセント表示や素材の入手確率などもハンターノートの「大型モンスター」の項目でほとんど確認できるので、今回は私は買わないかもしれないなと思う。でもある意味定番商品ではあるのだなあ。

ポポクエのあと、採集クエストの「ぷりぷり、とぅるんっ」(イカダカキの採集)、「眠気をうちやぶれ!」(ドスバギィの狩猟)へと寒冷群島のクエストを続けて受け、マップに慣れていく。大きな古龍の骨だろうか、ジエンモーラン並みの大きさの骨がある。そういえばMHXの原生林のマップにもこういう大きな骨が残されていたな、と思い出すのだった。

☆3緊急クエストで、新モンスターの傘鳥アケノシルムが登場。「変幻の唐傘」。

PVで火を吐いているのをみたモンスターだ。からかさおばけがモチーフだったろうか。鳥竜種だと思う。トリッキーな動きをするモンスターで、動き自体は全体的にイャンクック亜種みたいな印象を受けた。もちろんそのままではなく、回転攻撃が長い羽根での薙ぎ払いになっていたり(思いのほか範囲が広い)、突進がめちゃくちゃな軌道で読みにくかったりする。直線火球はなく、山なりに吐き出す、という感じだ。属性やられ無効の旋律で火やられも回避。怒り状態のくちばしが痛く、一回死んでしまった。MHRise初死。オトモたちに助けられ、討伐。

そういえば今作、新しいマップに行ったときやモンスター開始時(最初の一回)に前口上が始まるのだけど、いい声で私は結構好きである。筆文字も素敵だ。以前は自分で書いて載せていたけど、それをする必要がなくなったのは少し寂しいが。いや筆文字の練習もせねばなので、書けばいいのだけど。

アケノシルムを狩猟後、オトモの雇用数アップ、隠密隊が派遣可能になった。あとはウツシ教官が入れ替え技を全武器ひとつずつ教えてくれた。狩猟笛だと「旋律モード:響」が追加された。なるほど、演奏の形式を変更できたりするわけか。いま設定されているのは「旋律モード:奏」で、同じ音符の攻撃を二回続けると旋律効果が発動するというものだが、響の方だと譜面ゲージに溜めておいた旋律効果をRボタンで一気に発動させるタイプらしい。一度に複数発動したい場合はこちらがいいのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA