生態研究報告書まであと1つ/2月中に700,000アクセス

Posted on
by .

2/27に本サイトも700,000アクセスを突破した。MH3Gが発売されて、検索で来る方が多い。有益な情報もなく申し訳ないが。

2/5

私に比べるとあまりプレイ時間は進まない家族も、ついにG級の手前までやってきたようだ。久しぶりに一緒にイビルジョー、「砂塵の牙、地殻の角」、食材クエのガンキン亜、ベリオロスとやっていくと緊急クエストのナバルデウス亜種が出現した。お手伝いってな体で行ってみたが、さすがに二人だと楽だ。初見のときはひーとかぎゃーとか言いながらクリアした気がする。角は2本目は折れないまま。

G級初めてのクエストは何に行くかと相談していたら、ガノトトス亜種ってなんだ!という流れに。とりあえず見たことがないガノトトス亜種に行きたいと言う意見を汲んで、出発。しかし上位装備なので2乙される。私も相当危なかったが、なんとか討伐できた。HR57にアップ。

ペッコガン

ペコヘントパッカーに強化するために、クルペッコ亜種の素材集めへ。

  • 水没林に咲く
  • 高難度 紅彩鳥の喚び声(火山、ジンオウガ亜種を召喚)
  • 水没林に咲く

剛翼が集まったので、チャナの秘棘を剥ぎ取り、ボウガン完成。ペコヘントは「火炎弾」「電撃弾」をそれぞれ5発ずつ装填でき、通常弾はL2が7、L3が10と装填数が多い。散弾は全レベル8発ずつ装填できる。スロットが二つあるのでスキル追加もしやすい。私はとりあえずリミッター解除して、シールドを装着して使用。散弾L3は反動軽減+1があれば使えるか。今の所は選択肢から外している。

翌日2/7は休みだったので、朝から金レイアへペコヘントで。電撃弾と散弾L2、通常弾で討伐。捕獲したかったのだが…。金レイアはサマーソルトなど、近接では苦手な攻撃が多いが、ガンナーだと割合楽な気がする。逆にレウスはガンナーだと急襲やブレスが苦手。ちなみに行ったときの装備はガブルX一式で「見切り+2、早食い+2、スイマー、回避距離UP、最大数生産、回復速度-1」。うっかりダメージを食らっても早食いで即リカバー! 勲章のためにも、今度は捕獲。

双剣でグランミラオスに初めて行ってみたものの、相手が大きいため、ターゲットカメラだと狙いたい肩などの向きをうまく調整できないこと多々。2回死亡。よくわからなかったが、翼は破壊出来たようで、部位破壊報酬で翼を1個入手出来た。あと凶眼と心臓も入手。双剣の使用回数が300回目だった。

生態研究報告書まであと1つ…ナルガ希少種

ナルガクルガ希少種は、ガンランスでならクリアしている。が、まだ他の武器ではクリアしたことがなく、また捕獲も出来ていない。急に力つきるものだから、タイミングが分からないのだ。こちらも必死だし。

が、まあこの日は調子が悪いのか、何回やっても何回やっても3死。心が折れそうになりながらプレイしていると「回避性能+2にするとだいぶ楽ですよ」と教えて頂いた。確かに叩き付けも毒針も避けさえすれば問題ない…。既存の装備をちまちまといじって回避性能+2と斬れ味レベル+1だけが発動しているような装備になった。とりあえずこれに氷双剣を担いで出発。回避性能+2は確かに有る程度適当なタイミングでも回避はできる、が、事故は絶えず、また3乙を幾度か。「後ろ足を狙うのです。転倒します」という点を教えて頂き、実践に移す。

もうそろそろ辞めようかなあと思いながら行った所、20分を過ぎた辺りで2死目、エリアに戻るとナルガが脚を引きずっていた。慌ててシビレ罠を設置して捕獲成功した。しかし朧月は出ない。

これで捕獲可能なモンスターは全て捕獲できたということらしく、「生態研究報告書」の勲章を入手できた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA