4/24配信イベントクエスト「究極の甲鎧」!ちっちゃな極限グラビモスと極竜玉

Posted on
by .

DSC_1471_2

本日4/24(金)に新しく配信されたイベントクエストは「究極の甲鎧」。ターゲットは極限化グラビモスである。場所は闘技場、受注にはG級特別許可証が必要。甲鎧ってどう読むのだろう、と家にある漢和辞典や国語辞典、古語辞典などを見てみたが、わからなかった。しまった、図書館に調べにいけばよかった…が、ちょうどもう閉まったところだ。今度調べてみよう。私は図書館の参考図書コーナーの、特に言語関係の辞典のあたりが好きなのだ。自分の身になっているわけではないが、なんとなく。

さて撮影のために闘技場に突入してみると、そこにいるのはかなり小さいグラビモス。小さいとはいってもハンターと同じくらいの背丈はある…が、これはいただけない。何故かと言うと、グラビモスは極限化すると主に足元や腹以外が硬化するので通常サイズだとかなり楽な部類に入るのだが、このサイズだと潜り込むのが難しい。双剣や片手剣などだとまだやりやすいかもしれないが、振りかぶるような武器はガンガン弾かれてしまうだろう。抗竜石【心撃】が必要かも。ガンナーならひたすら足を狙う…という手もあるが、的が小さいので難易度は高い。そういう高難度クエと割り切るべきか。高難度クエと違って常に受注できるというメリットはあるが、多分単純に闘うなら高難度クエの方がよほどやさしい…。

野良で太刀の人と二人ペアで行ってみた。実際は3人で出発したのだが、エラーで一人落ちてしまったのだ。私は発掘の水属性片手剣タバルジン。撮影時はガンナーで行ったのだが、ライトボウガンで速射をフルに当てるのが難しく…やはり近接にした。片手剣なら潜り込むのも、ガスから退避するのも容易である。双剣でもいいが、私は乱舞の止め時を見失ってよく食らっているので、自重した次第である。

DSC_1472

極限化を解除してからもう一度極限化したものの、10分ほどで討伐成功。二回極限化しただろうか?ちょっとうろ覚えである。私がブレスを食らったところに粉塵を撒いてくださっていたのだが、そこに直撃があり、力尽きてしまわれた。このままログアウト…なんてこともあり得る野良であったが、幸い最後まできちんと付き合ってくださる方だった。ありがたい。極限状態のときにうっかり乗ってしまったが、相手の抗竜石の状況がわからないのでひょっとしたら渋い顔をされていたかもしれない。

 

「究極の甲鎧」の報酬

DSC_1474

報酬は一段目の確定報酬には「大長老チケット」。二段目には「極竜玉」があった。ここに報酬として出てくるクエストを、私は他に知らない。このあとの極限モンスターの報酬にも極竜玉があり、合計2つ手に入った。たしかグラビモスは大極竜玉が出ることもあったのではなかったか…。だとすると、ギルクエ連戦で溜まって仕方ない…という人でなければ、割りと美味しいクエストなのかもしれない。確定なのかどうかは連戦していないのでわからないが。確定ではないようだが、大極竜玉が出ることもあるんだとか?

 

次のイベントクエストは「巨戟砕くは砲撃の雨」

DSC_1469

次5/1に配信となるイベントクエストはゴグマジオス。さて、チケットはどうなるだろう…。と思っていたら、公式サイトで5月配信予定のクエストがこれ含めて3つ発表されており、それぞれGX装備のチケットがてにはいりそうなことが書いてあった。となるとGX荒天・蒼天?

「喰慾の極限」(極限イビルジョー、原生林)5/8配信予定。GXグリード?

「紅の終焉」(伝説のモンスター…紅とつく伝説のモンスターだと、またミラバルカン?)5/15配信予定。GXミラバルZ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA