12/4配信イベクエ「範馬刃牙・大いなる角竜」!/次のエピソードクエストは金レイア解禁

Posted on
by .

f:id:mh_alpha:20141204202558j:image

本日12/4(木)に新しく配信されたイベントクエストは「範馬刃牙・大いなる角竜」。定番刃牙コラボながら、今回は新しい武器が作成できるもの。クエストはG★1で受注できる。

メインターゲットは闘技場でのディアブロス狩猟。ただし、条件として装備なし・護石なしとなっている。その分ディアブロスの攻撃力は控えめとなってはいるが、怒り状態の突進はやはり痛い。防御術でも発動していれば、少しはマシかもしれない。一発昇天レベルではないので、根性よりも防御術かなあというのが私の選択である。PTで行くなら攻撃力を上げて短時間に終わらせるのがいいか。

私は奇面族の双剣で参加。ネコの特殊攻撃術も食べていく。攻撃力も高いし、研ぐことも多分ないだろう。2麻痺くらいできればいいかなと。

f:id:mh_alpha:20141204202646j:image

ディアブロス自体は狂竜化も極限化もしないので、通常通り。サブターゲットが両角破壊ではあるが、体力も低めなため、PTでラッシュをかけていると折れる前に死んでしまう。剛角も狙うなら、予めその旨を伝えておいた方がいいかもしれない。

サイズは最大金冠。見た目からしてかなり大きいので多分固定サイズだろう。

f:id:mh_alpha:20141204202859j:image

イベントクエストの報酬は「刃牙道の書」。運良く一回目で3枚入手できた。

f:id:mh_alpha:20141204202619j:image

これを使って作れるのが、「範馬刃牙流格闘術」という双剣である。

f:id:mh_alpha:20141204202811j:image

f:id:mh_alpha:20141204202831j:image

格闘術なので、見た目は素手、モーションは双剣のものとなる。まあ、固有モーションをつけようとすると色々難しいと思われる。しかし動きがせっかく素手でありながら、正拳突きのような形はないので、握りこぶしをダーンと打ち降ろしたりといった感じで…なんだかこっちが痛そうに見える。斬れ味は匠をつけても青が伸びるだけ。もっと斬れ味よくてもいいのだが、バキコラボ品はどれも攻撃力は高いが、斬れ味と会心率はひどいことになっているのが定番だったので、会心率がプラスなだけでも使いやすいほうか…。

イベクエ自体ははくやさんも居たのだが、時間になって離脱。せっかく作ったからと、ゆりさん、しろくまさんと三人で1クエいく流れになった。全員が裸で格闘術を装備している。そのままぽんと、ネルスキュラ亜種が貼られた。私とゆりさんは何も知らずに参加する…そこに罠がしかけられているとは。

出発してから「うわー、裸スキュラ亜種かー、絶対死ぬねこれは」と言ったら、しろくまさんの「私は三眼一式(装備)だから」とニヤニヤしながら言われた。私とゆりさん「 嵌 め ら れ た … !」 見た目が裸だったから油断したわ…。

しかしせっかく出発したし、このまま続行。行けるところまで行こう、死んだら死んだでそれも楽し。ネルスキュラ亜種は尻を攻撃しているとすぐひるんでひっくり返るので、そこをうまく突けば死なずにクリアできるかもしれない。しかし合流するやいなや、飛び上がった亜種のトゲがあたり、その場で麻痺昏倒。幸い追撃はされなかったのでそこは死なずに済んだが、しばらくすると怒り状態の毒バサミでゆりさんが即死。私もそれをみて気をつけているつもりだったのだが、地中から毒ハサミを出しながら飛び出した際、閉じた状態の毒ハサミが前方に突き出され、それにあたって即死。あーあーあー。中々これが死因になる人は多くないのではないか。悔しい…。このままクエスト失敗になってしまうのだろうか。

焦って秘薬を飲んでダッシュ。エリアに到着するとスキュラ亜種はすぐに別エリアに移動してしまった。そのまま追いかけるも、エリアチェンジ直後に殴られたスキュラ亜種は力尽きてしまった。討伐成功、クリアー。

f:id:mh_alpha:20141204202952j:image

してやられた感が満載のクエストとなった。楽しかった。

次のエピソードクエストは金レイア

公式よりアナウンスがあり、次のエピソードクエストは「彼女たちの真剣勝負」。ジャンボ村、タンジアの港、ミナガルデのそれぞれの看板娘たちが「アレ」の大きさについてのクエストを出してくるらしい。

3つ目のクエストでリオレイア希少種が登場するっぽいので、レイア系武器で強化が止まっているものなどがようやく作成できそう。また、G級でどの程度強化されているか、少し怖い。レイア亜種のあの突進からなぎ払いサマーソルトも継承しているんだろうなあ…あれを希少種の強さでやられるときつい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA