4/12~14狩猟日記 終焉を喰らう者・セカンド

Posted on
by .

4/12狩猟日記

前日の11日から12日にかけて、+Alphaの村クエストの未クリアを埋めていった。とあるクエストを出すためである。Alphaの時はやっていったら出たクエストで、今度はそれを出すためにクエストをやっている。作業と言ってしまえばそれまでだが、その中にあっても目標が明確であれば、目指すものがないよりも動機をもたらす。或いは準備運動のように捉え始めていたように思う。そうして、80個ほどクエストをクリアすると、目当てのクエストが出現した。「終焉を喰らう者」である。

まだMHXに慣れているつもりで慣れていなかった1stキャラの時は片手剣で辛勝、といったところだったが、2ndはだいぶ使い慣れたライトボウガンでの挑戦となる。そもそも2ndはライトボウガンしか武器を用意していないのだが。しかし近接と違って防御力は低いが、近くで戦わない分、細かな削りダメージを受ける機会は少ない。装備は十分に揃えたつもりだ。

終焉前装備

本当はこの増弾のピアスのところに、隼刃の羽飾りを付けたかったのだが、その羽飾りが貰えるのがこの終焉なのだった。衝動的に1stキャラのこのスキル構成を作りたく成り、ひた走った二日間である。終焉の出現条件は確か高難度とニャンタークエ以外の村クエを全部埋めることだったっけか。

連れて行ったオトモはガード、ボマー。そしてガードネコには特大タル爆弾、ボマーには回復笛を修得させている。反撃サポートのスキルとガード性能など。結構な頻度で爆弾を取り出してくれる感がある。

最初のイビルジョーは増弾で使いやすくした貫通弾をメインで使っていく。通常弾を余り使わなかったのは、後半のナルガとティガ戦のために弾を温存したためだが、カラハリの調合分が切れてしまうかどうか…あまり気にせず通常弾のみでやってもよかったのかもしれない。ただ、イビルジョーは体長が有る方なので貫通弾の相性が悪いわけではない。弾強化がないのがもったいなかったかという感じである。

終焉途中経過

イビルジョーは捕獲できそうだったので捕獲しようと思ったらオトモにより討伐。残り40分を切った。イビルジョーの死体消失後、ナルガとティガが同時にやってくる。ここから煙玉でも使っておけばよかったのだが、忘れていた。しかし柵でとりあえず最初は分断成功した。その後あがったりさがったりで、分断も半分くらい失敗した。失敗した時は無理せずモドリ玉で戻って待つ。焦りはミスを生み、ミスは焦りを生む。落ち着いて手を休ませて、柵が使えるようになったら再度突撃する。よって時間のかかる手法だ。

終焉途中経過2

しかしながら、体力は低めであろうナルガクルガを残り30分程度のところで討伐。ティガの一撃の怖さにくらべると少し気持ちは楽であった。

ティガ1頭になってからは楽…にはならず、むしろ「まだ油断すれば一撃で死ぬ可能性も高い」と緊張を保ったまま戦い続けた。特にメインとしている通常弾Lv2は速射硬直が避けられない。連撃の心得で会心率も高くなり、顔を撃っていれば怯む率も高いが…それでも突進を避けられないことも有る。早めの離脱が肝要である。

一頭になってからでさえ、被弾による危険状態では無理をセず、モドリ玉を使用した。慌てて回復薬を飲んで、また突進で轢かれたら死んでしまう。

終焉クリア

そしてついに討伐。残り27:34。1stキャラでクリアしたときの日記を見てみると、5分ばかり縮まっている。あっちは後半ひどいことになっていたので、今回は少し気持ちとしては余裕があったろう。あと、獰猛化モンスターなどをあれからいろいろと経験したこともあって、「獰猛化でないだけまし」という謎の心の余裕も生まれていたのかもしれない。

なんにせよクリアして、見切り+2が単独発動する羽飾りをゲット。

さっそく1stと同じくライクロ胴を着て構成しようとしたら…なんとお守りがなく、同じ装備とはいかなかった。うーむ。

 

4/13は職場の飲み会のため、モンハンはお休み。かなり酔っ払ってしまった。

4/14狩猟日記

仕事から帰宅後、みもさん、みりあさん、エルさんの部屋へお邪魔する。

  • 火の海に棲む竜
  • 地底火山の果たし合い
  • 千刃竜セルレギオス みもさんHR7への緊急クエスト

地震。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA