麻痺片手と睡眠片手/冥雷の魔笛

Posted on
by .

3/6 麻痺片手と睡眠片手

MH3ではチャナ麻痺、P3rdでは虫麻痺剣にお世話になったが、今作ではまたチャナガブルの麻痺剣に戻る。G級でアジダルから先に強化できるのだ。チャナガブルの上棘がなかったので、まずそれを集める作業にはいる。G級の素材はそれまでにそこそこ集まっていたので、早速アジダル・ハーカスから改へ、そしてク・ドルガンにまで強化する。最終強化のクドラ・パルガンは、何故か砕竜の天殻が必要だという。なにゆえ滑り込みでこんなレア素材が入ってくるのか。悩んだ末、もうちょっと天殻に余裕ができてから強化することにした。とりあえずドルガンでも攻撃力294、麻痺170で斬れ味レベル+1で白ゲージは確保できている。ただ見た目がG級から剣というより片手斧っぽくなっており、これは好みが分かれるか。私は元の剣らしい姿の方が気に入っているのだが…。

続けて睡眠片手剣を作成する。これは無論レムナイフを使用していた。レムオルニスナイフは見た目も気に入っており、ブナハ装備と合わせて愛用していた…のだが、G級からはなんとガノトトス系列に有無を言わさず変化させられてしまう。出来ればレムナイフの見た目のまま残して欲しかったなあというのが本音である。ハイガノスパイクの性能自体は文句なしなのだが。

これらの片手剣を活かすべく作成したのが、先日のマイセット装備集のなかにあった片手剣装備である。罠師、ボマー、心眼などで敵を選ばず状態異常に陥れる。本当は状態異常強化なんかも組み込みたかったが、叶わず。あれもこれも入れたくなるのが片手剣装備である。匠を諦めれば多少なんとかなりそうではあるのだが…。しかしレムナイフのために下位ドスバギィの爪集めが地味に時間がかかってしまった。ガノトトスの特上ヒレは《高難度》水竜群来で収集。剥ぎとりで沢山でた。HR96にアップ。

冥雷の魔笛

先日のラギア希少種の素材でラギアの笛が作成できるのだが、その前段階で「海竜の蒼玉」や「海竜の蒼天鱗」が必要となる。というわけでG級のラギア亜種を狩りまくることにした。原種でない理由は単に水中でストレスなく狩ることができないからである。亜種であれば地上なので、Z軸の移動は必要ない。装備は希少種用に作った雷耐性の高い弓装備で、ミラ弓を使用。体長のあるラギア亜種に正面もしくは後ろから貫通矢を放つか、場合によっては横から拡散矢を放つ。所要時間は私だとかなりばらけるが(18分,18分,12分,9分,17分,9分)、それでも6回程狩ると蒼玉が1個、蒼天鱗が2枚入手出来た。一気に冥雷の魔笛まで強化。次は蒼天鱗と雷魂両方が必要となるため、一旦置く。雷魂は1個しかないので、他の装備にどうしても使いたいものがないかしばらく寝かせておくのである。

冥雷の魔笛は白ゲージが異様に長く、旋律も使いやすいものばかりだ。防御力強化【大】、攻撃力&防御力強化【小】に加えて、飛竜系に有り難い風圧完全無効、ベンリなスタミナ減少無効【大】が吹ける。雷属性武器なのでレウス、レイア、ナルガ系にも良いか。

この笛の他には既に作ったものが7本ほどあるので、トンカチには苦労せずに済みそうだ。笛はそもそもコレクションとしても楽しいし、単純に斬れ味や攻撃力、属性で相手に合わせる事無く、旋律なども見てあれこれ持ち替えるのが面白い。この日までに揃えた笛は、

  • 巨笛ギガスゲニア
  • クライゼルシュルネ
  • 岩石笙【駆ノ音】
  • 狼牙琴【異獄】
  • ヤミノヒツギ
  • マギアリア=ロッド
  • 破岩鈴イエログラフ
  • サクラノリコーダー改

など。

その後ジンオウガの天玉を狙って連戦してみたが、毎回碧玉は出ても天玉は一向に出ず。最後の1戦でカヤンバが一個盗んできていて歓喜して就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA