MH3G狩り日記1/12 欲張りは3乙のもと

Posted on
by .

ボルボロスの泥を上空に飛ばす攻撃は、G級オンリーかと思いきや、モガの森に出現した上位ボルボロスも使っていた。単に上位ボルボロスをやっていたときにはたまたまされなかっただけか。それともモガの森の上位は、モーションはG級相当なのか?わからない。

G級のクエストを続々を進める。

  • 「ドボルベルク流域」(水没林、ドボルベルク)、匠ンディギギラで尻尾を2段階破壊し、剥ぎ取りから「ドボルストーン」という新アイテムを入手。レアらしい。討伐後基本報酬にて「尾槌竜の仙骨」も入手。P3rdでは苦労した覚えがある。てっきり仙骨の上は天骨(てんこつ?)かと思っていたので、ドボルストーンとはなんぞやと思ってしまった。なんだろう、名前に神々しさがない。
  • 「電怪の謎を追え!」(ギギネブラ亜種)、悪夢の口が剥ぎ取りで2個も入手できた。
  • Gチャナガブルは初期エリアが1なのだろうか。3頭クエでカエルを垂らしてもいつまでたっても来ず。提灯を破壊したがいずれも高級提灯玉。最高級はどこへ。秘棘が4本出た。
  • 「群れ長と翠水竜の狩猟」ではガノトトス亜種にぎたんぎたんにされ、回復薬Gを20個使い切ってのクリア。なぎ払いブレスがうまく避けられない。
  • 「リオレウスの狩猟」はスラッシュアックスにて。
  • 「砂原の角竜を狩れ!」イビルジョーが乱入してくるも、こやし玉で追い払う。1乙にて捕獲。基本報酬に「堅牢なねじれた角」が2本あり。しかし今回はそれの上を行くレア素材が存在するという。私に果たして出るのか?
  • 「ウラガンキンの狩猟」、尻尾をなんとか切り落とし、剥ぎとりから爆鎚竜の紅玉を当てる。中々でないので苦労している。報酬のお守りから「回避性能6スタミナ3」を入手。双剣に使えるか。
  • 「火山の熱帯地より」(リオレウスとウラガンキン亜種の同時狩猟)へ。クリアするとナルガ亜種クエが出現した。
  • 「暗中・迅速・太刀打ちの影」(ナルガクルガ亜種) 今回初。上位では出て来ず、G級からの登場となった。ナルガ系と相性の良さそうな双剣、アルコバレノで出陣。ナルガクルガ亜種というと、棘を出さずに尻尾叩き付けのあと、連続して棘を出した状態の叩き付けへとつなげる攻撃が、原種と違う大きなポイントであったが、今回は回転攻撃においても変化が見られる。怒り状態で回転すると今度は反対回転での攻撃になる。回避のタイミングは難しくは無いが、忘れて喰らうことも幾度かあり。

ちなみに原種は棘なしの叩き付けのあと、回転攻撃へ派生する新モーションがある。

このあたりでプレイ時間が200時間を越えていた。しかし進行状況の割にはやはりPTプレイで同じクエストを連戦したりすることもないので、圧倒的に時間が少なく感じる。P2Gとかであればもっと行っていたように思う。どうだったか。

続けてブラキディオスの天殻を求めて、「粉骨砕竜」へ。しかし2頭クエのブラキディオスの体力に慣れてしまっていたところへ1頭クエ。これがまた酷いことになった。尻尾も切って弱ってきたなというところで、欲が出てしまったのだ。もしかしたら落とし物を粘れば天殻が入手できるのではないか、と。これは一発目のクエストで落とし物から天殻を拾ってしまったことが原因か。

油断したのに感づいたのか強烈な一撃で1乙。しかしもう捕獲できるだろうと秘薬も飲まずに出くわした所へ一撃死。これで後がなくなり、罠にかけて捕獲玉を投げたと言うのに、時間が経ちすぎて体力が回復してしまっていたらしい…捕獲出来ず。あわてて秘薬を飲もうとアイテムロールしているところに…3乙目。これは、ひどい。かなり悔しい思いをした。悔しいと言うか、情けない。欲張ってはいけないということか。

その後数回ブラキディオスを狩ったものの、天殻は入手できず。ついていない日である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA