イベントクエスト「ファミ通・大角と巨鎚、決戦!」「JUMP・進撃の炎戈竜」

Posted on
by .

2/23 イベントクエストの「ファミ通・大角と巨鎚、決戦!」へ。

f:id:mh_alpha:20120322115829j:image

ディアブロス・ウラガンキン→ディアブロス亜種・ウラガンキン亜種の同時大連続である。場所は陸の闘技場、参加資格はHR6以降のG級クエストとなる。MH3やMHP3rdで同様のタイトル(ファミ通・大角と巨鎚の激突!やファミ通・大角と巨鎚、再び!)が存在したが、今回はG級のみで、登場モンスターも複合。よりハードなクエストとなっている。

オトモを連れて、ガード出来るランスで行ってみたが、転がって来るウラガンキン、突き上げや突進の激しいディアブロスを同時に相手するのは非常に疲れた。ガードしていてもどんどんスタミナが削られてしまう。ネコの体術でも着けてくれば良かったと思った。幸い体力は低めなようで、爆破とも相まってなんとか最初の2頭を討伐。さすがに剥ぎ取りをしている余裕はなく、回復薬グレートの補給が出来なかった。壁際で多少採取することができる。また、中央に生命の粉塵もある。

最初の原種2頭を倒すと、次は亜種2頭が出て来る。これらの猛攻に私が耐えられようはずもなく、すでに2回死んでいた。ウラガンキン亜種を先に集中狙いでなんとか討伐出来てしまえば、あとは得意ではないディアブロス亜種にせよ、何とかなるだろうと必死で耐える。オトモは大砲だったとは思うのだが、必死すぎてまったく指示を出せなかったので意味がなかったように思う。…というか常にどちらかが死んでいた気もする。そうこうしているうちにガンキン亜種が沈み、あとは冷静に突進にカウンターを合わせて削って行くとディアブロス亜種も沈んだ。おそらくガンキン亜種の攻撃によるダメージも蓄積していたのではないかと思う。

f:id:mh_alpha:20120322115828j:image

報酬は「エンブレチケット」で、スラッシュアックスの「スラッシュフォックス」を作成できる。ただしチケットが5枚必要となるため、このクエストを繰り返さなくてはならない…。ちょっと一人では中々連戦する気力が湧かないクエストだ。私にはきつい。が、後日もう一度いったらディアブロスの最小金冠を入手できた。

ここでプレイ時間が400時間を突破。

2/24 イベントクエスト「JUMP・進撃の炎戈竜」

  • 《高難度》水滸猟(ガノトトス亜種、ナルガクルガ亜種、ラギアクルス亜種の大連続) アグナZ一式にシルバープロミネンスで行ったものの、えらく手こずり…45分でなんとかクリアできた。何がそんなに時間がかかってしまったのだろうか。ガノトトス亜種か?
  • 《高難度》怒濤の尾槌竜(ドボル3頭連続) クリアするとHR80にアップ。クエストリストに「四色影陣」が追加。
  • 月下の夜会(レイア希少種&レウス希少種) 逃げ回って同士討ちを狙うも、逃げ疲れて3死を繰り返す。む、無理だ…。
  • 銀レウス単体クエストを数戦繰り返し、最小金冠を入手。

f:id:mh_alpha:20120322115952j:image

イベントクエスト「JUMP・進撃の炎戈竜」が配信されたので、早速プレイ。陸の闘技場でのアグナコトル原種2頭同時狩猟。G級クエストである。アグナコトルは3Gで随分と苦手な相手になってしまった。突進の方向修正が非常に…避けづらい。すぐに切り返して反対側に逃げれば良いのだが、私の反射神経では反応しきれずそのまま突進して来るアグナコトルにはねられてしまう。あと、方向転換の際の尻尾も地味に痛いのである。

そんなわけで、耳栓でハンマーを担いできたにも関わらず、あっという間に3落ちしてしまった。心眼のある装備で来た方が楽な気がしたため、ランス装備で武器を片手剣に変更。爆砕の裂剣を持って出発。

f:id:mh_alpha:20120322115951j:image

ガード出来ると言うのもあり、かなりやりやすく、死なずにクリア成功。HR81にアップ。

f:id:mh_alpha:20120322115950j:image

報酬の「秘宝Jチケット」は、「キャプテンJブレイド」(大剣)の素材。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA