3/6配信イベントクエスト「千剣の玉冠」(G級ダラアマデュラのお目見え)

Posted on
by .

DSC_1158

本日3/6(金)に新しく配信されたイベントクエストは「千剣の玉冠」。(千剣の王冠、ではない)今までのクエストでは戦うことが出来なかった、G級ダラアマデュラ原種のクエストである。タイトル通り、千剣山が舞台となっている。昨日の予想だと、G級になったことで何か凶悪な新しいモーションが追加されたのでは…と不安を抱きながら、午前中はオムさんとダラアマデュラ亜種の素材集めをしていた。しかしまあ、この亜種がランダム肉質なせいで欲しい「爪」が手に入りにくい。爪もそうだが、サブターゲット達成に必要な扇刃がなかなか破壊できないでイライラする。かつ終盤にはメテオとブレスのラッシュで回復する暇も与えず、ほぼ根性貫通してくる灼熱の噛み付き…失敗を繰り返したものの、最終的に部位破壊をしてサブターゲット達成で集めましょう、となった。しかしオムさんには爪が出るのに私には一向に出ず、最後の最後の1回だけ、ようやくのことで、1個入手できた。しかし私が強化に必要な個数にはまだ1つ足りていない。これはまた今度やるとして…

午後になったのである。1時からイベントクエストは配信が開始され、ダウンロードが可能になる。さっそくダウンロードして、メンバーを募集したものの、さすがに平日昼間とあって、仕事のスケジュールが少しだけ空いていたオムさん(このあと出勤らしかった)と二人で行ってみることに。亜種で散々苦汁をなめさせられた後、さらにこれで凶悪なG級モーションが追加されていたら…と二人して気をもみながらの出発したものの。

実際始まってみればGダラ原種は、あくまで上位ダラ原種のG級版であるだけであったようだ。特別なモーションは追加されていないように感じる。攻撃力・体力・防御力がそれなりに強化されているだけだろう。まあ、たしかに終盤のメテオは長引かせるとこちらが被弾する確率がドンドン上がり、結果的にクエスト達成が難しくはなっていくのだが、なんとかなるレベルのようである。私は先日作った装備にシャガルのチャージアックスを極限強化して持って行き、オムさんはアーティラートを極限強化していた。スキルもふたりとも攻撃振りのものになっていて、火力は十分と思われる。ガンナーが居たら多分爪や背中、しっぽなどの破壊がままならぬまま終わってしまうのではないだろうか。素材集めをするなら少し気をつけたほうがいいかもしれない。

ダラ討伐

ダラ報酬

部位破壊は確実に全部位済ませてから討伐を目指したため、少し時間はかかったが、それでも二人で15分あればクリアできた。しっぽからは重尾殻などが剥ぎ取れた。これまた結構必要になるんだろうなあ。現に、今とりあえず作ろうとしている狩猟笛「蛇帝弦クロフマデュラ」には「蛇王龍の重尾殻6,蛇帝龍の剛鉤爪3、蛇王龍の大扇刃2、古龍の大宝玉1」が必要となる。操虫棍なんかも上位段階で尾殻が11個必要だったし、G級ともなれば大変そうだ。

防具はリベリオンX/ライオットXシリーズが作成可能になる。見た目はZの色違い。胴パーツが刀匠3s1と、上位のものと同じだったかなと思われる。今のところ防具には食指が動かぬままー。

クエストおわり

ともあれ、お忙しいところ付き合ってくださったオムさん、感謝。まだ素材は必要になりそうなので、またやりましょう。

 

 

来週の配信はというと

mirabore

チャレクエ13

来週の3/13配信イベントクエストには、ついにG級黒龍「ミラボレアス」が登場の様子。クエストタイトルは「運命の黒龍」。これで全モンスターが出揃った形だろうか。ここまで出し渋らなくても…と思うが、なにか考えがあるのだろう。あとチャレンジクエスト13として、飢餓ジョーが配信されるようだ。

3/6配信イベントクエスト「千剣の玉冠」(G級ダラアマデュラのお目見え)」への3件のフィードバック

  1. ベック

    こんにちは!引き続き愛読させていただいております。僕も昼にGダラ行ってもましたが
    心配する追加モーションもなく安定して狩れますね。なによりです。

    返信
    1. Alpha 投稿作成者

      >ベックさん
      コメントありがとうございます。こんにちは。
      原種は安心な感じで、ほっとしました。もちろん、私の場合は油断するとメテオメテオメテオでそのまま昇天致しますが…。
      亜種もなんとかしてほしいものです…。せめてこう、火で軟化するとかそういう条件付をして欲しかった…。

      返信
  2. ピンバック: 蛇帝弦クロフマデュラ完成 | 耳掻きしすぎは禁物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA