投稿者「Alpha」のアーカイブ

5/4~6狩猟日記 初めて20分を切る/狩猟笛PT部屋

Posted on by .

5/4狩猟日記

夕方より、コハダさんとしろくまさんと笛PTプレイ。夕飯までの短い時間だったが、獰猛ゲリョス、狩魂よ砂中に眠れをプレイ。HR319にあがった。しろくまさんとは笛で遊ぶことも多いが、コハダさんは珍しい。

夕飯後ソロ燼滅刃の練習をする。

この日はじめて15分針でクリアとなった。毎回少しずつ改善できている気がする。HR320にアップ。

風呂後部屋を建てたところ、c2さんが来てくださった。紅兜G1ではモロコシを担いでいったが、手数がたりず、そのせいでこちらに紅兜が来てくれないため中々手が出せなかった。獰猛ベリオではエリアル操虫棍を久しぶりに使ってみたのだが、これがまた当たらない…。操虫棍は難しい。まあよりによってひょいひょいと左右に回り込むタイプのモンスターで担いでいったせいもあったが。練習せねばだ。

その後ゆりさん、あさげさんも来られて4人でまだ未クリアだった「狩人達の究道」へ。これは獰猛四天王+ディアブロスというクエストで後回しにしていたのだ。さすがに四人いればクリア。しかしライゼクス戦は危うかったが。他、金雷公G4、呼び合う太陽と月(金銀)へ。金雷公もG以上はこの日が初めてであった。そこまで大きく変わりはないか。

 

5/5狩猟日記

昨日行ったクエストの素材でライトボウガンのブリザードタビュラとサージが完成。ついでにミラバルカンの操虫棍を作成。爆破属性で使いやすいと噂だ。実際それを持って獰猛ザボアザギルに行ってきた。16分かかったがクリア。ブシドーで行ったが、ブレイヴはどんな感じだろうか。素材が集まり、ヘイルストームとハーイザルヴを完成させた。氷属性武器が充実してきた。

その後ふみひこさん、ヨシュアさんらと狩りへ。炭鉱ブラキ、鎧裂G5、アマツマガツチへ行った。お守りはいいものは出なかったが、鎧裂ではサージがいい仕事をする。グラビモス・ディノ・鎧裂という取り合わせだが、なぜそのメンバーなんだろうと思ったらふみひこさんから殻のメンツだと教えていただいた。なるほど!確かにグラビ殻、ディノ殻だ。HR324にアップ。

午後、チコさんの部屋にお邪魔し、MさんDさんら初めての方ともご一緒できた。途中DさんがVさんに交替された。

  • 天眼G5 HR325
  • 天を廻りて、冥界に堕つ
  • 金色超新星 HR326
  • 砂漠の死闘と未来
  • 天眼(超)失敗、失敗、失敗 手強い
  • 黒炎王G2 HR327
  • 暑い熱い砂漠
  • 天眼(超)リベンジ。麻痺操虫棍ブシドーにて。クリア!最大金、HR328

天眼の超特殊許可はきつかった…。一撃が重い。最も後日いった金雷公超などに比べるとまだましな方なのだろうけど…。

風呂後、ゆりさん、コハダさん、もちさんと笛オンリー部屋を建てる。全員笛しばりで狩るという部屋である。旋律効果が画面を飛び交う!皆超強化状態!楽しい!

  • 古代林に来たりし黒き蝕
  • 獰猛ババコンガ
  • 大雪主6
  • 漆黒の影 HR329
  • アトラル・カ
  • 渾沌ゴア・マガラ
  • 岩穿4 HR330
  • ハプルボッカ

笛をそもそもまだあまり作っていない方も合わせてくださり感謝。ゆりさんが笛装備作ったぞーとおっしゃっていたので、じゃあそれなら笛部屋で練習しようぜ!となったんだったと思う。またやりたいものだ。

 

5/6狩猟日記

フルフル笛をそういえば作っていないことに気づき、下位素材から集める。下位ライゼクス、上位獰猛フルフル素材と集めていたら一気に最終強化にまで至った。叫喚のフルフルート完成である。

その後ふみひこさんの鎧裂を手伝いへ。メリノさん、8等兵さんと一緒に行く。G3~4数戦で、家事により抜けてしまったのが残念。また参加したいものだ。

昼からモンハンオフに参加し、その内容についてはこちらのエントリーを参照。

 

5/22配信イベントクエスト「4本の角」!

Posted on by .

本日5/22(月)に新しく配信されたイベントクエストは「4本の角」。これは事前告知なしの配信だったのだが、たまたま13時にDLコンテンツの予告を見直しにいったら配信されていた。

 

過去シリーズでも幾度かこのタイトルのクエストはあったと思う。基本ディアブロスが二頭のクエストである。ディアブロス亜種二頭の場合は黒のファランクスというイメージが強い。これはMHP2Gのせいだろうか。

今回はG級(HR9~)のクエストとなり、サブターゲットはどちらか一頭でいいので、両角の破壊となっている。特別強化個体というわけでもなさそうで、ディア素材集めにはいいかもしれない。ただ過去作品と違って、MHXとMHXXでは獰猛素材という壁があるのだが…。

野良にて募集したところ、二人で行ったら3死失敗。酒場に戻ったら無言で去って行かれた。残念。そのまま待っていたら4人揃い、再度出発。ライトボウガン、弓、大剣、そして太刀の私である。野良だとお互い力量もわからないのでどこまで気を遣えばいいか悩むところだが、とりあえず閃光で足止めして貫通ライトでダメージを稼ぐ。弓の方は蜘蛛弓だったので一応大タル爆弾Gを持ってきたのだが、特に眠らせる様子はなし。音爆弾は皆の火力で使う暇はなかった。生命の粉塵は互いに使い合えるPTだったのが嬉しいところ。調合分まで持ってこなかったが、十分間に合った。大粉塵はあるが。

角が折れないまま眠ってしまったが、私が持っていた大タル爆弾Gを角付近において蹴ったところサブターゲット達成。そして罠を置いて捕獲フィニッシュである。礼を言って退室。ありがとうございました。

ちなみに報酬にイベント素材はなし。

だが大地を穿つ剛角は手に入った。これは嬉しい。ほかは上質だったよ。サブタゲの報酬は背甲だったか。

あと固定ではないとおもうが、片方がとても大きく感じられ、実際最大金冠だった。

5/21モンハンオフ日記

Posted on by .

二週間前に参加したものと同じ会、今回ものべ18名?の参加者があった。私はお昼を食べてから参加。12時くらいとは言ったが、実際会場についたら13時頃であった。特に途中参加、途中抜けしてもよい会なので気楽である。それに参加費も安く、持ち込みができ、電源も使える。トランプで組分けして好きなクエストを回して狩っていく。到着したときにはすでに十数名が一部屋に集まっていたので、ここでシャッフルとなった。

あらかじめ名前を出してもいいよと意思表示してくださった方以外は適当なアルファベットとなっている。内容については、いつもの通り淡々とした記録になってしまっているが。

Gさん、Shinyさん、Lさん組

最初初めてご一緒するGさん、LさんとShinyさんとの4人部屋にて。Lさんはニャンター、かなりやりこんでいらっしゃるのか、3rdキャラでねこ縛りだという。私の大将も3rdキャラ(2ndはまだXXでは動かしていないので実質セカンドみたいなものだが)だが、やりこみ具合が違いそうだ。実際プレイしていても攻撃、サポート行動などの動きが活発だった。金雷公1、黒炎王G2とやったところでメンノンさんがいらっしゃったので同じ部屋内で再シャッフルとなった。

 

Bさん、Tさん組

今度は三人部屋で、私の番となった。のちのち見返してみると私が部屋主にあたったパターンが多い日だったように思う。アカムヘビィ用に達人珠3の素材集めへ。上位アカムである。サブタゲが背中破壊なので大体メインかどちらかで確実に手に入る。ソロでやってくるべきだったかもしれない…。その後は以下のクエスト。

  • 感動の生まれる瞬間(イビルジョー&ラージャン同時)
  • 獰猛グラビ&ネルスキュラ
  • 獰猛ベリオロス

闘技場での同時狩猟は柵分断が難しい。分けたい時に限って二頭とも同じ側に寄ってしまって…。このときもばたばたとラージャンが暴れまわって大変であった。なんとかクリア。獰猛ベリオの素材が集まり、ベリオ太刀が最終強化に至った。

 

メンノンさん、RYさん組

たまたま横並びに座った三人がくじで同じ組となった回。で、また私が部屋主なので最初である。先ほどまで獰猛が続いていたので、未クリアの通常種を貼らせていただいた。

  • 身体の芯までビリッビリ HR108 最大金冠
  • 獰猛ケチャワチャ
  • 獰猛ベリオロス
  • ガララアジャラ
  • ゼルダクシャ HR109
  • ゼルダクシャ

ケチャワチャ戦で私のハイリア装備一式にメンノンさんが興味を示され、クエストを持っていないとのことだったのでRYさんの回も含めてイベクシャへ。ハイリア装備はいいぞ(私の好きな心剣一体がある+グルメもある)。RYさんは先ほどご一緒したBさんらと同じくこの組が終わった時点で帰られた。チケット足りただろうか。

しかし獰猛ベリオロスの一撃が重い。剣士でもごっそりもっていかれるし、ガンナーなら一撃死だし…。作ったばかりのアカムヘビィ装備でひたすらしゃがんでダッシュしゃがんでダッシュして1エリアで足を引きずるところまでは行けたのはよかったか。長引くと死ぬ確率がガンガンあがっていく。なんなら罠もフル活用して沈めたい相手である。

それより鼻水が止まらなくてお二人が乗り攻撃している間は鼻かみチャーンス!であった。すみません。RYさんおもしろいことをいう。

 

JUNさん、Tさん、TNさん組

部屋主。TさんとTNさんがこの組の途中で帰宅の時間となってしまったため、三戦で終了してしまった。しかしセルレギオス、トラウマガンキンと続けて最大金冠が出る運。まだ持っていなかったのでありがたい。やはりG級は金冠がよく出る。この日メモし忘れも含めてかなりの数の最小金冠、最大金冠が出ていた。JUNさんの装備の見た目がはげしいものになっていた。そうか、考えてみれば今まではスキルの縛りがあってもそういう装備にしていたが、今作は合成がある。スキルはガチで見た目がすごいことになるのはもはや必然なのでは? 定型文はまあ、私も人のことは言えぬ。

 

PEさん、AOさん組

AOさんの隣がぬこさんで、賑やかな方なので私の低い声が完全に吹き飛ばされてAOさんに到達できないでいた気がする。ローカル通信なのだけど定型文併用という、面白かったが。そういえば結局ぬこさんとは一度もご一緒することはできなかった。残念。PEさんは前回いらっしゃったがご一緒できなかったので、今回が初か。

  • 朧隠G4
  • 絆の証!孤島の大決戦(ロア、ナルガ、ラギア) HR394
  • バルファルク
  • 炭鉱ブラキ

この時も私が部屋主で、「朧隠G4貼ります!」と言っておきながら、何故か貼ったのがG1で、出発前まで気づかず皆困惑顔。すっかりG4はったつもりでいたのだが…。同じ部屋ではないShinyさんにまで突っ込まれる始末。G4は一回死んだだけで報酬金がゼロになるクエストなので無意識に逃げてしまっていたのかもしれぬ。

バルファルクが終わった時点で組み変更の時間も近かったが、10分くらいでなにか1クエということで、炭鉱ブラキへ。そこで同じく終わるのを待っていたDSKさんが4人目として臨時参加した。その方が早く終わるしありがたい。DSKさんとは組は一緒になれなかったが、このとき一回だけご一緒できた。MHXのときに一回一緒になったことがあったか…なかったか…。ないかもしれない。ブラキは足を引きずって下のエリアに移動したのだが、高台になっているところに罠を置いて待っていたら壁を登ってそのままドカーンと攻撃してくる。DSKさんはその巻き添えで捕獲直前に昇天なさった…。そのままサブターゲット達成で終了。お守りは特にいいものはなかったが、マカフシギにつっこむ分は少し確保できたのでありがたい。

 

Shinyさん、SOさん、MAさん組

本日最後の組、部屋割りのとき部屋主以外を伏せて置いて、誰がどの部屋になるかというので盛り上がっていた。なぜか私がとある部屋の部屋主固定。客観的に見れば特別どこの部屋だから何かがある、というわけではないのだが、こういう部屋割りひとつをとっても盛り上がれるというのは楽しいことだと思う。なんというか、ただコインの裏表を当てるとか、蹴った石がどこそこの穴に入るかとか、そういう小学生の頃ただそれだけのことが「面白い」と感じることができた、そういうものに通ずると思うのである。私やこのブログがそんな遊びのだしにしてもらえるなら、嬉しいことだ。(ただ、新規の方はなんのこっちゃ、と困惑していたかもしれない) そんなわけでSOさん、MAさんどちらも私がご一緒するのは初である。結局幹事のマサさんやぬこさん、のがどさんらとはご一緒できず。いらっしゃったことはいらっしゃったのだけれど。

  • 上位獰猛銀レウス
  • ライゼクス
  • タマミツネ
  • 重量級の女帝 HR396 MAさん帰り
  • 獰猛ホロロ 3死失敗
  • ゼルダバサル(上位)
  • ティガレックス
  • シャガルマガラ(上位)

銀レウスはShinyさんが貼られたのだが、3GかMH4のときだかの金冠狙いの連戦で「アルファさん」がとうとう「シルヴァーさん」と呼ばれていたことを思い出す。アルバ連戦のときは「アルブァー」さんとか。

借りている部屋の時間までに部屋を皆で片付け、帰る準備をする。オフ会のあとのラーメンは今回は辞退した。どうも昨日あたりからアレルギーがでているのか、鼻水が止まらぬ。Gさんがイネ科の反応が昨日からひどいですよね、とおっしゃっていたので、それかもしれない。私も同じくらいのタイミングで酷くなってきていた。鼻の調子は最悪だったが、楽しかったのでまた参加したい。

今回からネームプレート(首からさげる)を導入されたようだが、私は良い試みだと思う。新規の方も増えてきているし、相手からも、こちらからもわかりやすい。

5/19配信イベクエ「牙狼・闇に堕ちし呀」,「飢え渇き生態を蹂躙す」!/来週の予告

Posted on by .

本日5/19(金)はイベントクエストが二つ配信となった。まず1つめから。

 

牙狼・闇に堕ちし呀

こちらは深夜の特撮ドラマとして十年ほど前に放映されていた牙狼<GARO>とのコラボクエ。私は元ネタは知らなかったのだが、当時やっていたんだなあ。私はちょうど結構追い込まれていた時期だったと思うので、やっていたとしても見ている余裕はなかっただろうなとふと思うた。ガロと言うとどうしても雑誌の方が思い浮かんでしまう。

ちなみに呀とは「口を大きく開けて声を出すこと」。読みは「ガ」でいいんだろうか。らんま1/2の中国人キャラが「アイヤー」とか言っていたが、あれを漢字に直すと「唉呀」となるらしい。

G級クエストでHR13以上、解放済みからの受注可能クエスト。ターゲットが獰猛化ジンオウガで、ちょっと目を疑ったのだがサブターゲットが「リオレイア希少種一頭の狩猟」となっている。つまり乱入してくるということか?しかも場所が塔の秘境と、エリアチェンジもできない。

しろくまさんととりあえず二人で下準備もそこそこに行ってみたが、エリアに入ってすぐしろくまさんがたいたけむり玉であたりが白くけぶる。金レイアに発見されてしまったが、ジンオウガは…と周りを見ても、いない。メインターゲットがいないのだ。

そこで理解した。G級二つ名などである、一定の体力以下となったときに乱入してくるアレだと。となるとこのクエスト、こやしで追い払うことも出来ないのだから実質ジンオウガと金レイアの2頭狩猟クエストではないか!もちろん金レイアを倒さないでクリアしてもいいのだが、あとからやってくるメイン、しかも獰猛化で体力が高いジンオウガを狩る間、金レイアを放置し続けるのはあまりにも危険である。特別コミュニケーション手段があるわけではないが、ふたりともなるほどならばと閃光や罠で足止めしたりしつつ金レイアをひたすら攻撃。しかしジンオウガが超帯電ともなると暴れっぷりが半端ない。おかげで死ぬ死ぬ。クエスト失敗とまではならなかったが、一撃の重さもあってしんどかった。

だが大体ジンオウガがやってくる頃には金レイアも討伐ちょっと手前くらいにはなっていたと思う。いちど、クエスト確認で残り時間をみたら残り44:30くらいでジンオウガがやってきていた。クエスト自体は15分くらいでクリアできていたので、多分そこから数分で捕獲ラインには行っていたのではないだろうか。

ジンオウガは氷が弱点だが、金レイアは雷が弱点である。二頭に共通する目立った属性の穴はないが、強いて言うなら水か。だが汎用性のある爆破武器や毒武器がいいかもしれない。私はアルコバレノを作っていなかったので、途中で作ろうとしたのだが「砕竜の黒曜甲」が足りず強化できなかった…なので、ガルルガの毒双剣を使用。会心率が高く、スロットも3あるのでそのときの装備「超会心、連撃の心得、業物、斬れ味レベル+1、見切り+2」にちょうどよかった。実際会心エフェクトが出っぱなしでレイアにせよジンオウガにせよ、こかした回数はなかなか。

報酬としてもらえるイベント素材は「ザルバのかけら」。ザルバとはこのドラマの主人公が身につけている、意志のある指輪のこと。ちなみに旧魔戒語で友という意味らしいフレンズだよ。

このザルバのかけらを使って作ることができる装備が、防具「黄金騎士」一式と大剣である。

黄金騎士一式でスロットは1が4つ、スキルが「超会心、力の解放+1、明鏡止水、挑発」となっている。抵抗値は火耐性が高く25、他は5となっている。何か火に強い設定があるのかもしれない。ガンナーも確かスキルは同じ。

背負っている大剣は「牙狼剣」。太刀っぽいが大剣である。

最終強化すると「真・牙狼剣」から「極・牙狼剣」となる。作成から獰猛化雷狼竜重殻を使うが、このクエストのメイン報酬でひと枠2個貰えるのでかなり貯まる。まだラージャン武器を強化しきっていないので、羅刹の金剛角を2個使うのは少し惜しい…。

3回やってどれも2個ずつしか素材が貰えなかったので、剣士一式未強化、大剣作成しただけで止まっている。また集めたい方とタイミング合わせてやりたいところ。手応えのあるクエストではある…。ソロではやる気になれないけれど。

 

飢え渇き生態を蹂躙す

さてもう一つのクエスト「飢え渇き生態を蹂躙す」も配信されていたのでDLしてきた。G級の飢餓ジョーを狩猟するクエストだ。酒場のクエストだと確か砂漠のしかなかったと思うが、こちらは「遺跡平原」。何故だ、嫌がらせか。苦手なフィールドである。HR13以降で参加できる。

太刀でディノX一式に装飾品をつけ、「斬れ味レベル+2、剛刃研磨、回避性能+2、集中」で行ってきた。耐震は付けず、回避性能+2の無敵時間ですべて避ける。あとブレイヴ太刀なのでイナシたり色々。しかしまあ完璧にできるわけではなく、また地形によるトラップで被弾しまくる。傾斜で微妙なズレ、思わぬタイミングで段差に登ってしまったり、段差からジャンプしてしまったり…

一度失敗してしまったが、二度目でリベンジ完了。

よし。しかし地形に苦しめられたせいなのか、それとも通常クエストよりも体力多めなのか?私の勘違いかもしれないが。まだまだ飢餓ジョーと獰猛ジョーの素材は装備作成に欲しいので、集中力と体力が回復したらやりたいものだ。

 

次のイベントクエスト配信は

次は来週の5/26(金)が配信日となっている。すでにアナウンスのあった「ハンターハンター」とのコラボクエストの他にも二つ。

まずこちらが「ハンター×ハンター・最終試験」で、ゲネル・セルタスとネルスキュラの狩猟クエスト。

もう一つが「哭き呻くもの」、これは渾沌に呻くゴア・マガラがターゲットである。

そして三つ目が「影蜘蛛ハンティング!」。影蜘蛛好きなら狩猟逃しなく!て。何故そこまでネルスキュラを推すのか。それならギギネブラも復活させてくださいと思う。いっそ、何かこう…「どくどくチケット」みたいなのでヤミノヒツギが作成できるとか…。要するにギギネブラの狩猟笛を復活させて欲しいという願いである。

この日は午後から出る予定もあるので全部できるかどうか…少なくとも、ゴンさん装備は完成分集まるか不安だ。

USJ先行配信イベクエ「USJ・霊峰に吹き荒れる嵐」!

Posted on by .

昨日の「USJ・乱れ荒れ暴れ狂う角」に続き、5/8からユニバーサルスタジオジャパン(USJ)にて先行配信されているイベントクエスト「USJ・霊峰に吹き荒れる嵐」に行ってきた。貼ってくださったフレンドさんに感謝申し上げたい。

こちらはHR13以上で参加できるG級クエストとなっている。アトラクションに登場するモンスターがアマツマガツチであることから、それにあわせての選定だろう。G級アマツにはまだ数えるほどしか行っていないので、通常個体とどれくらい違うか正確には判断しかねるが、おそらくは多少強化された個体だと思われる。

というのもガンナーだけでなく剣士でも一撃でかなり体力を持っていかれたのをみたからだ。即死…多分即死に近いくらいのダメージだったと思う、防御力は800はあるだろうに痛い。怒り状態でなければガンナーでも驚くほどのダメージはないのだが、大技には気をつけたい。吸い込みの際には皆確実に逃げるか、一斉に攻撃するか予め決めておきたいと思った。今回はとにかく攻撃しまくったし、私は貫通ヘビィだったので失敗したら死ぬ覚悟でしゃがみ撃ちをしていた。三人の火力で毎回怯みダウンをとれていたので結果的にはよかったろう。ただ、上空からの水ブレスは事故防止のためモドリ玉でBCへ戻って、弾調合時間に充てた。

サブターゲットの両前脚破壊は比較的やりやすい方だと思うので、これは必ずクリアしておきたい。サブタゲ報酬でもイベント素材が手に入るからだ。いっそソロで討伐が苦しければ前脚破壊サブクリアでも集められなくはなからう。防具作成の素材を集めるのは難しそうだけれど。

フレンドさんの時間の都合もあったが、4戦もやることができた。大体1回につき5~8分程度。4人いれば5分かからないかもしれない。モラクディアーカで行ったが、イヴァンでも行けるだろうか?悩むところだ。離れた状態からならまだしも、吸い込まれてくっついた状態で貫通3はあまり美味しくなさそうな気もするし、調合のことを考えるとハリマグロの在庫が微妙であった。ツラヌキは増やしやすくて良い。鳥竜種の牙が一番調達は簡単なのだが。

報酬には「スタジオXXパス」が入っている。あと基本報酬で毎回玉が出ていたので出やすいのかもしれない。アマツ系装備も作りたかったので丁度よかった。この素材の説明文だと「特殊な武器や防具」とあるのだが、いくら見ても防具しか見当たらなかった。私の見落としだろうか?しかし事前にアナウンスがあった太刀は前の配信クエストで最終強化まで行けたし…。

ともあれ作成できるのはハンター用の防具「和歌・極シリーズ」「和楽・極シリーズ」(女性用)である。男性用は「烈火・極シリーズ」「活火・極シリーズ」となる、らしい。

防具作成には1パーツにつき1枚、強化に1枚必要となるため、剣士一式で10枚あれば最終強化できるそう。ガンナーと両方作るならば20枚あればよいとのこと。この日は12枚集まった。剣士かガンナーどちらを最終強化するか。

スキルポイントは剣士で上記のようになっている。「業物、集中、回避性能+1、回避距離UP」で、ガンナーは業物が反動となっていた。剣士は太刀やスラッシュアックス向きだろうか。しかしガンナーの集中と反動の同居はちょっと使いづらそうだ。弓に反動はいらないし、ボウガンに集中は不要だろう、多分。何か私の知らない使いみちがあるのだろうか?裏稼業とか剛撃とかそのあたりでも付けてもらえるとよかったのだが。スロットも1×4しかないのだし、私なら会心強化10ptくらいつけてもいいかなと思う。

連れて行っていただいたフレンドさんに改めて感謝。USJ行きたい。

 

次の配信イベントクエストは5/19

すでにMHXXイベクエまとめのページに追加はしてあったのだが、次のイベクエの配信予告が出ていた。

  • 「牙狼・闇に堕ちし呀」 牙狼<GARO>とのコラボ。防具として「黄金騎士シリーズ」、武器として「牙狼剣」が作成できる。ターゲットは獰猛化ジンオウガと思われる。
  • 「飢え渇き生態を蹂躙す」 飢餓ジョークエ。

また、5/26にはHUNTER×HUNTERとのコラボクエも配信されるそう。ゴンシリーズ防具が作れる「ハンター×ハンター・最終試験」で、ネルスキュラ、ゲネル・セルタスの狩猟クエストらしい。

こうなるといよいよ、発売前からわかっていたコラボ系クエストは残りひとつとなった。MHBのものである。これは頂上大会の決勝かなにかで現地で先行配信されるんじゃなかろうかと予想している。今作はハイペースでコラボクエを2、3ヶ月くらいで集中配信している感じだ。もうタネがないのかと思うと寂しい。極大モンスタークエとか追加してくれまいか。

USJ先行配信イベクエ「USJ・乱れ荒れ暴れ狂う角」!

Posted on by .

5/8からユニバーサルスタジオジャパン(USJ)にて新しいクエストが配信されている。前半が下位、上位だったのに対し、今回はG級が二つである。フレンドさんがダウンロードしてきたのを貼ってくださったのでメモメモ。まずはそのうちの一つ目「USJ・乱れ荒れ暴れ狂う角」から。

G級ニャンタークエストとなっている。ニャンタークエストに多い、対象の狩猟ではなく「部位破壊」がメインターゲットになっているクエストだ。討伐したり捕獲したりするとクエスト失敗となってしまうので、それなりに部位を狙っていく必要がある。

しかしこのクエストの特徴として、対象のディアブロスのサイズが極小なのだ。それによって本体へのダメージが蓄積して倒してしまうおそれもある。しかし通常サイズにくらべるとなんとなく動きがちんまりもったりしていて戦いやすいモンスターだった。ブーメランで闘うのもいいが、私はブラキ武器(近接特化)で大車輪中心の攻撃パターンで攻めた。乗りダウンや麻痺などもPTで協力してやると戦いやすい。

まず一戦目。

討伐、というかこれは捕獲か。いずれにせよ失敗である。が、これは計画通り(出発前は適当に、とは言っていたけど)。このディアブロスのサイズを記録するには狩猟する必要があるのだが、メインターゲット達成だとサイズは記録されない。なのでクエスト失敗覚悟でひたすら頭以外の部位を皆で狙って倒したのである。しかしタフだった。確か15分くらいかかって討伐したのではなかったろうか。(3人)

しかしこれで、

もうすでに最小金冠は持っていたとは言え、大幅にサイズ更新(597.90cm)である。MHXXは金冠はわりと出やすい気はしているが、こういうサイズ固定のものは気が楽だ。

二回目、三回目はきっちりとメインターゲットを達成してクリア。ボマー猫での睡眠爆破というのもなかなか面白い。私ではないのだけれど。

 

クリアするともらえるイベント素材は「スタジオNパス」である。

このスタジオNパスを使って作ることができるのが以下のオトモ武具だ。

  • 武器 気炎のネコ薙刀・極 近接特化・白・斬 攻184火40会心10/167火15会心10(スタジオNパス2+鉱石の重端材2)
  • 頭 ニャッ火・極【笠】 防152(スタジオNパス1+毛皮の重端材1)
  • 胴 ニャッ火・極【鎧】 防274(スタジオNパス1+毛皮の重端材1+鉱石の重端材1)

ユクモ装備をUSJ風にアレンジしたような見た目に思える。ハンター装備もそうなのだが。もう一つの「USJ・霊峰に吹き荒れる嵐」次のエントリにて。クエストに連れて行ってくださったフレンドさんに感謝である。

5/2~3狩猟日記 村最終「高難度:ダブルクロス」に挑戦

Posted on by .

5/2狩猟日記 ダブルクロス

どのタイトルにも「村最終クエスト」と目されるクエストがひとつはある(多分)、とされたのはMHP2Gからだろうか? それ以前のタイトルをやっていないのでわからないけれど。しかしそれ以後の作品では大体あった気がする。モンスターハンター大辞典Wikiを見てみたら、毎作品それに相当するようなものはあるらしい。こちらを参照のこと。

私がやってきた中だと、初めてのモンハンであるMH3は日記に書いていないので分からないが

といった感じで、今作MHXXのクエストが「ダブルクロス」である。クエストの内容は、塔にて四天王、すなわちディノバルド、ライゼクス、タマミツネ、ガムートがそれぞれ獰猛化して順番に登場し(さすがに1頭ずつである)、最後には今作の看板モンスターのひとつである天彗龍バルファルクが登場する。ちなみに強さはそれぞれG級相当、体力は村仕様ということで控えめであるが、それでも獰猛化であることからタフなのは想像できる。

この日、たまたま先日先行配信のゼルダのイベントクエストで作ったハイリア装備一式で何か狩りに行こうかと思案していたところ、ひとつだけ残っている未クリアのダブルクロスが目についたので、その装備でちょっと行ってみようと思ったのである。

ハイリア装備のスキルは「採取+1、心剣一体(心眼+業物)、グルメ(お肉大好き+キノコ大好き+早食い2)、トラップマスター(罠師+ボマー)」である。あとはお守りと武器で1~2個スキルがつけられるかなというくらいなのだが、今回は大連続で時間もなさそうなので捕獲の見極めだけ付けていった。最後のバルファルク戦では無用のものとなってしまうが、エリア移動がない分捕獲のタイミングもわかりにくいのでこういう大連続では時間短縮に役立つスキルだと思っている。

武器はその時練習していた太刀で、素の紫ゲージは短いものの高い会心率で使いやすいナルガ武器とした。バルファルクには龍属性ダメージは通らないのでそれ以外ならなんでもいいかーというのと、龍やられになっても影響がなさそうな武器ということで選んだ。しかし今思えば、強化途中とは言え、燼滅刃太刀ならボマーのスキル効果も発揮できたのではないか。防具の属性耐性はハイリア一式だとオールゼロである。

それぞれの内容については特段触れることもなさそうだが、やはり苦手なのは獰猛化ライゼクス。やっぱり一回死んだ。しょっぱなのディノバルドでも一回死んでしまったけれど、報酬金保険をつけていったので一応猶予はある。むしろないのは時間だ。死んで復帰するのも時間のロスが大きい。

スキル的に一番おいしかったのはやはりグルメである。早食い2でキノコ大好きなので、マンドラゴラを10個持ち込んで、即座にフル回復というのがなければ私はクエスト失敗していただろう。なにしろアオキノコ10、回復薬グレート(調合分含めて20)、マンドラゴラ10、秘薬2とそれぞれフルに使い切っての…

時間的にもギリギリクリアであった!ああーあせったあせった。ガムートを捕獲した時点で残り17分であった。捕獲の見極めがなかったら時間切れだっただろう。ランプが点滅したらすぐに捕獲していた。落とし穴、シビレ罠、調合分落とし穴2個と4つ丁度使い切った勘定だ。捕獲用麻酔玉も8個、一発もはずせない状況下であったが使い切った。

今思えばアイテムお届け便を使えばよかったのだ。そうすればもう少し回復にも余裕があっただろう。精神的な余裕も持てたかもしれない。

ブレイヴ太刀でのカウンター斬り?がちょくちょくきまり、扱いやすさを感じ始めた頃であった。半分くらいは…いやそれよりは少ないか、成功したと思う。今5月時点ではもう少し成功率は高いはずだ。しかしハイリア一式はいい、便利だ。生き残れるだけの力があることはわかった。

夕飯前にしろくまさん、みりあさんと狩りへ。

  • シャル・ウィ・ダンス?
  • 女王、降臨す
  • 骸まとう龍 HR306
  • 燼滅刃G2
  • 紫毒姫G3 HR307
  • 神への抵抗

 

5/3狩猟日記 操虫棍強化しはじめ

炭鉱ブラキにソロで大剣担いで行こうと、睡眠大剣を作ることにした。ダメージ計算などはしていなかったので、あとから考えると水属性大剣で十分であったと思う。ホロロ大剣の強化に獰猛な重尖爪が必要になり、ひとり獰猛ババコンガを狩る。しかし獰猛な重尖爪、やたらと要求される率が高すぎないだろうか?つねに在庫がない。単に私が作る武器がそういうものに当たっているだけなのだろうか。

ヨシュアさん、ふみひこさん、おむさんと狩りへ。初っ端ミラボレアスにて私が3死でクエ失敗させてしまう。確かヨシュアさんかふみひこさんのミラ素材集めで始めたのだが、足を引っ張ってしまった。

  • ミラボレアス HR310
  • ミラボレアス
  • イベクエラオシャンロン
  • 獰猛アグナコトル HR311 おむさん抜け
  • 終末の時
  • 鎧裂G5 初めて。
  • 焦電

鎧裂G5をやっていて気づいた。最初のグラビ殻のとき水属性ブレスをはいてくるパターンがいくつかある。そのうち溜めてハンターのいる方向に縦に吐いてくるとき、締めに上空に吹き上げて虹がかかる。きれい…死ぬ…(まともに食らった)

その後ソロ炭ブラキをホロロ大剣でやってみたが、なるほど一回しか寝なかったので効率としては微妙かもしれない。水ならとケチャワチャの大剣を作っておいた。

午後あかさん、みりあさん、ゆりさんと、配信されたイベントクエスト「マガジン・星降る翼の夜想曲」を4戦ほどプレイ。内容はこちらのエントリーを参照のこと。そのあとはそのままクエスト回しを少しだけした。

  • 老山龍、侵攻中!
  • 獰猛ゴア・マガラ
  • 金レイア HR315

日記を書いたあと、しろくまさんと少し狩りをする。素材集めに付き合ってもらった。火山のすばらしい岩でレウス素材を集め、ライトボウガン鳳仙火竜砲【永焔】が完成。あとはタマミツネ、ベリオロスを狩る。ベリオロスは最大金冠であった。ここまででプレイ時間は400時間となった。

夜、ふとMHXXでは一回も操虫棍で狩りをしていないことに気づき(もうHR解放して久しいのだが)、強化を進めることにした。MHXではバランス虫だけで作っていたのだが、MHXXで虫の特性もパワーアップしているし、他のも作ってみることにした。スピード虫やパワー虫である。MHXXの改善点として、『猟虫の交換』というシステムが追加されたことが挙げられる。打撃か切断の属性さえ合っていれば、他の操虫棍についている虫を簡単に交換できるのである。ざっくりバランス虫、パワー虫、スピード虫と使いやすそうな猟虫を打撃と切断それぞれ1匹ずつ完成させておけば、あとはその時々の装備変更時にささっと入れ替えて遊べるのはいい。今までは同じ武器でも虫を変えたければもう一本作る必要があったのだから。

いくつか作ったあと、武器練習がてらそれいゆさんとペア狩りを寝る前に少し。

  • グラビモス連続狩猟
  • 獰猛ババコンガ HR318
  • バサルモス
  • 獰猛ハプルボッカ

翌日出かける用事があったので、少し早めに就寝とした。

4/30~5/1狩猟日記 まったり素材あつめ

Posted on by .

4/30狩猟日記

MHXXではブレイヴスタイルのヘビィボウガンにボルテージショット(しゃがみうち)というDPSがべらぼうに高い技が出てきたため、特に貫通ヘビィボウガンは火力争いの戦国時代感がある…。もっとも私はどれも作って気分で担いでしまうが、どれも面白いと思う。まだ全部は作れていないので、作ったものだけでも以下のようなラインナップである。

  • バスターランシエルダ(貫通2、330会心40、スロ2)
  • コルム=ダオラ(貫通1、350会心20、スロ1)
  • ビヤラースヴァリア(貫通2、氷結貫通12、340会心30、スロ2、要反動軽減)
  • ガオウ・クオバルデ(貫通1、340会心20、スロ2、斬裂弾12あり)
  • モラクディアーカ(貫通12、370会心-30、スロ1、要反動軽減)
  • 鏖砲イヴァン(貫通23、360会心-20、要反動軽減)
  • あしひきの山水撞車砲(340、スロ2)
  • グラビドギガムドファ(貫通23、340、スロ2、要反動軽減)

など。実際は強化途中でナルガ砲やら二つ名のやら色々ある。ブレイヴならしゃがみ対応弾がどれか、反動軽減が必要か、などで選べばいいか。会心率が高いのであれば超会心のスキルを組み込むことも考えてもよし。あしひきは貫通系がしゃがめないのでブレイヴ向きではないか。作ったので上に挙げたけれど。反動軽減がいらず、G級攻略中はアグナやグラビ、ディノ戦などでよく使っていた。二つ名の方は貫通弾がしゃがめるのでそちらも作りたいところである。

それぞれのモンスターの大きさに拠って貫通弾のヒットのさせやすさも異なるため、どれかが一番強いという評価は出来ないものだが、個人的にはモラクはやはり過去シリーズでもよく使ってきたディアブロスのヘビィボウガンということで好きだし、ビヤラースヴァリアは貫通弾2だけでなく内蔵弾の貫通2種を両方しゃがめるとあって、なかなか楽しい。ただ内蔵弾には貫通弾強化のスキルは乗らないので、若干ヘビィとしてはスキルがきつくはなるが。それなら貫通弾2種くらいしゃがめるもののほうが、弾の持ちはいいかもしれない。あまりしゃがみにこだわりすぎてDPSを落としても仕方ないので、立ち撃ちもからめて反動軽減がいるかいらないかなども考えはじめると、これだという装備の組み合わせが難しい…。そしてなによりマイセットが足りない。ボウガン1丁につき1セットつくりたいところだ。ちなみに余所でも散々言われているだろうけれど、入門ヘビィとしてはネルスキュラのバスターランシエルダがオススメ。いきなり思考停止モラクディアーカは危険な気がする。私には扱えない(好きなんだけど)。

というわけで4/30の朝、ジンオウガの素材がやっと揃ったのでガオウ・クオバルデを作ったのであった。このヘビィは斬裂弾2種が内蔵弾にあるおかげで、ブレイヴゲージを溜めやすいという特長がある。そしてしゃがみの貫通1は比較的多くのモンスターにフルヒットさせやすい弾種である。短時間火力特化型としてよく使われているらしい。同じ電系ヘビィのライゼクスヘビィも作りたいが、獰猛ライゼクスの素材集めが捗らない…下手したら3死している…。

この日はほぼ一日あさげさん、nさん、あかさんらと狩りへ。あさげさんは4Gのギルクエでよくご一緒していたなあ。かなりやりこんでいらっしゃる方であった。お昼までやったあと、15時半頃からまた再開。

  • アルバトリオン HR288
  • 炭ブラキ
  • 銀嶺ガムート(超) 超は初めて。私が3死して失敗…
  • ゲネル・セルタス
  • ドリフターズブラキ HR289
  • 轟々たる罠
  • シャガルマガラ HR290
  • 獰猛ゴア・マガラ
  • 獰猛ナルガクルガ
  • 獰猛アグナコトル
  • 紅兜G5 HR291
  • 獰猛ヴォルガノス
  • 朧隠G3(朧隠&獰猛バサル)HR292
  • 鏖魔G1
  • 獰猛ディアブロス

銀嶺はブルドーザーみたいにゆっくり広範囲のかなり痛い突進をしてくるのにやられた。かなりホーミングしてくるので、攻略本などによれば動き出したら最初に逃げようとしている方向とは逆に逃げればいいらしい。あと後ろ脚付近は相手の動きが見えにくいから前の方がましかも、とみなさんに教えていただいた。こわい。

夜はそれいゆさん、ふみひこさん、c2さんらと狩り。

  • ブラキディオス
  • バルファルク HR295
  • オストガロア
  • 獰猛ラギアクルス 3死失敗
  • ブラキディオス HR296

 

5/1狩猟日記

ソロにて炭ブラキを数戦。しかしいいお守りは出てこない。太刀でやってみたり、やはりランスでやってみたり…。その後作業があり夕方からフリータイムとなる。呼びかけたところ、ヘビィボウガンナーのVodkaさんが反応してくださった。MHX以来か、かなりお久しぶりである。しろくまさんもちょうど同時に参加。途中からElfredさんもこられた。

  • 獰猛ティガレックス
  • 獰猛ディノバルド
  • 獰猛フルフル
  • 獰猛セルレギオス
  • 荒鉤爪G4 HR299
  • 獰猛ガムート
  • 紅兜 超特殊許可 HR100になったばかりのときにしろくまさんに連れて行かれたあれか。4人でリベンジとなった。無事クリアしたがタフすぎる。これソロでクリアできない…。紅兜最大金冠。HR300となった。
  • 臨界ブラキ

夕飯後はコハダさんと、途中からゆりさんと狩りへ。途中風呂をはさんだのち、再度コハダさんとペア狩り。

  • ブラキディオス
  • 遺群嶺の楽しい旅 モラク&イヴァンのペア狩り
  • 遺群嶺の楽しい旅 素材が集まり、狩猟笛タイタンズロックが完成
  • 轟々たる罠 ティガハンマーが完成
  • 燼滅刃G2 HR302 燼滅刃は密林ではBCのすぐ横にいるようだ。これは楽
  • オストガロア
  • シャークブリザード HR303
  • 白疾風G1(MHXX初)
  • シャル・ウィ・ダンス? HR304
  • 朧隠G2 最小金冠
  • 燼滅刃G2 二頭目で3死失敗。時間も遅かったのでここで終了となった。

5/12配信イベクエ「岩の如き硬い鎧」!/「MH頂上大会応援セット」配信

Posted on by .

本日5/12(金)は、新しいイベントクエスト「岩の如き硬い鎧」が配信された。

クエストの内容は、G級クエスト(HR9~)の沼地でのバサルモス、グラビモスの同時クエストである。特に何かのコラボクエというわけではない。

属性弾速射装備でタマミツネライトとオトモ2匹で行ってきたが、特に弾を調合するまでもなくクリア。水冷弾速射や水冷貫通弾が2頭とも相性が良い。スキル構成は先日の日記にのせたもので、「水属性攻撃強化+2、属性攻撃強化、特定射撃強化、会心撃【属性】、連撃の心得」である。

さすがに合流されると危ないのでこやしで移動させる。コンガがやたら邪魔してきて危ないところもあったが…。

報酬は特別なものがあるわけではないが、この取り合わせは通常クエストにはなかったものか。ちょっとした気分転換に。獰猛ばかりやっているとしんどいので…。

なお、たまたまかわからないが最大金冠のサイズ更新であった。バサルは不明。

「MH頂上大会応援セット」配信

このイベクエと一緒に、アイテムパックの配信もあり。「MH頂上大会応援セット」である。内容は以下の通り。

  • 金のたまご30
  • プラチナのたまご30
  • 生命の粉塵30
  • 生命の大粉塵30
  • 強走薬30
  • 強走薬グレート30

ここ数日前からサブキャラを育て始めたので、そちらでうけとって金策としよう。

4/26~29狩猟日記 鏖魔ディアブロスへのリベンジ、鏖砲イヴァン

Posted on by .

4/26狩猟日記

昼食後、昼寝の時間があったのでその間にモンハンをオンラインにつなぐ。ふみひこさんと1戦だけプレイできた。鎧裂G2の沼地で二頭連続というもの、ディノ頭殻での大回転を初めて見た。裂傷だけでなく防御力DOWNもあり?(気のせいかもしれない)そのあとソロで「カンシャのお仕事」をクリアし、ニャンタークエストG級集会所オールクリアの勲章をゲットした。

夕方作業が終わってから、しろくまさんと少し狩り。鎧裂G2、鏖魔G1、黒炎王G1へ。鏖魔ディアブロスは先日の3死失敗から無事リベンジを果たした。どうも鏖魔は後半「狂暴走状態」だと肉質が柔らかくなるらしく、顔や首あたりの斬属性肉質が50を超える。大剣でいくとやりやすかった。角は通常のディアブロスのように破壊、というよりも切断されて地面に落ちるのが新鮮だった。尻尾にしても尻尾が切れるのではなく、先端部分が欠けて落ちるみたいな感じで…。どちらも剥ぎ取りを忘れないようにしないと。(しろくまさんのサインで気付かされた)

また鏖魔もソロでクリアできるようにはなりたい…が、いつになるか。

鏖魔ディアブロスをクリアすると、酒場のマスターのシャルマン装備を入手。HR260にアップ。

夕飯が終わってからゆりさん、しろくまさん、おむさんと狩りへ。

  • 獰猛ミツネ
  • 獰猛ディアブロス
  • アシラ・ラングロ・ボルボロス
  • 銀レウス
  • アマツマガツチ(G級では初)HR262
  • 終末の時

ネームカラーが変わるタイミングに立ち会えて満足満足。記念撮影などする。

この日のソロ燼滅刃は

こんな感じで、少し早くはなった。が、2死しておりギリギリ感は否めない。被弾が多いということだ。

 

4/27狩猟日記

合間合間にモンハンができそうならやる、という状態が続く。しろくまさん、みりあさんとおむさんと少し狩り。

  • 無茶苦茶ムシャムシャ
  • 死神は鎧をまとう(獰猛グラビ&スキュラ)グラビモス最小金冠
  • 超特殊許可・紫毒姫(初)HR265
  • 鏖魔G2 HR266
  • 戦慄の遺群嶺

この日はイベントクエスト「キングダム・大陸最強決定戦!」の配信日だったので、しろくまさんに付き合って頂き、素材を集める。詳細はこちらのエントリーへ。

その後しろくまさん、あかさん、ヨシュアさんとクエスト回し。

  • 矛砕G4
  • 天眼G4 白疾風もいた。白疾風はG級初。天眼最小金冠、HR268
  • 天を舞う白銀
  • 骸まとう龍 HR269

寝る前にしろくまさんと獰猛ジンオウガ、コハダさんも来て最後にミラバルカンをやって就寝。HR270にアップした。ミラバルカンの翼が、狩猟笛作成に沢山必要なのである。

この日の燼滅刃は

初めて15分針で足を引きずり始めた。が、寝床まで逃げられたため追いかけて…となると時間がかかる。残念ながら20分針にて。しかし早くはなっているし、一回も死ななかった。調子がよかったと言えるだろう。

 

4/28狩猟日記

この日は実家から自宅へ帰還。電車まちの時間に本屋に寄ったら、ファミ通のあの分厚い攻略本が発売していた。通販ではなく本屋で買うようにしているのでその場で購入。しかし旅先で買うようなものではないな!おもすぎる…!特急列車もガラガラだったので気兼ねなくひたすらページを繰る。相変わらず凄いボリュームである。この情報量、フルカラーで3000円なんだから安すぎる。

そして配信イベクエが2つあり。

詳細はそれぞれのエントリ参照。ブログを更新したあと、ヨシュアさん、ふみひこさんとラオシャンロンへ。途中ふみひこさんの回線の調子が悪く、落ちてしまわれたのが残念であったがクリア。

  • 岩穿G5(大雪主、ザボア、岩穿)HR273
  • 金色超巨星 ラージャンハート初入手
  • 骸まとう龍 HR274

この日はそこそこに就寝。さすがに移動で疲れたのかもしれない。一日一燼滅刃とか思っていたのだが、まああっさり三日坊主である。私はどうも継続的に何かを為すことについて不適当な性質を持っているようである。何事においてもだ。

 

4/29狩猟日記

朝からc2さんのクエスト回し部屋へお邪魔する。Nさん、途中から8等兵さん、ゆりさんと入れ替わりながらも昼ごろまで狩ったか。

  • キリン 睡眠爆破ではなく、笛にて。HR275
  • 天眼G1
  • 朧隠G2 HR276
  • 所により獰猛なセルレギオス
  • アマツマガツチ HR277
  • 金と銀の煌めき
  • 獰猛オウガ
  • 獰猛ディア HR278

その後集まった素材で、作りそこねていた狩猟笛を作ったり、強化していく。ザボア笛、アグナ笛、ヘビィボーンホルン、ミラバル笛、ナルガ笛、ミハルス、スピカなどなど…。ヘビィボーンホルンはボーンホルンの最終強化で白赤空(だったかな)だが、素の攻撃力が高く、匠2で紫ゲージもあり、2スロ空いてこの旋律。攻撃小だが持続力は高めだし、使い勝手のいい武器だと思う。個人的には結構担いでいる率高めだ。ギギググクで使う。ハウカム用装備は匠なしで試しに使ってみている。業物、見切り2、弱点特効、超会心、飛行酒場の心にて。

午後からヨシュアさんとクエスト回しをしていると、途中からしろくまさん、おむさんも来てくださった。

  • 獰猛ザボアザギル
  • 獰猛金レイア
  • 獰猛ザボアザギル
  • 獰猛金レイア
  • タマミツネ HR279
  • 炭ブラキ
  • 獰猛ザボアザギル HR280
  • 大地に踊る黄金
  • ティガレックス
  • 炭ブラキ HR281
  • 炭ブラキ HR282
  • 獰猛金レイア

炭ブラキに行ったものの、まともなお守りは出ず。夕飯後しろくまさん、ゆりさんとコハダさんと。鏖魔をG5までやって、鏖魔のヘビィであるイヴァンを作成したいという私のわがままを聞いて頂き、途中から鏖魔連戦す。

  • ザボアザギル
  • ザボアザギル
  • ザボアザギル
  • オストガロア HR283
  • 鏖魔G3 HR284
  • 鏖魔G4 HR285 最大金冠
  • 鏖魔G5 最小金冠 イヴァン完成。ただし装備がない
  • 獰猛ギザミ HR286
  • 獰猛ラギア
  • 燼滅刃G4 HR287
  • 炎戈竜は地底で吠える

鏖砲イヴァンが完成したものの、通常23しゃがみと貫通23しゃがみとなり、どちらの弾強化もつけたくなる。そして貫通1がしゃがめないので、モラクディアーカよりむしろ相手を選ぶような感じになってしまったか。ギガロアと同じような装備になるのかもしれない。両方の弾強化をつけるにはお守りがなさそうな感じだし、しばらく装備は検討するとして自宅の飾りになってしまうな…。

その後寝る前にカンタロスの薄羽集めをし、女王笛ランゴスタⅡ世が完成。素紫の麻痺笛である。